【守備極意】当て捕りとは?おすすめグローブは?

野球道具

こんばんは!

最近腰が痛いんです…

寒いと余計なんですが、仕事柄重いものを持つ機会が多くて最近は毎日腰痛に悩まされてます。

 

腰だけじゃなく、腰をかばって背中や肩なんかも痛くなってきてます。

おっさんになってきましたと言うことです…

 

さぁ、今日はまことおじさんから当て捕りをテーマにお話していきます!

 

当て捕りとは?

 

クイックスローの回で少しだけ紹介しましたが、捕球と送球の間には握り替えてという作業があります。

 

その握り替えの作業をできるだけ短くするというのが当て捕りという捕球方法です。

これが上手くできるようになれば捕球→送球までが劇的に早くなるかと思います。

 

【内野手必見】クイックスローのコツは?
内野手に必要な技術、クイックスロー。極限まで無駄を削ぎ落とすことで、クイックスローの形になります。今回はクイックスローについてのお話です!

 

当て捕りのやり方

 

まず普通捕球する時はグローブのポケットで捕球します。

しかし当て捕りの場合、土手部の薬指付近で捕球します。

そしてグローブは閉じません。

開いたままにしてボールをグローブに当てる→跳ね返りを握るという流れになります。

こうすることで、本来

グローブをポケットで捕球→グローブを閉じる→利き手に握りかえる→送球

 

という流れが

 

グローブ土手部に当てる→跳ね返りを握る→送球

 

という流れになり、時間を短縮できます。(文字にするとあんま変わらないように感じるw)

時間にしてコンマ何秒というところかもしれませんが、握りかえをミスするリスクも少なくなりますし、実際見るとめっちゃ早いです。

当て捕りに適したグローブの型

 

当て捕りをするには当て捕りに適した型のグローブを使うのが良いでしょう。

ポケットが深いボックス型のものより、ポケットの浅いフレックス型のものの方が適していると思います。

 

メーカーでいうと久保田スラッガーさんや、最近話題のZEEMSさんがおすすめです。

この2つのメーカーはグローブ全体が非常に柔らかく、手の延長のように操作できるという点で長けてます。

 

自分も以前は久保田スラッガーを使用していました。

操作性は抜群で、球離れが良い印象でした。

ZEEMSのYHシリーズはトレーニンググラブを改良してできたモデルなんでポケットが浅く当捕りに適したグローブだと言えます。

まとめ

当て捕りとは捕球から送球の動作を縮めるための技。

グローブは閉じずに土手部の薬指付近で当て、跳ね返りを握る感じ。

おすすめグローブは久保田スラッガーとZEEMS。

 

まとめた後に言うのもなんですが、あまり試合でガンガン使える技術ではないかなと思います。(今の自分の技術ではちょっと難しい…。上手い人なら使えるのかもしれませんが。)

ただ、練習やキャッチボール等で当て捕りをして、握りかえの早さを早める為には良い練習だと思います!



野球道具守備
makotoをフォローする
まこと兄やんの野球通信

コメント

タイトルとURLをコピーしました