【グローブ復活】ボロボロのグローブをピカピカにメンテナンスしてみた

野球道具

使い古したボロボロのグローブも手入れしたりメンテナンスをすればまた使えるようになります

意外とキレイになるものですよ!

というわけで、チームメイトからグローブのメンテナンスの依頼が入りましたので紹介します!

スポンサーリンク

ボロボログローブ Before

こちらがそのグローブです。

昔懐かしいミズノさんのビューリーグです。

 

なるほど、紐も切れてますしボロボロですねw

かなり昔に知り合いにもらったグローブだそうです。

 

今年からピッチャーグローブのルールが変わりました。

少しくらいなら派手にしても問題なくなりましたので、ピッチャーで使えるようにしたいということです。

そして、ボックス型の型をフレックス型に変えて欲しいということでした。

 

今は親指にしか関節がない状態です。

 

こっちに関節を付けていきます。

 

ということで進めていきます。

 

【ピッチャーグラブ】ルール改正で紐やヘリ革の色が自由に?
ピッチャーのグローブって単色で地味なイメージが強かったんですが、今年からルールが変わりカラーの規制が緩和されたの知っていますか?プロ野球の影響を受けて草野球界のピッチャーもおしゃれなグローブを使っている人が多くなりました。

 

分解していきます

確かに不自然なくらいにボックス型ですね…

なんかおかしいな。ペチャンコですよね。

 

 

芯がないー!!!

 

本来ならこういうフェルトの芯が土手部にも詰まっているはずなんですが、除去されていました。

多分前の持ち主が改造したのでしょう。

こりゃボックス型にしかなりませんよね。

 

というわけで、芯を食器洗い用のスポンジ(硬め)で作成しつめることにしました。

百均ですがこれで十分です。

フレックス型にするためには土手部は硬めにしたほうがいいですからね。

 

 

写真とるの忘れましたw

 

【グローブの型付け】ポケットの位置や関節で型が変わる!
グローブの型付けにはコツがあります。上手な人の多くは捕りやすいグローブを使っています。そういったグローブの型には共通点があります。ポケットの位置や関節の位置を考慮し、自分の最高の型を付けましょう!

 

紐を編んで行きます

では新しい革紐を編んで行きます。

今回は通常のグラブピンやグラブニードルではなく、特殊な工具を使用しました。

これめっちゃ楽ですよ!

 

穴の逆側からピンを突き刺し、紐を引っ掛けて引くだけです。

なるほど簡単にできます。

 

そしてピッチャーで使うとのことでしたので、余っていたピッチャー用のウェブ(タータン0)を移植することにしました。

それにともなっていくつか穴を開けました。

パンチで簡単に穴が空きます。

スポンサーリンク

湯もみ型付け、保湿

紐が編み終わったら湯もみ型付けをします。

 

【湯もみ職人】湯もみ型付けって何?どうするの?
グローブの型って重要ですよね。新品のグローブや型が気に入らないものを湯もみ型付けをして最高の型に作り替えましょう!というわけで、湯もみのやり方紹介します。

 

今回はフレックス型希望ですので、親指関節はそのままに小指〜中指辺りにガッツリ関節を付けてねじるような型を付けました。

このグローブの持ち主は4スタンス理論でいうつま先型のバランスなんでパワーラインは掌上部にあるはずです。

ボックス型では守りにくいでしょうね。

 

そして、男前シリーズの濃革と、ハタケヤマのグラブワックスを塗り込んで磨きます。

革の色がかなり復活します。

 

【男前!】革色復活!トリートメントオイル 濃革
使い古したグローブ、色落ちした革を見事に復活させる魔法のオイルを紹介します!実際に色落ちしたグローブに試してみましたので、その実力を見てみてください!

 

 

 

ピカピカのグローブ After

ということで完成です。

 

関節がここにあるので寝かせた時の形が全然違います。

比べてみると全然違いますね!

とても喜んでもらえました。

グローブをピカピカにするのって楽しいですよ♪

 

まとめ

ボロボロのグローブでもしっかりメンテナンスすればまた使えるようになります

思い出のグローブも今の技術にかかればピカピカに復活することもできるはずですよ!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました