YouTube

チャンネル登録お願いします!

視聴する

【プロヒッター】多くのプロ野球選手が使用する親指につける輪っかの効果は?

その他道具
この記事を書いた人
makoto

草野球人まこと兄やんです。
色んな野球人のヒントになるようなことを発信できたらと思います。
子供からおじさんまで野球好きの人はよろしくお願いします!

makotoをフォローする

プロ野球選手やメジャーの選手でトップハンドの親指に輪っかのようなプレートのようなものをはめているのをよく見かけますよね。

あれはプロヒッターというアイテムなんです。

結果を残してきた選手の多くがこのプロヒッターを使用していますが、その効果はどういったものなんでしょうか?

スポンサーリンク

プロヒッターとは?

プロヒッターはバッティングを補助するアイテムです。

トップハンドの親指に装着します。

本来の目的は打撃時に差し込まれたり詰まったりすると受ける手への衝撃を緩和するために作られたダイレクトプロテクトというものだったそうです。

球速やスイングスピードが上がると詰まるだけでかなりの衝撃を受け、場合によってはケガをすることもありますからね。

 

しかし、プロヒッターは衝撃吸収以外の思わぬ副産物を生み出してくれました。

それは正しいバットの握り方ができるようになるということです。

これについてすこし考察していきたいと思います。

 

バットの正しい握り方とは?

バットの握り方は主に2種類あります。

手のひらで握るパームグリップ第二関節辺りで握るフィンガーグリップです。

 

これは好みなんで正しい握り方がどっちというのはないのかなと言うのがぼくの正直な意見なんですが、パームグリップをフィンガーグリップに矯正しようとするととんでもなく違和感があり、しっかりバットを振れない場合があります。

 

ぼくもフィンガーグリップにチャレンジしようとしたこともありますが、最初は違和感で思ったようなスイングができませんでした。

親指辺りにできる隙間がどうしても気になってしまうんですよね。

まあその隙間がスイングスピードを高めたりバットコントロールを向上させると言われているんですけどね。

 

体にはバランスがあるのでパームグリップ向きの人とフィンガーグリップ向きの人がいます。

自分に合った握り方をするのがいいというのがぼくの意見ではあります。

 

【打率を上げるには?】グリップの握りを変えてバットコントロール向上!
バットの握り方って実は二種類あるんです。パームグリップとフィンガーグリップ。この二種類の特徴を紹介します。握りを変えるだけでスイングに驚きの変化がみられるかも?

 

【パワーライン】4スタンス別のグローブの型、バットの握り
4スタンス理論はそれぞれの骨格や体形にはそれぞれ得意不得意な動作があり、それを理解することで自身のパフォーマンスを向上させるという理論です。 手の握り方にも特徴があり、力の入りやすい握り方パワーラインというものが存在します。 野球で言うとグローブの型やバットのグリップの握り方に違いがみられると思います。

 

世間ではフィンガーグリップが推奨されている

しかし昨今の野球界ではフィンガーグリップが推奨されているように思えます。

フィンガーグリップの方が脱力ができ、グリップの遊びが細かいバットコントロールやスイングスピードの加速に一役買ってくれるという説もあります。

エンジェルスのプホルス選手もフィンガーグリップを推奨し、矯正するためのアイテムなんかもあったりするんですよね。

 

【令和インパクト】グリップライト ヒットライトでフィンガーグリップを極めろ!
トクサンTVで紹介されていたGripRite HitRite(グリップライト ヒットライト)を使ってみました。 このギアはMLBで主流のフィンガーグリップを体に体感させてくれる効果があります。 飛距離を伸ばしたい人、バットコントロールを向上させたい人は試す価値ありですね!

 

とまぁ、フィンガーグリップは合う合わないはあるでしょうが試してみる価値はあるはずです。

 

しかし、握ると違和感がありちゃんとスイングできない…

 

ここでプロヒッターの登場です!

 

プロヒッターをつけるとフィンガーグリップになる

プロヒッターは親指に付けて手にかかる衝撃を緩和するアイテムですが、その厚みから装着するとパームグリップができなくなり、強制的にフィンガーグリップになります

 

ファンタスティック!

 

これならフィンガーグリップにした時の遊びというか、隙間を埋めてくれるので不安定な感じを無視して思いっ切りスイングすることができるというわけですね!

少し借りて試したことありますが、最初のうちは違和感がありましたが徐々に慣れてきます。

 

いや、これは素晴らしいですよ。

プロの選手がこぞって使うわけです

 

多くの一流選手はこのプロヒッターを使用していますが、もはや衝撃吸収の意味で使っている選手がいるのか疑問なくらいです。

 

というくらいフィンガーグリップを自然にさせてくれる効果は大きいのかもしれません。

 

どっちにつけるの?

つけるのはトップハンド(キャッチャー側の手)の親指です。

諸説ありますが、両手共にフィンガーグリップで握る人もいればボトムハンドはパームグリップ、トップハンドはフィンガーグリップのようにハイブリッドで握る人もいます。

パワーとコントロールを両立するならハイブリッドで握るのが良さそうな感じはしますね。

 

ということでトップハンドの親指につけるのが正解です。

 

 

まとめ

NPBやMLBの選手がトップハンドの親指に付けている輪っかのようなものの正体はプロヒッターというバッティング向上アイテムです。

 

もともとはインパクトの瞬間に手にかかる衝撃を緩和するために作られたものだったんですが、正しい握り方ができるという副産物を生み出しました。

 

バットと親指付近にプロヒッターを挟むことで、フィンガーグリップをする際にできる隙間を埋めてくれます

これにより違和感無くスイングすることができます。

 

フィンガーグリップはグリップの際の遊びを利用してスイングスピードやバットコントロールの向上等の効果がありますので、合う人は試す価値があると思います。

というわけでプロヒッターの紹介でした。

値段も安いので試してみて下さいね!

 

【WhipStrip】指にはめるだけで打撃向上?ウィップストリップの効果とは?
WhipStrip(ウィップストリップ)をご存知ですか? 指に付けるだけでスイングスピードの向上等打撃が良くなると言われている謎のゴムです。 MLBやNPBでも使っている選手はたまに見かけますが、その効果はどういったものでしょうか?
【野球アイテムまとめ】スパイク、リストバンド、バッティング手袋、アクセサリー、カバンのおすすめは?
草野球のいいところはオシャレができるところです。 グローブやバットをカラフルな派手なものを使うのもいいですが、それ以外にも色々なオシャレアイテムがあります。 スパイク、手袋、リストバンド… これまで紹介してきたものをまとめ...



その他道具
makotoをフォローする
まこと兄やんの野球通信

コメント

  1. 匿名 より:

    毎回楽しみにブログを見ています!
    1つ疑問なのですが、ボトムハンドってピッチャー側の手の事じゃないんですか?
    キャッチャー側の手(上の手)だからトップハンドが正しいのでは無いでしょうか。
    失礼しました。

    • makotomakoto より:

      コメントありがとうございます。
      こういったことを言っていただけると感激しますし、大変励みになります。

      ご指摘の通り、完全に逆で書いておりました。
      すぐに訂正させていただきました。
      ご指摘ありがとうございます!

      これからもよろしくお願いいたします!

タイトルとURLをコピーしました