【ブラックキャノンMAX】弾きの極み 超速ライナーを生み出す新バット

スポンサーリンク
バット

ZETTさんと言えばコンポジットバット『ブラックキャノン』が有名ですが、2019年新発売のブラックキャノンMAXが1月に新発売されました。

高反発でバットに乗せて運ぶタイプのバッターには抜群に相性がいいので紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ZETT BLACKCANON MAXとは?

ZETTさんのコンポジットバットといえばこのブラックキャノンシリーズバトルツインの2強です。

ブラックキャノンはいわゆる強化カーボン素材を使用し、さらにトランポリン効果のある特殊な構造から打球速度を究極に速める事ができるというコンセプトのバットです。

バトルツインは昨今流行のウレタン素材でバットを変形させることでボールの変形を少なくし、打球の空気抵抗を減らすことで飛距離を出すというコンセプトのバットになります。

それぞれのコンセプトは違えど、今飛ばせるバットの技術は注入した二本になります。

 

しかしZETTさんではブラックキャノンの人気が爆発的に高く、チームに一本くらいはあるんじゃないでしょうか?

 

そんな中でもブラックキャノンの2019年最新版、ブラックキャノンMAXが発売されましたので紹介します!

 

【ブラックキャノンZ2】ZETTの注目コンポジットバット
ZETTのM球対応コンポジットバット【ブラックキャノン】の紹介です。打感は?飛距離は?振りやすさは?注目の1本を解析していきます!

 

打球部三重管スプリング構造

三重管最内層の肉厚を極限まで薄肉化し、最外層の内側に特殊ラバーも内蔵した最進化版の三重管スプリング構造が打撃時のトランポリン運動を飛躍的に向上させ、超速打球を生む。

ということです。

 

多重管のスプリング構造は昔からある技術ではありますが、特殊ラバーが内蔵されていたり、かなりパワーアップされています。

このトランポリン効果と言うのは球がバットに食いつく感覚があるので、柔らかく乗せて打球を運ぶタイプのバッターに相性が良いかと思います。

 

メガハイブリット構造

打球部側と比較し、よりグリップ側の強度を上げることでインパクト時、バットの逆反りを抑え、スイングパワーをロスなく生かす。これによりトランポリン運動増幅を促進する。

ということです。

 

このグリップ側と打球部の素材を変えることで、よりパワーロスなく打球に力を伝えることができるという技術です。

この技術が気持ちの良い打感を演出してくれ、ウレタン素材を使用したビヨンド系バットのボン!という打感が苦手な人には好まれます。

 

スペックは?

ブラックキャノンMAXのスペックは4種類あります。

 

85㎝ 780ℊ トップバランス

84㎝ 770ℊ トップバランス

84㎝ 720ℊ トップバランス

83㎝ 710ℊ トップバランス

 

の四種類です。

重量のある振り回せるタイプと軽量で操作性重視タイプの二種類です。

【あす楽対応】ゼット(ZETT) BCT35904 軟式用FRP製バット ブラックキャノンMAX 20%OFF 野球用品 2019SS

 

ブラックキャノンNT

ブラックキャノンのコストパフォーマンス版ブラックキャノンNTの紹介です。

ブラックキャノンMAXよりかなりお手頃な値段で買えます。

同じく三重管構造ですが、メガハイブリット構造ではありません。

 

全体的に短く軽いものが多く、扱いやすさ重視で体格の小さい人向けのコンセプトで作られたバットではないでしょうか。

 

スペックは

84㎝ 690g トップバランス

83㎝ 680ℊ トップバランス

82㎝ 670g トップバランス

の三種類です。

 

まとめ

ZETTさんのコンポジットバットブラックキャノンMAXとブラックキャノンNTの紹介です。

ウレタン素材で飛距離を出すバットではなく、カーボン素材でトランポリン効果から速度の速い打球を飛ばす事ができます。

打球部三重管スプリング構造、メガハイブリット構造という二つの特徴からパワーロスなく打球に力を伝える事ができます。

 

バットにボールを乗せるようにして運ぶタイプの打者には特におすすめの一品です。



バット
makotoをフォローする
まこと兄やんの野球通信

コメント

タイトルとURLをコピーしました