【体重移動】突っ込まずにヘッドを走らせる方法とは?

スポンサーリンク
バッティング

バッティングにおける体重移動は非常に重要なポイントです。

前に突っ込んでしまうとどうしてもヘッドが走らずパワーが出ません

 

体重を後ろに残してインパクトを迎えると一番ヘッドが走った状態で打球を捉える事ができますので、そういった体重の移動方法について紹介します。

スポンサーリンク

前に突っ込むと何がいけないのか?

まず大前提にキャッチャーに向かって投げられたボールに対して逆方向に移動すると相対速度が上がってしまいます

体がボール1個分前に行くと体感速度は3㎞速くなると言われています。

タイミングを取るのがとても難しくなりますね。

またバットは体の中心を軸に回転しますので、軸が移動するとバットは出づらくなります。

分かりにくいですが図で説明しますと、前に体重移動をした場合バットがかなりの距離を移動しています。

物を移動する際にはエネルギーを消費しますので、この場合多くの位置エネルギーが必要になります。

体で作り出したパワーを位置エネルギーとして消費しますのでパワーロスにもなりますし、当然バットのヘッドは走りませんのでパワーは出ません。

 

体重を後ろに残すとどうなる??

体重を後ろに残した状態で回転した場合、バットはその場で回転する軸を中心にスイングされますのでヘッドが走りパワーを生み出せます。

バットは体を巻き付くように移動するので移動距離は少なく小さい力でパワーをスイングに伝えれる割合が増えます。

後ろに体重を残す方が速いスイングができるということですね。

 

【重心の位置】長打を打つために軸足に重心を残すには?
バッティングにおいて重心の位置の位置をどこに置くのかというのは非常に重要な要素です。 特に長距離打者として飛距離を飛ばそうと思うなら軸足に重心を残さなければなかなか長打を打つのは難しいでしょう。 軸足に重心を残す感覚を養える練習方法を紹介します。

 

さらにヘッドを走らせる方法は??

ホームランバッターに多いのが、体重を後ろに残すだけでない特殊な体重移動です。

一度前に少しだけ体重を移動して

スイングと同時に後ろ側に戻します

 

 

するとバットは体重と反して前に出てくるためインパクトを迎える時にスイングスピードは最大になります。

分かりにくいですが、このスイングが一番バットが小さく回転しているように見えます。

つまり体で作り出したパワーをロスなくスイングに伝える事ができるということです。

 

プロ野球選手でもホームランバッターのインパクトなどはこのように感じの人のように後ろ脚の上に頭がくるような形になっていますね。

 

【パワーヒッターになるには?】 長打を打つコツ
長打を打つには?パワーヒッターになるには?野球をする限り大きいの打てれば気持ちいいですよね。体格が大きくなくてもホームランは打てます。どういったことを意識すればよいか僕なりにまとめてみました。

 

まとめ

体が前に突っ込むということはバットの回転軸が移動しますので、バットは無駄な移動をするためヘッドは走らずスイングスピードは落ちます

後ろに体重を残すことでバットは小さく回転する為パワーロスは少なくヘッドが走ります

 

ホームランバッターに多いのが一度少しだけ前に体重移動をしてからスイングと同時に後ろに体重移動する方法です。

 

この方法ではさらにバットはヘッドが走りますので、パワーロスを最小限にすることができます。

是非試してみて下さい!

 

【フライングエルボー】簡単に爆発力をアップをする方法

フライングエルボーは大谷翔平選手等の強打者によく見られるバッティング動作です。

メジャーリーガーや日本のホームランバッターに多いですよね。

フライングエルボーを上手く使えば体が小さくても柵越えが打てます

では簡単に爆発力を生むことができると言われているこのフライングエルボーなんですが、なぜパワーを生み出す事ができるのか?メリット、デメリットについて考えてみたいと思います。

 

【圧縮ステップ】大谷選手も実践のヒールダウン打法!足を上げないメリットは??
大谷翔平選手のバッティングフォームの特徴と言えばフライングエルボーと圧縮ステップです。 日本では足を大きく上げたりすり足のウェイトシフトがまだ主流ですが、メジャーリーグではこの圧縮ステップの選手が多いかと思います。 さらに踵を浮かすヒールダウン打法は足を上げる打撃フォームと比べてどういうメリットがあるんでしょうか?

 



バッティング
makotoをフォローする
まこと兄やんの野球通信

コメント

タイトルとURLをコピーしました