【間合いの同調】相手のリズムに合わすこともずらす事もできる方法

バッティング

野球というスポーツは相手のリズムに対して自分のリズムをどう合わせるかで結果は大きく変わります。

淡々とこなしていくだけでは間合いは簡単に合わせられます。

逆にこういった間合いは相手の呼吸を読むことで調整する事ができます

野球における間合い

間合いが大きく影響するのはピッチャーとバッターの対決になります。

例えば常に同じリズムで淡々と投げるピッチャーはバッターにとって簡単にリズムを掴むことができ打ちやすいと感じるはずです。

それはピッチャーも同じでいつでも好きなタイミングでどうぞ投げて下さいというバッターは投げやすいです。

 

逆に一定のリズムでなくちょっと間を開けて投げたり、あえてすぐに投げたり、ロジンバックを長めに触ってみたり、牽制を多く入れてみたりとリズムを自分の世界に引きずり込むことで自分の間合いに引きずり込むことができます

打者としても同じで、すぐにバッターボックスで構えずに足場を慣らしてみたり、あえてバッターボックスを外して素振りをしてみたりと投手のリズムを外すことで投げにくい打者だと思わせることができます

 

レベルの高い選手は草野球でもこういったことを意識しています。

 

呼吸を読めばリズムは同調する

相手の間合いというのはかなり繊細でそう簡単にわかるものではありません。

しかし相手の呼吸を読み同じタイミングで吸い、同じタイミングで吐けばリズムは同調し、間合いを合わせる事ができます

相手の動きに合わせることでタイミングを合わせるシンクロ打法のようなものです。

プロの選手でもバッターボックスで構える時に呼吸を読まれないように肩で口を隠したり、マウンドでサインを見る時に口を隠す人もいます。

 

しかしそう簡単に人の呼吸を読むなんてことできるのでしょうか?

普段から意識的に人の呼吸を読む練習をしていれば結構できるようになってきます。

やったことないことを野球の時だけ急にするからできないのです。

息を吸った、吐いた、止めたというのを口や肩、全体の雰囲気から読もうとしてみてください。

 

【秘打?】タイミングを合わせる裏ワザ!
バッティングにおいてタイミングを合わせるのは本当に難しいです。目で見て頭で考えても難しいでしょう。 そこで簡単にタイミングを合わせる裏ワザを紹介します!

 

無理に間合いを外そうとすると遅延行為になる

ピッチャーもバッターも間合いを取り、お互いにリズムを外そうとしていると中々試合が進まなくなってしまいます。

酷い場合だと審判に遅延行為だと注意される可能性もあります。

常識の範囲内でリズムをずらすようにしましょう。

 

まとめ

野球は投手と打者の間でお互いの間合いが存在し、お互いのリズムから合わせたり外したりすることで大きく結果を左右させることができます。

 

相手のリズムを察知するためには呼吸を読むことが一番効果的です。

同じタイミングで息を吸い、同じタイミングで息を吐く。

これができるようになれば間合いを合わせるのはとても簡単になってきます。

すぐにできることではないので普段から人の呼吸を読む練習をするといいでしょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました