バッティングnote

全てを詰め込んだnoteです!

詳細はこちら

【決定版】長打力が爆上がりするバッティングを徹底解説!

スポンサーリンク
バッティング
この記事は約3分で読めます。
この記事を書いた人
makoto

草野球人まこと兄やんです。 @makoto_bb721
色んな野球人のヒントになるようなことを発信できたらと思います。
子供からおじさんまで野球好きの人はよろしくお願いします!

makotoをフォローする

どうせ野球やるなら強打者になってホームラン打ちたいですよね。

かっこいいですよね、試合を止めてダイヤモンドをゆっくり走る感じ。

自分なんてと諦めている人もいるかもしれませんが、絶対そんなことはありません

ということで、今回は長打が打てるバッテイングについてです!

スポンサーリンク

長打が打てるバッティングとは?

野球少年
野球少年

一度くらいホームラン打ってみたいけど、わいは体小さいし無理かな〜

まこと兄やん
まこと兄やん

そんなことないよ!

バッティングは体の大きさより体の使い方や考え方の方がずっと重要だよ!

野球少年
野球少年

そうなの?いつも9番のわいもいける?

まこと兄やん
まこと兄やん

絶対行ける!!

がんばっていこう!!

ということで、バッティングに大事なのは体の大きさ、筋肉量と思ってませんか?

 

これらが大事ではないということはありませんが、実は体が小さい打者でも柵越えホームランを打てる方法はあります

というか逆に言うと、柵越えホームランを打ってる長距離打者も筋肉で飛ばしているわけではないんです。

長打が打てるバッティングは上手く体を使って打球にパワーを伝えることが大事なんです。

 

160cm 58kgでも柵越えは打てる

ぼくが教えた方で(偉そうですいません)、160cm58kgという決して体型に恵まれていない9番セカンドキャラでも柵越えホームランを何本も打ちました。

他にも小柄な選手でバッティングが開花した人はたくさんいます。

 

揃って言うのが

『全然力入れてないのに、思ったより飛んで行った!』

 

っていうことです。

 

つまり、パワー=筋肉ではなくパワー=〇〇という別の要因があるんですね。

 

パワーはスピード スピードは○○

さて、筋肉量がパワーではないことは体格が小さい選手でもホームランが打てることからわかります。

 

では野球におけるパワーとは?

 

パワーはスイングスピードです。

スイングスピードが速ければボールは飛んでいきます。

 

ではスイングスピードはどうすれば速くなるでしょうか?

それは体の使い方です。

正しい体の使い方をすれば自ずとスイングスピードは速くなります。

 

長打が打てる秘訣を解説

長打が打てるスイングについて徹底解説した記事を作成しました。

本当に全てを注ぎ込んでます!

 

よかったら是非見てください(^^)

 

これで価値観が変わったり、新しい野球の楽しさを発見してくれるきっかけになってくれれば嬉しいです!

よろしくおねがいします!

 

【4番を目指せ!】長打力が爆上がりするバッティングを徹底解説!|まこと兄やんの野球通信|note
はじめに 野球ブログ『まこと兄やんの野球通信』を運営しているまこと兄やんです。 みなさんはバッティングは得意ですか? 一般的に野球の試合において3割の打率を残すことができれば一流と言われます。 しかしバッティングが苦手な人にとっては3割はとても大きな壁です。 そこで今回はバッティングが苦手で諦めた人、何かを掴...

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました