守備

守備

【パワーポジション】イップスや送球難、肘肩の痛みに悩む人はトップの位置がおかしい??

スローイングにおいてトップの位置をしっかり取るというのは非常に重要な動作です。 しかしこのトップの位置は人それぞれ違います。 自分に合ったパワーポジションでなければ投げた時にしっくり来なかったり、肩や肘を痛めてしまう可能性があります。 では自分に合うパワーポジションとはどうやって調べたらいいのでしょうか?
守備

【ボールの握り】深く握る?浅く握る?しっかり指にかかる体に合った握り方

ボールの握り方みなさんどうしてますか? 人それぞれ握り方あると思いますが、しっくりこない人だっていますよね。 ボールの握り一つにしてもそれぞれ向き不向きはありますので、その辺りについて考えてみましょう。
守備

【一歩目】トップスピードに早く乗るためにはどっちの足からスタートすればいい?

守備や走塁において1歩目の早さというのは非常に重要です。 あと一歩早ければセーフ、あと一歩早ければアウトというギリギリのプレーを制するためにはどういう一歩目を踏み出せばいいのでしょうか? 特にどっちの足を踏み出すのか?について考えてみましょう。
守備

【トリックプレー】コンマ1秒を争うクロスプレーを制する裏技とは?

クロスプレーってコンマ数秒で明暗がわかれます。 そのワンプレーで勝敗が決まることだってあるんです。 そんなクロスプレーを制するための裏技?があります。 結構ひっかかるんで頭に入れておいてもいいと思いますよ♪
守備

【ポテンヒット】間に落ちる打球のケアが大事!

軟式野球はビヨンド全盛期の時代からポテンヒットが増えています。 バットの進化に加えてボールがM球に変わりさらに飛距離が出るようになり、ホームランや長打が増えてる一方、ポテンヒットも増えているのが原子です。 このポテンヒットを少しでも減らすためにはどうケアすればいいでしょうか?
守備

【三塁手】軟式のサードは前にポジショニングを取るべき?

軟式野球では三塁手の守備が非常に重要になってきます。 守備機会が多く、難しい回転のかかった打球を処理しなければなりません。 そんなサードの守備位置はどの辺りがいいのでしょうか? ぼくはかなり前進して守ります。 その理由やメリットについて。
守備

【4スタンス理論】ゴロをさばく位置は前?後ろ?

ゴロは前でさばけ!と昔から言われてきました。 しかし前でさばくだけが正解なんでしょうか? 後ろでさばいたほうがいい人だっているんです。 これを間違ってしまうとゴロを捕るのが苦手になってしまうかもしれません。 というわけで4スタンス理論とゴロの捕り方についてです。
守備

【練習の極意】上手くなるノック 体で覚える意味のある練習とは??

守備練習で一番一般的に行われているのはノックでしょう。 色んなノックはありますが、特に内野ノックにおいて多くの人が勘違いしていることがあります。 せっかくの練習を意味のあるものにするか、遊び程度の実りの無いものにするかはノッカーのさじ加減次第です。 今日は意味のあるノックについて紹介します。
守備

【レーザービーム】外野手が補殺をするために必要な要素、コツは?

イチロー選手に代表されるレーザービーム。 外野手の見せどころですよね! ああいった補殺を成立させるためには外野手はどういうことを意識してプレーするのがいいんでしょうか? 肩が強くなくても補殺は取れるのでしょうか?
守備

【外野ゴロ】捕球時のステップは?右足前、左足前のメリット

外野手のゴロを捕球する際、どちらの足を前にしてますか?右足前?左足前?癖なんかもあるかと思いますが、どちらを前に出すのがいいのでしょうか。別に正解はありませんが、どっちを前にするかでメリット・デメリットがありますので、その辺りを紹介したいと思います。