【型付け】おすすめ外野手用グローブの型付け方法

外野手用のグローブって、どう型付けますか?

これまで多くの外野手用グローブを見てきましたが、上手な外野手のグローブはだいたい同じ様な型をしています。

外野手に適した型とはどういったものなんでしょうか?

スポンサーリンク

外野手用グローブに適した型とは?

外野手は内野手に比べて守備範囲が広いです。

握りかえも早いに越したことはありませんが、コンマ何秒を争うほどのものではありません。

よってより広範囲の打球を確実に捕球することが重要になってきます。

すると当然ポケットはウェブよりの深い位置に作るのがベストになってきます。

型の種類としてはボックス型になります。

外野手のグローブに多いのが小指二本入れをする人。

これをすると格段にポケットが深くなり、外野手に適した型になります。

小指二本入れはおすすめです。

そして指は長く広く開くような形状のものが好ましいと言えます。

ギリギリのプレーで捕球できるか捕球できないかはグローブの型にかかっていると言っても過言ではありません!

実際に型付けしてみましょう!

実は知り合いの息子さんのグローブを型付けしてほしいと言う依頼があり、それがちょうど外野手用のグローブだったんで、せっかくなんで型付けの方法を紹介します。

依頼のあったグローブは、こちらのナイキのグローブ。

VAPOR ヴェイパーです。

かなり攻めたデザインでかっこいいです。

背面のメッシュなんかはなかなかないデザインですね。

さて、こちらのグローブの型は現在ではこのような型です。

悪くはありませんが、外野手として捕りやすいかと言われますと微妙です。

外野手の中心として今後スキルを上げていくために、外野手のグローブを欲しがっていましたが、いまいち型がわからず捕球しにくかったそうなんで、思いっきり外野手用の型付けをしてほしいとのことです。

ではでは、さっそくこちらを湯もみ型付けしていきたいと思います。

湯もみ型付けでどう型付ける?

このグローブはポケットが浅いので、ポケットが深いボックス型で型付けていきます。

親指の関節がやや固く、上を向いているので親指が効きません

また小指辺りにできる関節も手のひら辺りにあります。

この2つの関節の位置がポケットを浅くしている原因かと思います。

また指ががっちり閉じられた状態で、親指、小指も内巻きになっています。

これを大きく開くようにする必要があります。

以上のことを意識しながら型付けしていきます。

スポンサーリンク

湯もみ型付けをしてみた

湯もみ型付けの工程はこちらで紹介しましたので割愛させていただきます。

できあがったのはこちらです。

親指、小指の関節はこのように広く下向きに稼働するようにしたことで、包み込むように捕球するボックス型になっております。

ポケットも奥の方にできています。

比較してみると、とじた時の形が全然違いますね。

before

after

指先は広く開かせ、親指と小指を外に向けて反るように型付けましたので、大きく開かせることができるようになりました。

手入れ部も小指二本入れを採用しております。

これでかなり外野で使用しやすいようになったかと思います。

本人に渡してみるとかなり気に入ってもらえました。

気に入ってもらえてよかったです♪

まとめ

外野手は守備範囲が広く、しっかり捕球することが大事です。

よって大きく開きポケットの深いボックスタイプの型付けが適しています。

また小指二本入れを採用することで、よりポケットの深い型を付けることができます。

以上外野手用グローブの型付けでした!

スポンサーリンク

野球ランキングへ
スポンサーリンク



シェアする

フォローする

スポンサーリンク