YouTube

チャンネル登録お願いします!

視聴する

【フライングエルボー】簡単に爆発力をアップをする方法

バッティング
この記事を書いた人
makoto

草野球人まこと兄やんです。
色んな野球人のヒントになるようなことを発信できたらと思います。
子供からおじさんまで野球好きの人はよろしくお願いします!

makotoをフォローする

フライングエルボーは大谷翔平選手等の強打者によく見られるバッティング動作です。

メジャーリーガーや日本のホームランバッターに多いですよね。

フライングエルボーを上手く使えば体が小さくても柵越えが打てます

では簡単に爆発力を生むことができると言われているこのフライングエルボーなんですが、なぜパワーを生み出す事ができるのか?メリット、デメリットについて考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

フライングエルボーとは??

フライングエルボー、エルボーアップとも言います。

これは構え~トップまでの一連の流れの中でプッシュハンド(捕手側の腕)のヒジを上げる動作のことを言います。

これによりパワーがかなり上がると言われています。

実際、大谷翔平選手を始めとする多くの強打者がこのフライングエルボーを採用しております。

賛否両論もありますが、近代の野球の傾向からするとこういった技術は前向きに受け入れられてきています。

ではこのフライングエルボーがなぜ飛距離を出せるのか?メリット、デメリットについて考察していきたいと思います。

 

フライングエルボーのやり方

構えの時点でプッシュアームのヒジを上げます。

あまり高く上げ過ぎると逆に力が入ってしまいますので、自分が落ち着く位置を探してください。

ぼくは結構上まで上げる方がしっくりきます。

そのままトップを作ります。

フライングエルボーをしている方がコック(バットを投手側に傾ける予備動作)しやすくなります。

あとは普段通りスイングしてください。

 

【ヒッチとコック】予備動作を使って力強いスイングをする方法
人間は静から動に急に動くことはできません。 無理にしようとすると力みが生じますし、100%のパフォーマンスは発揮できません。 しかしある予備動作を入れることでスイングは格段に速くなります。 それがヒッチという動作です。

注意点は??

フライングエルボーをするにあたって注意しないといけないのはスイングし始めた際のヒジの使い方です。

一度大きく脇を開けているので、そのままの形でスイングをしてしまうとパワーロスの原因になります。ヒジを上げるのはあくまでトップの段階までです。

スイングを始めた瞬間はヒジを内側に潜り込ませるようなイメージで振り抜いてください。

そうすることでスイングスピードはグッと速くなります。

フライングエルボーのメリット

フライングエルボーのメリットとしては打球に勢いをつけやすいという点です。

トップの時点で肘が上ることでより強い割れを作ることができます

捻りが強い方がスイングスピードも速くなります。

そしてヒジが高い場所から落とすことで位置エネルギーを利用してさらに勢いをつける事ができます

これにより大きな爆発力を生み出せるというのがこのフライングエルボーのメリットですね。

バッティングといのは必ずしもパワーや体重があればいいというわけではありません。

身体は小さくとも、細くともインパクトの瞬間にいかに効率よく自分の持っている出力を最大にしてぶつけることができるかというのが重要になってくるんです。

【割れを作る】パワーを生み出す秘訣。割れを作って強い打球を!
打撃の大切な要素『割れ』について説明しています。飛距離を伸ばしたい人、長打を打ちたい人,、打撃が苦手な人に参考にしてもらえればと思います。
【スクラッチ】柳田選手も実践!パワー爆発する割れの作り方とは?
バッティングで飛距離を伸ばす、パワーを上げるためにはバッティングフォームの中で割れをしっかり作ることが重要になります。 しかし、それでもパワーが足りない人はスクラッチモーションを実践してみてはどうでしょう? 柳田選手も実践しているスクラッチを取り入れると確実にパワーは飛躍的に上昇します。

フライングエルボーのデメリット

フライングエルボーのデメリットとしては二つ考えられます。

まず一つ目は脇を開けることで懐が広くなりすぎてインコースが窮屈になることがあるということがあるということですね。

インコースは回転を使ってコンパクトに振り抜かないと飛んでくれません。

フライングエルボーをすることでインサイドアウトがおろそかになってしまうとインコースは打てなくなりますので、よりインサイドアウトの意識を強く持った方がいいでしょう。

二つ目のデメリットは、ヘッドが下がりやすくなるということです。

上から位置エネルギーを使って振り下ろす分、ヘッドが下を向きやすいんです。

コックを入れて反動を使ってインパクトでヘッドを上げれば問題ないです。

【ドアスイング改善】インサイドアウトを覚えてシャープなスイングを!
一般的にドアスイングはダメなスイングとして知られています。そもそもドアスイングとは何でしょうか?そしてドアスイングだと何がいけないんでしょうか?特に初心者はバットをどう出せばいいかわからずドアスイングになりがちです。 改善するためのキーワード【インサイドアウト】についても解説していきます!
404 NOT FOUND | まこと兄やんの野球通信
まこと兄やんによる野球BLOGです!!草野球、プロ、道具紹介、技術等発信していきます。

まとめ

大谷翔平選手に見られる構えからトップにかけてヒジを上げるバッティング動作をフライングエルボーを言います。

これをすることでより強い捻じれ(割れ)を作り、位置エネルギーを勢いとして加えることができますので、簡単に力強いスイングをする事ができます。

肘を上げて懐が広くなった分しっかりインサイドアウトを意識できればかなり飛距離も伸びるかと思います。

スクラッチモーションに似ていますね。

 

【圧縮ステップ】大谷選手も実践のヒールダウン打法!足を上げないメリットは??
大谷翔平選手のバッティングフォームの特徴と言えばフライングエルボーと圧縮ステップです。 日本では足を大きく上げたりすり足のウェイトシフトがまだ主流ですが、メジャーリーグではこの圧縮ステップの選手が多いかと思います。 さらに踵を浮かすヒールダウン打法は足を上げる打撃フォームと比べてどういうメリットがあるんでしょうか?



バッティング
makotoをフォローする
まこと兄やんの野球通信

コメント

タイトルとURLをコピーしました