バッティングnote

全てを詰め込んだnoteです!

詳細はこちら
スポンサーリンク

【Wilson】ウィルソン・スタッフ デュアルテクノロジーとは??

ウィルソン・スタッフ
この記事は約4分で読めます。
この記事を書いた人
makoto

草野球人まこと兄やんです。 @makoto_bb721
色んな野球人のヒントになるようなことを発信できたらと思います。
子供からおじさんまで野球好きの人はよろしくお願いします!

makotoをフォローする

ウィルソンさんのグローブ紹介です。

ウィルソンと言えばローリングスと共に日本でも馴染みのあるアメリカのスポーツ用品ブランドですが、ここ最近人気を集めています。

特にバットではDeMARINI(ディマリニ)というブランドで飛び中(飛びすぎ注意)として一躍有名になっていますが、今回はグローブの紹介です。




ウィルソンとは??

ウィルソンさんは1913年から続くアメリカの老舗スポーツ用品メーカーです。

テニスやゴルフ、アメフト等の用品も扱っていますが、野球は1914年から製造しております。

あのベーブ・ルースのグローブも開発しています。

バットはアメリカのブランドDeMARINIさんやカタリストで有名なルイスビルスラッガーさんを買収しており、これらはウィルソンさんのブランドとして取り扱われています。

 

ちなみにウィルソンという社名は当時のアメリカ大統領の名前から取ったらしいんですが、申請を拒否されたため、一般社員のウィルソンさんを社長にし、社長の名前だからと社名を無理やりウィルソンにしたそうです。

 

ここ最近グローブも多く出回っており、どのグローブをはめても手入れ感、フィット感が抜群にいいです。

 

【イエローモンスター】一世風靡したルイスビルスラッガーのバット
...

 

ウィルソン・スタッフ

ウィルソンさんのグローブの最高峰がウィルソンスタッフというグローブです。

ウィルソンのグローブ

ウィルソンのグローブ捕球面

各ポジションに求められた役割、動作を最適にできるように設計されており、型や素材までポジションごとに変えています。

プロの選手やMLBで活躍している選手等と同じ素材、同じ工程、同じ職人が作成しているため抜群に高品質です。

 

確かにはめた瞬間ピッチャー用ならピッチャーの、内野用なら内野、外野なら外野と型のベースができており、自然とポジションに適した型付けができるようになっていました。

 

 

デュアル・テクノロジーとは??

ウィルソンさんのグローブと言えば昔から2本のハミダシが特徴的ですがこれはデュアル・テクノロジーというウィルソン独自のものです。

デュアルテクノロジー比較2

 

ハミダシとはグローブの指の背の部分のラインを言いますがいわゆる革の接合部です。

このハミダシを2本にして縫合することで、非常に強い強度と指先までコントロールできる操作性を実現しました。

デュアルテクノロジー比較

ただハミダシが2本あるだけではなく内部構造もよりしっかり作られていますね。

デュアルテクノロジー比較3

 

このデュアル・テクノロジーがウィルソンらしさを演出しており、非常にかっこいいです!

 

【グローブのカスタマイズ】オーダーする人必見!各名称とおすすめ
...

 

オシャレなオーダー風グローブ

市販されているグローブでもまるでオーダーしたかのようなオシャレなデザインのものが多いです。

むしろオーダーでできないような金色のヘリ革や型押しされた革を部分的に使用しているため、かなりオシャレなグローブを安い値段で手に入れる事ができます。

サンドイッチレースダブルコロナカット等オーダーでも実現しないようなものもあり是非一度見てみて下さい!

 

もちろんグローブとしての品質はいいんで、ウィルソンスタッフに手が出ない人にはおすすめですよ!

 

 

 

まとめ

アメリカの老舗メーカーウィルソンさんのグローブいかがでしょうか?

 

プロやMLBの選手と同品質のウィルソンスタッフやウィルソンさん独自の技術デュアル・テクノロジーを紹介しました。

また市販品でもまるでオーダー、いやオーダー以上のデザインのものもあります。

 

よかったらウィルソンさんのグローブ手に取ってみて下さい♪

 

【グローブ比較】どのグローブがおすすめ?各メーカーの特徴まとめ!
...

コメント

タイトルとURLをコピーしました