【重心の位置】長打を打つために軸足に重心を残すには?

バッティング

バッティングにおいて重心の位置の位置をどこに置くのかというのは非常に重要な要素です。

特に長距離打者として飛距離を飛ばそうと思うなら軸足に重心を残さなければなかなか長打を打つのは難しいでしょう。

軸足に重心を残す感覚を養える練習方法を紹介します。

長打を打つためには?

どうせ野球するならホームランや長打を打ちたいですよね。

しかし外野の頭を鋭く抜けるような打球を打つのは簡単じゃないです。

M球に変わって飛距離が出やすくなったとはいえ軟球だと特に難しいですね。

しかししっかり自分の体重をボールに乗せるようにすることができれば全然不可能な話ではありません。

 

筋肉を鍛えたり体重を重くしてもそれだけでは無理です。

要は正しい体の使い方ができればいいんです。

つまり軸足に重心を残すということが非常に重要になってきます。

 

バットスイングは回転運動です。

バットのヘッドスピードを速くすればボールに与える力は増えます。

ではいかにしてヘッドスピードを上げるか?

回転運動を速めるためには軸をしっかり作り、軸ブレをおこさないことが大事になってきます。

 

軸足に重心を置くとスイングが安定する

例えばコマをイメージしてみて下さい。

安定して回っている時は軸は安定し、高速で回転します。

もしこの軸がブレブレだったらどうでしょう?

回転は安定せずすぐにコマは止まります。スピードも出ません。

バッティングも似た要素があり、軸が安定するとスイングは加速し安定します

 

軸を安定させるためには軸足に重心をしっかり乗せなければなりません

しかしこの軸足に体重を乗せるという感覚が難しく、理解しているようで実は乗っていないということが多いんです。

 

軸足にしっかり体重を乗せるというのはどういう状態なんでしょう?

軸足に重心を乗せる練習

まず投手側の足をステップする位置に何か目印を置いてください。

一本足のように足を上げ、それを真下に落とし横にスライドして目印をタッチします。

足がL字を描くような形になります。

この時しっかり軸足に体重が乗っていると投手側の足は目印をタッチした後同じようにL字を描いて一本足の状態に戻せます

重心が乗り切れていないと目印にタッチできるかできないかのところで着地してしまいます。

けっこう着地してしまう人多いんです。

 

この練習をして軸足に重心を乗せる感覚を覚えて下さい。

 

まとめ

長打を打つためには軸足に重心をしっかり残さないといけません

バットスイングは回転運動なんで軸が安定すればスイングは加速し、力を上手に伝える事ができます。

 

軸に重心を乗せるための練習としてはステップ位置に目印を置き、足をL字に動かして目印をタッチします。

そのまま同じようにL字で足を戻しますが、重心が乗っていないと着地してしまいます。

 

この練習をして軸足に重心が乗っている状態をしっかり覚えてみて下さい。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました