【スクラッチ】柳田選手も実践!パワー爆発する割れの作り方とは?

バッティングで飛距離を伸ばすパワーを上げるためにはバッティングフォームの中で割れをしっかり作ることが重要になります。

しかし、それでもパワーが足りない人はスクラッチモーションを実践してみてはどうでしょう?

柳田選手も実践しているスクラッチを取り入れると確実にパワーは飛躍的に上昇します。

スポンサーリンク

割れはなぜ必要??

バッティングにおいて全身の筋肉を連動してインパクトにぶつけるということが非常に重要で、うまくパワーロスせずに連動させることができれば鋭いスイングができるようになります。

そのためには体を上手く捻じることが大切になります。

構えからテイクバックし、トップの位置を作る際に下半身と上半身に捻じれが生じ、それが解放されるときに大きなパワーを生み出すことができます。

これがいわゆる割れと言います。

この割れが無ければ下半身でグッと溜まったパワーを上半身、腕、バットへ連動する事ができずに手打ちのような形になってしまいます。

割れの作り方に関してはこちら

スクラッチモーションとは?

スクラッチモーションとはその割れを作る際に捻じれををり大きく作ることで爆発的なパワーを生み出すことができる動作のことを言います。

ソフトバンクホークスの柳田選手やヤクルトスワローズの山田選手等もこのスクラッチモーションを採用しており、ホームランを量産してきました。

ではスクラッチモーションを解説していきましょう。

スクラッチモーションは割れを作る際にグリップを真横に引くのではなく引きながら上に上げます。その際に前の肩は下がります。

外人選手に多く見られるトップの位置ですね。

真横に引く動作に比べて上下の捻りが加えられていますので、その分パワーが出るということです。

外人選手はスクラッチモーションを採用している人がほとんどで、パワーの秘密はここにあると言っても過言ではないです。

ポイントは肩甲骨の位置

スクラッチモーションをする上で意識するのは肩甲骨の位置です。

後ろから見てみればわかりやすいです。

背中の中心から車のハンドルのようなものが出ているとイメージしてみて下さい。

その両サイドに肩甲骨が位置しています。

割れを作るタイミングで背中のハンドルを左に切ります

そうすると前肩は下がり、後ろの肩は上がります。

背中を中心に回転する為、捻じれが大きいですね。

真横に引いたものと比べると捻じれが大きいのがわかります。

ヘッドが入る点を見てもバットの軌道は最短距離ではなくなるので、長距離打者の軌道になります。

ホームランバッターのバットの軌道についてはこちら

スポンサーリンク

注意する点は?

スクラッチモーションを採用するにあたって注意する点はやはり捻りすぎないことです。

捻りが大きくなるということはパワーが出る分、スイングの開始位置が奥に入りすぎるため振り遅れになる可能性があります。

また捻りを大きくしすぎると腰に負担がかかります。

強いスイングをするにはそれなりに体幹がしっかりしていないとスイングに耐えれません。

体幹トレーニング等をしたりして体幹を鍛えましょう。

体幹トレーニングについてはこちら

ということで捻りすぎず、自分の体に合った程度の捻りを加えるようにしましょう。

まとめ

パワーを爆発的に飛躍させるスクラッチモーション

割れを作る際に肩甲骨を回転させることで体を大きく捻らせることでスイングスピードを上げる事ができます。

注意することは捻りすぎないこと。

振り遅れの原因や、腰の負担が大きくなる等のデメリットが出てきますので、自分の体に合った程度に捻るようにしましょう。

スポンサーリンク