【ヒッチとコック】予備動作を使って力強いスイングをする方法

バッティング

人間は静から動に急に動くことはできません

無理にしようとすると力みが生じますし、100%のパフォーマンスは発揮できません。

しかしある予備動作を入れることでスイングは格段に速くなります

それがヒッチやコックという動作です。

スポンサーリンク

プロ野球選手も多く取り入れているヒッチ、コックとは?

プロ野球選手もヒッチ、コックは取り入れています。

有名どころで言うと中村紀洋さん、落合博満さん、最近では巨人に移籍した丸選手。あるいはメジャーリーガーの多くの選手が取り入れています。

日本人でも昔の選手はほとんどの人がヒッチやコックを取り入れていました。

ヒッチ、コックと言うのはバッティングにおける予備動作のひとつで、トップを作る際にグリップを一度下げたりピッチャー側にヘッドを入れるような動作を言います。

これを入れるのと入れないのではスイングが大きく変わってくるんです。

なぜヒッチ、コックをするとスイングが速くなるか?

人間は静止した状態から爆破的な力を生み出すことはできません

ランナーも助走があるほうがスピードを出せますよね。

その助走のような役割を担っているのがヒッチ、コックという予備動作になります。

バッティングフォームにヒッチやコックを入れると割れを作りやすくなります

割れがしっかりできることによって捻られた体がより多くのパワーを生み出してくれるということになります。

またスイングの軌道が長くなります。

その分インパクトの瞬間に速度が出やすいんですね。

ヒッチ、コックの予備動作が助走になり、スイングスピードが上るわけです。

スポンサーリンク

ヒッチ、コックのやり方は?

ヒッチのやり方は非常に簡単です。

足を上げる際にグリップを少し下げます

その後はグリップを上げ、トップに持っていき普通に打ちに行く。

それだけです。

この際に真下に下ろす人と、手首を入れる人がいますが、やりやすい方でいいんじゃないでしょうか。

投手側に手首を入れる動作をコックと言いますが、これも1つの予備動作として有名です。

ヒッチとセットになることが多いでしょう。

構えの段階でもっと投手寄りにバットを寝かせてもいいでしょう。

やはり合う合わないはあると思いますので、やってみて合うなら入れて下さい。

ヒッチやコックを否定する指導者は多い

ヒッチやコックと言った予備動作は非常に有効な技術であるにも関わらず、それを否定している指導者が多いのも事実です。

なんだったら昔自分がヒッチやコックを取り入れていたにも関わらず否定する人もいるそうです。

キレイな形にこだわりすぎて余計なものを排除したがる悪い風潮ですが、その技術がその人に合うなら全然取り入れていオッケーだとぼくは思います。

最短距離が良いという指導者はまだまだ多いですからね。

そういう指導者には遠回りするヒッチやコックといった動作は敬遠されがちです。

好き嫌いで可能性を潰してしまうのはもったいないですよね。

まとめ

静止状態から急激なパワーを生み出すことはできません

助走のような予備動作を入れることで大きな爆発力を生み出すことは可能になります。

バッティングにおいてはヒッチやコックといった動作がそういった予備動作に当たります。

やり方は足を上げトップを作る前にグリップを一度軽く下げるだけです。

もしくはヘッドを投手側に軽く寝かせたりします。

ある程度慣れてくるとタイミングも取りやすくなってきます。

よかったら取り入れてみて下さい!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました