守備

守備

【ポジショニング】上手なポジショニングで守備範囲の広い選手になる方法とは?

ヒット性の当たりをギリギリで捕ってアウトにする。 守備範囲の広い選手ってかっこいいですよね! 守備範囲の広い選手は一体何が違うのでしょうか? 足の速さ?一歩目の速さ? もちろんそれもそうですが、ポジショニングも重要な要素です。
守備

【ゴロ捕球】準備は早く!グローブは出して走れ!

何事に置きましても準備は早いほうがいいです。 特に野球の守備におけるゴロ捕球では準備をいかに早くして備えるかが1つのポイントになります。 そのためにグローブは下に置いて走る癖をつけておきましょう。
守備

【ゴロの捕り方】ゴロ捕球は右足のタメとリズムが大事!

ゴロが怖い。ゴロが飛んで来たら前に出れない。 と言った悩みを持っている人もいるでしょう。 草野球をしていると経験のないポジションを守る機会が多く、特に外野手→内野手のコンバードをした人はゴロが怖かったり捕り方がわからないと悩むかもしれません。 そんな人は右足のタメを意識してみて下さい!
守備

【送球の安定】内野手のスローイングは体幹を固めてコンパクトに!

内野手のスローイングを安定させるには何が重要でしょうか? ぼくが思うに無駄な動きを省くことかと思います。 特に強い送球を意識しすぎて体が色んな方向を向く人は送球が安定しにくいです。 できるだけ体幹を安定させて投げると素早く正確に投げることができます。
守備

【送球難】送球が逸れる原因は?簡単にできる対策方法

草野球によくあるのが送球エラーですね。 毎日練習している球児でも送球エラーをするので週に1回しか野球しない草野球人がするのはある意味当然のことです。 ではなぜ送球ミスをするのか?対策方法とは?について考察していきたいと思います。...
守備

【パワーポジション】イップスや送球難、肘肩の痛みに悩む人はトップの位置がおかしい??

スローイングにおいてトップの位置をしっかり取るというのは非常に重要な動作です。 しかしこのトップの位置は人それぞれ違います。 自分に合ったパワーポジションでなければ投げた時にしっくり来なかったり、肩や肘を痛めてしまう可能性があります。 では自分に合うパワーポジションとはどうやって調べたらいいのでしょうか?
守備

【ボールの握り】深く握る?浅く握る?しっかり指にかかる体に合った握り方

ボールの握り方みなさんどうしてますか? 人それぞれ握り方あると思いますが、しっくりこない人だっていますよね。 ボールの握り一つにしてもそれぞれ向き不向きはありますので、その辺りについて考えてみましょう。
守備

【一歩目】トップスピードに早く乗るためにはどっちの足からスタートすればいい?

守備や走塁において1歩目の早さというのは非常に重要です。 あと一歩早ければセーフ、あと一歩早ければアウトというギリギリのプレーを制するためにはどういう一歩目を踏み出せばいいのでしょうか? 特にどっちの足を踏み出すのか?について考えてみましょう。
守備

【トリックプレー】コンマ1秒を争うクロスプレーを制する裏技とは?

クロスプレーってコンマ数秒で明暗がわかれます。 そのワンプレーで勝敗が決まることだってあるんです。 そんなクロスプレーを制するための裏技?があります。 結構ひっかかるんで頭に入れておいてもいいと思いますよ♪
守備

【ポテンヒット】間に落ちる打球のケアが大事!

軟式野球はビヨンド全盛期の時代からポテンヒットが増えています。 バットの進化に加えてボールがM球に変わりさらに飛距離が出るようになり、ホームランや長打が増えてる一方、ポテンヒットも増えているのが原子です。 このポテンヒットを少しでも減らすためにはどうケアすればいいでしょうか?
タイトルとURLをコピーしました