【令和スイング】常識が覆る!?簡単にホームランが打てる打ち方とは?

バッティング

みなさん令和スイングというものを知っていますか??

ぼくも初めて知ったワードだったんですが、なんでも飛距離が信じられないくらい伸びてホームランが簡単に打ててしまうという打ち方だそうです。

チームメイトが実践して早速ホームランが2本でましたので、考察してみたいと思います。

スポンサーリンク

令和スイングとは??

令和スイングというのはYouTubeのGATTINチャンネルにて金城さんという方が紹介された新時代のスイングです。

GATTINチャンネルと言えばまーきの!でお馴染みのおばたのお兄さんの所属する草野球チームです。

さてそんな噂の令和スイングですが、実践してすぐに柵越えホームランが2本出ましたので調べないわけにはいけませんね。

令和スイングは簡単に言うと

  • フライボール革命のように弾道を上げる
  • ヘッドスピードを上げるためにリストターンのタイミングを極端に早める
  • テコの原理を利用したスイング
  • インパクトの瞬間にはヘッドを立てる
  • 体は開かない

こういった打ち方です。

これだけだとよくわかりませんよね。

ぼくもよくわかりませんwよう説明できません。

間違って伝わるといけないので是非自分の目で確かめて下さい。

ということで一度動画をご覧下さい。

おばた驚愕【必見】【常識をぶち破る新時代打撃論】を【打率7割金城】が享受!!!

なるほど簡単に飛ばしますねw

リストが返る瞬間が一番飛距離が出るというのはよくわかります。

令和スイングを実践してみて

ぼくはこの動画を見る前に人から聞いただけの状態だったので上手く実践することはできませんでした。

そもそも理解できていないのと、練習もしていないので打席内で迷走してしまいました。

実践するならしっかり振り込んでからがいいでしょう。

しかし令和スイングでミートしているのを見ると、ものすごい打球とこれまで聞いたことのないビヨンドの打球音がしました。

これは大きな革命が起こるかもしれませんね。

弱点としてはフライアウトが増えることです。

これはフライボール革命の時点でも言われていたことなんでまあわかります。

しかし多くの点においてこれまでの意識やイメージと違うので、ある程度無意識で体現できるまでは振り込む必要がありそうですね。

【フライ革命】軟式野球でもフラレボは通用するの?
数年前からアメリカで流行っているフライ革命(フライレボリューション=フラレボ)。 ゴロではなく積極的にフライを打ってホームランを量産しようというものですが、メジャーやプロでは硬式野球なのでいいですが、軟式野球でも効果はあるのでしょうか? ボールの違い、スイングの違いも含めて考察していきます。

アッパースイングじゃないの?

ぼくはアッパースイングが悪いとは思いませんが、嫌う人は多いでしょう。

一般的なアッパースイングと違う点はヘッドが立っているという点です。

フライボール革命でも似たような話があり、ミートの直前にバットスイングの軌道が上がることでバレルゾーンの打球が飛ばせるというV字スイングにも似ています。

上から叩くいわゆる昭和スイングだとバットの軌道が外回りするので下から持ってくるわけです。

基本はインサイドアウトなんですね。

【インサイドアウト】芯の軌道を楕円にすればミート率向上?
バットの軌道、インサイドアウトのお話はこれまでなんどもしてきましたが、バットの芯の軌道についてフォーカスしてみたいと思います。 点で捉えるか線で捉えるかという話はよくされるかと思いますが、それを垂直方面から考察してみようと思います。
【バットにボールを乗せる】軟式野球で飛距離を出すにはアッパースイングが一番?
軟式野球でホームラン打つにはアッパースイングをするのがいいでしょう。 色んな説があります。 フライ革命、いわゆるフラレボもそうですし、バックスピンをかけたほうが飛距離が出るという人もいます。 しかし、軟式野球においてはアッパースイングが一番飛距離が出るんです。

コースによる打ち分けは??

イメージですがアウトコースなんかは打ちやすそうです。

リストターンのタイミングがツイスト打法をする時と似ているように思います。

難しいのがインコースですね。

インコースは巨人の坂本選手がインコースをさばく時のようにヒジを抜いたり、より下からバットを出す必要があります。

バットの軌道が最短距離ではなく遠回りするのでタイミングも難しいでしょう。

特にインハイはかなり難しいですね。

金城さんもインハイの打ち方は説明に詰まっていましたw

【ツイスト打法】開きを抑えてパワーを爆発させる打法
バッティングにおいて体の開きというのは大きなテーマの1つです。 体が開いてしまうとパワーが分散してしまい、力の無い打球になってしまいます。 特に左打者は1塁方向に体が流れてしまいがちになる為、開いてしまう人が多いです。 そこで体がを開かずに打つための打法『ツイスト打法』について紹介します。

構えでの予備動作が重要

インパクトの際に急激にリストを返すのでそれまでの段階でしっかり脱力しておく必要があります。

特に構えからスイングスタート時に予備動作を入れることをおすすめされていますね。

これはヒッチやコックと言われるもので、最短距離を意識しないこのスイングでは特に有効かと思います。

丸選手や中村紀洋さんはこのヒッチやコックが特徴的な打ち方です。

【ヒッチとコック】予備動作を使って力強いスイングをする方法
人間は静から動に急に動くことはできません。無理にしようとすると力みが生じますし、100%のパフォーマンスは発揮できません。しかしある予備動作を入れることでスイングは格段に速くなります。それがヒッチという動作です。

注意点

令和スイングはかなり革新的な打撃理論かと思います。

昭和、平成と野球をしてきた人達にとってはこれまでの野球の経験がひっくり返るような話です。

しかし野球のレベルは年々進化しており、これまで非常識だと思っていたことが新しい常識になってきています。

もしかしたら令和スイングはすでにプロやメジャーでは常識とされていることなのかもしれません。

ぼくは打ち方と言えば上から叩けと教えられていた世代ですので、その打ち方が身に沁み込んでしまっています。

急に違う打ち方はできません

試合で少し試して結果が出なかったからと言って簡単に諦めたり、あれは間違っていると言うのはやめましょう。

やるならしっかり練習してある程度体現できるようになるまで取り組みましょう。

まとめ

新しい時代のバッティング令和スイングとは?

令和スイングはYouTubeのGATTINチャンネルで金城さんが紹介している打撃論です。

極端に早いタイミングでリストターンをし、下からバットを出し、かつインパクトではヘッドを立てるイメージです。

もうすでに自分の打撃論があったり長打を打てるようなパワーがある人には無理に取り入れる必要はないということですが、こんなに簡単に柵越えが打てるんなら魅力的ですよね!

しかし打撃論と言うのは人によって合う合わないというのがかなり違うのでもし合う人なら打撃向上間違いなしですね!

【大反響】【令和スイングの超詳細】〜前編〜 金城がしっかり伝えたい【打撃革命のバイブル】皆さまの質問にもお答えします!!
【大反響】【令和スイングの超詳細】〜後編〜 金城がしっかり伝えたい【打撃革命のバイブル】皆さまの質問にもお答えします!!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました