【チーム運営】草野球チームの上手なマネジメントとは?

甲子園も終わり、今から秋に向けて涼しくなっていきますね!

ということは草野球の季節が始めるわけです!(年中やってますがw)

草野球チームのチーム事情は千差万別ですね。

僕も色んなチームに行きましたが、それぞれのチームで抱えている問題は様々です。

そんな経験を活かして問題と対策、ここが良かった等紹介していきます!

スポンサーリンク

ケース1 監督が自己中

まあよくあるケースです。

自分が作ったチームだから自分が4番な!

みたいな感じです。

まあみんなが納得していたらいいんでしょうけど、なかなか本心ではそうもいかないこともあります。

大事な大会の決勝で、急にプロ野球のまね事みたいに采配し出し、いつもしたことないようなサインを出して困惑させたりします。

監督でなくとも自己中な人が一人いると和が乱れ居心地が悪くなります。

こういうチームはチーム力が低く、一度トラブルがあればすぐに分裂してしまいかねません。

飲み会等を開くなどして、コミュニケーションを図り、監督の想い、選手の想いを共有すれば良化していくケースもあります!

ケース2 とにかく弱すぎる

チームができた初期段階等は数合わせの初心者等の割合が多い時に陥りがちです。

余りにも弱すぎて試合になりませんw

練習試合の相手に申し訳なくなってしまいます。

こういう時はサイトでのメンバー募集等、経験者を探して入団させましょう。

別にその経験者の上手い下手は関係ありません。

少なくとも3人は欲しいところです。

ピッチャー、キャッチャー、サード辺りに配置すればかなり形にはなります。

打順は1,2,3番等に固めて置くのが理想です。

これである程度形になってくれば次のステップに進みましょう!

ケース3 人手不足

これはかなり多くのチームが悩まされています。

慢性的な人材不足です。

まあでもそうですよね、草野球っておっさん大人がやるスポーツなんで、毎週暇ってわけじゃないんです。

行けない日があって当然ですよね!

消滅するチームの多くはこの問題を乗り越えれなくなって解散になります。

なぜ人手不足になるのか?考えたことあります?

自分が思うにこの人のやりくりというのが草野球の中で最大の問題かと思います。

人数が少なかったら試合できないし、多かったら余る。

最初はいいんです。多めの人数でチームを作りますんでね。

 

でもやっぱり勝ちたいから上手い人だけを試合に出してしまいがち。

 ⇓

試合に出れなかった人は、休みの日を割いて応援に来ただけになり、徐々に来なくなってしまいます。

 ⇓

すると試合が出来なくなってしまう。

 ⇓

助っ人を呼んでいつもメンバーは別の人が入れ代わり立ち代わり。

楽しくなくなってきますよね。

こんな流れでしょうか?

助っ人やメンバー募集、ユニホームの管理等ややこしくなりますね。

勝ちたいのは分かりますが、そこをグッと抑えて全員野球ができればいいんですけどね。

スポンサーリンク

最大の問題「人手不足」を解消するには?

僕が今いるチームはその辺上手に運営されています。

助っ人呼んだことないですし、みんな野球を心から楽しんでいます!

ので参考までに紹介します。

まず試合のほとんどが練習試合です。

毎週日曜日2試合ずつします。

さらにポジションも固定ではなくみんなが色んなところ守れるように自由に交代します。

打順もDHで全員打席に入ります。その辺は練習試合なので緩いです。

これで誰が休んでも、誰も守れないポジションがありません。

公式戦の時も練習試合を入れます。

公式戦は9人でガチで戦います。できるだけベンチメンバーにもチャンスが回るようにしますが、試合に出れなかった場合次の練習試合で上位打線に持ってくる等して優遇します。

こんな感じで、上手でない人も休みを割いて球場に足を運ぶだけの価値ががある活動をすることで、辞めないような環境作りをしています。

お客さんではないけど、チームに対する満足度を上げることで、参加率が上がり貢献したいと思うようになります。

しかし監督、キャプテンはこの運営大変だと思います。

その他メンバーで分担して行っていますが、対戦相手や球場の確保等色々ありますもんね。

まあ助っ人、メンバー募集、ユニホーム管理等を考慮すれば似たようなもんかと思いますw

どうせなら仲間と全員で勝つ方が面白いですもんね!

まとめ

草野球のチームを運営して行く上で様々な問題が出てきます。

いくら趣味の集まりとは言え大人の組織として上手くやるには必ず工夫が必要です。

チーム全体の方向性を統一し、全員が満足できるような環境作りをすることで、様々な問題に直面しても解決していけることができるのではないでしょうか。

スポンサーリンク