【チェンジアップ】緩急をつけるための変化球の握り・投げ方

ピッチング

バッティングで一番大事なのはタイミングを合わせることです。

逆に言うとピッチングで一番大事なのは打者のタイミングを外すことなのかもしれません。

そこでタイミングをずらす、緩急をつけるのにおすすめなのがチェンジアップという変化球です。

スポンサーリンク

チェンジアップとは?

チェンジアップはバッターのタイミングを外すのに有効な変化球のひとつです。

変化としてはややボールが沈みます

アメリカではチェンジオブペースとも言われています。

※チェンジオブペースは沈まないただのスローボールという説もあります。

 

この変化球がカーブ等の遅い部類の変化球と大きく違う点はリリースの際の球の出どころや腕の振りが同じであるということです。

打者はストレートが来たと感じそのタイミングでスイングを始めますが思っているよりボールが来ないので泳いだり空振りしたりします。

このストライクゾーンの奥行を上手く利用することでストレートを速く見せたり、その他の変化球を活かすことができます。

スポンサーリンク

握りは?

チェンジアップの握り方です。

この変化球は色んな握り方があり、これじゃないといけないということはありません。

一番主流なのはサークルチェンジという握り方です。

人差し指と親指でOKのような形を作り、手の平でボールを握ります。

この際に中指を伸ばしてもいいです。

ようはリリースの際に指の引っ掛かりを少なくするように握ればいいです。

変化はややシンカー気味に沈みます。

 

人差し指と中指を伸ばして三本の指で握って抜くように投げる方法もあります。

この場合落差、沈み方が増しますので空振りが取りやすいです。魔球のように落ちますw

パームとも呼ばれますが、少しコントロールをするのが難しいかもしてません。

 

どんな変化をする?投げ方は?

チェンジアップはどんな球かと言うと、変化の軌道は下方向にやや沈む変化球です。

変化で空振りを取る変化球というより緩急で打ち取る変化球です。

投げ方としては腕の振りはストレートと同じように振ることを意識してください。

握り方が指の引っ掛かりが少なくなるために球速や回転数が減り、タイミングをずらすことができるということです。

目の前の窓を拭くように投げるという人もいますが、それぞれ感覚があると思いますので誰にでも合う良い投げ方というわけではありません。

ストレートと同じ手の振りなんで前腕は外旋してフォロースルーに入ります。

 

【球速アップ】前腕の内旋・外旋を利用してパワーを生む方法
勢いのある球を投げるにはコツがいります。ただ闇雲に力を入れて投げるのではなく腕の使い方、メカニック的なものを変えれば球質を大きく変えることができます。球速アップだけでなく、肩や肘の痛みも和らげることができます。

 

カーブは内旋してリリースするので腕の振りは違います。

 

【カーブ】緩急を駆使して打者を翻弄する変化球
カーブは代表的な変化球です。非常に使い勝手が良く、マスターすれば投球の組み立てが楽になります。投げ方、握り、派生変化球、打ち方のコツを紹介します。

 

まとめ

チェンジアップは緩急を付けることで打者のタイミングを外すことができる変化球です。

指が引っかからないように握り、ストレートと同じように投げることでバッターはストレートと同じタイミングで振り始めますが思ったより球が来ないため空振りを取れたり打ち取ることができます

 

草野球界でもいいピッチャーはチェンジアップが投げれる人が多いです。

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました