【特殊ロングティー】強豪校もしているおすすめ練習法

ティーバッティングの中でもロングティーはいい練習方法です。

しかしこの練習は一歩間違えれば諸刃の剣になってしまいます。

あるポイントを実行すればロンティーを最大に効果を出すことができます。

スポンサーリンク

ロングティーバッティングとは?

ロングティー(以下ロンティー)は通常のティーバッティングのようにネットに向かって打つのではなくグランドに向かって打つ練習方法です。

このロンティーではネットに向かって打つだけではわからない打球の質や飛距離を確認することができます

高校野球、大学野球の名門はもちろんプロ野球選手も行う練習方法です。

ロンティーに潜む落とし穴

ロンティーをしたら気持ちいいんです。

ボールを遠くに飛ばせますのでストレス発散になりますし、より遠くに飛ばすために引っ張ってマン振りします。

飛距離や柵越えホームランの数を競い始めます。

しかし要注意なのが、ロンティーで遠くに飛ばすスイングは実践では使えないスイングなんです。

言い方を変えると、コツさえつかめば簡単にロンティーで飛距離を出すことはできます。

でもその打ち方で打席に立つとヒットは出ないでしょう。

遠くに飛ばすことに意識を置きすぎてスイングがおかしくなるというのが落とし穴というわけです。

工夫すれば最高にいい練習になる

さてそんなロンティーですが、飛距離に意識を置きすぎると体が開いたり力み過ぎたりといいことはありません。※欲を抑えてちゃんとしたスイングで出来るならいいんですが。

打球の質を確認するということに重点を置きます。

ダウンスイングで打球にバックスピンをかけることが目的です。

低い弾道のセンター返しでライン上に落とすという意識で打ちます。

センターにはラインがないので、レフト線、ライト線に正対して打てばいいんです。

いかに線上に鋭く伸びる打球を飛ばすかを意識してください。

こうすれば体は開かず、良いフォームで打球の質を上げる事ができます。

スポンサーリンク

投げ手はコースをばらけさせる

普通のティーバッティングではで投げ手は真ん中だけを狙ってトスをしますが、この練習の場合色んなコースにトスをしてください。

そして打者はどのコースに来てもセンターライナーを打つようにします。

そうすることで各コースに柔軟に対応できる対応力が身に付きます。

インコースはインサイドアウトを意識し、アウトコースはツイストを意識するように打てばセンターにいい打球が飛びます。

インサイドアウトについてはこちら

ツイスト打法についてはこちら

少人数でもできる

この練習方法のメリットは人数が少なくてもできるということです。

普通のロンティーなら球拾いがたくさん必要なんです。

打球がばらけますからね。

しかしライン上に打つ練習なら球拾いはライン上に2~3人いれば十分です。

ライン上から離れて打球が飛ぶということはしっかりセンター返しができていないということになってしまいますからね。

まとめ

ロングティーを最大限に効果的にさせるおすすめ練習法です。

ロンティーの落とし穴、飛距離を求めすぎてスイングが乱れるということを防ぎ、柔軟に体の使い方を習得できるようにするための工夫です。

それはどんなコースでもセンター方向に低い弾道で打つようにするという方法です。

この練習は本当にいいですよ!

よかったら試してみて下さい♪

スポンサーリンク

野球ランキングへ
スポンサーリンク



シェアする

フォローする

スポンサーリンク