【エルボーガード】軟式でも必要!?おすすめ肘当て

野球道具

軟球がM球に変わり約一年が過ぎました。

打ち方守り方等色んな考察がある中で、単純にボールが硬くなりケガの心配も出てくるでしょう。

M球のデッドボール結構痛いです。

当たり所悪ければ普通にケガしますので、ケガ予防のエルボーガードをしている方がいいかと思います。

スポンサーリンク

M球のデッドボールは結構痛い

硬球ほどではありませんが硬度が増し、重さも少し重くなったM球はピッチャーの球威にも影響があります

これまでより速く重いボールを投げてくるピッチャーが増えてきましたね。

以前背中に当たったデッドボールは紫色のアザになりました。

デッドボールって面白いくらいにボールの縫い目までくっきり形に残るアザになりますよねw

これがヒジや手首等に当たると結構なケガになる可能性があります。

 

【激痛!!】M球初デットボール! デットボールのよけ方は?
M球での初試合。豪快にデッドボールを食らい、紫のアザをこしらえてやりました。M球で軟式野球が変わりそうですね。今日の試合からM球での印象を書いていきます。

 

ケガもそうだけど、気持ちの問題も

ケガも怖いんですが、デッドボール当たった次の打席の気持ちに大きく影響を与える可能性があります。

ぼくが高校生の時デッドボールが肘に当たり、肘から先がしびれて動かなくなりました。

痛みはすぐに消えましたが、その次の打席から恐怖心が出てきてしまい腰が引けて踏み込めなくなってしまいました。

しっかり踏み込めないのでアウトコースに全然バットが届かず、バッテイングの形もわからなくなってしまいました。

 

その打開策としてエルボーガードを着用しました。

当時は高校生でエルボーガードをしている選手は少なく珍しかったんですが、そうでもしないとちゃんと打席でスイングできませんでしたのでw

 

エルボーガード付けるとスイングしにくい?

エルボーガードって腕に巻き付けると何か脇に挟まっているような感覚があり非常に邪魔です。最初の内はこれが邪魔でスイングしにくくてしかたありませんでした。

この動きに制限がかかる感覚は慣れてしまえばなんてことないんですがしばらくはティーバッティングもエルボーガードをして行っていたほどです。

 

感覚的にはバンドが少ない方が違和感なくスイングできると思います。

最近のエルボーガードはバンドが一つのものも三つくらいあるものもありますのでその辺も考えて購入してみてはどうでしょうか。

 

おすすめエルボーガード

それではおすすめのエルボーガードを紹介していきます。

デザイン、操作性、安全性という観点から見て行きましょう!

ミズノ

 

ミズノさんのエルボーガード。

大判の盾みたいなデザインですね。

カラーも多く、バンドが一つなんで付け方も簡単で制限も少ないのでいいんじゃないでしょうか!

 

ベルガード

 

ベルガードさんは今やかなり有名になりましたね。

アクセフベルガードというブランドもあります。また紹介させてください!

プロテクターと言えばベルガード!という程プロテクターに評判があります。

プロ野球選手はもちろん、メジャーリーガーも使用しているメーカーです。

こちらのエルボーガードはオーソドックスなタイプですが、合皮巻きというオシャレな使用になっています。

 

ローリングス

 

ローリングスさんのアメリカンなデザインが非常にオシャレです。

昨今流行のカモフラ柄のエルボーガードです。

しかもこのエルボーガードは少し安いんです!軟式用だからですかね。

普通は硬式対応が多いので高いのでしょう。

それもおすすめポイントです♪

 

エボシールド

 

エボシールドさんはリストガードとアームスリーブを紹介した際におすすめしたこれまたアメリカのプロテクターのメーカーです。

カラーも豊富でデザインもオシャレなこのエルボーガードは結構草野球プレーヤーの中でも人気で使っている人は多いです。

 

【リストバンド】おしゃれは腕から!どう選ぶ?
リストバンドは草野球プレーヤーの個性を彩る必須アイテムです!でもどうやって選んだらいいかわからない人もいますよね!どんなリストバンドがあるか、付ける箇所、色や素材をからおすすめのものを紹介します!

 

【アームスリーブ】おすすめ、効果、選び方は?
数年前から野球選手のアンダーシャツが片腕だけ長袖やったり、色が違ったりするのをよく見かけます。 あれはアームスリーブ(アームカバー)と言って、アンダーシャツのような素材で腕だけをサポートするアイテムを着用していんです。ここ数年でアームスリーブは野球選手のオシャレなマストアイテムとして注目されています。

 

アシックス

 

こちらはアシックスさんの高校野球対応のエルボーガードです。

オーソドックスな形ですが、デザインがシャープでとてもプロテクターとは思えない洗礼された無駄のないデザイン。

こういうタイプが好きな人にはたまらない一品ですね。

スポンサーリンク

ZETT

 

ZETTさんのこちらのエルボーガードは非常に幅広いエリアを保護してくれるタイプです。

前腕までプロテクターが伸びていますので、より防御力の高いものを探している人にはいいでしょう。SSKさんでもこのタイプがあったかと思います。

ただバンドが三本ありますので、若干バットスイングしにくい可能性もありますので慣れるまでは不便かもしれませんね。

白×赤、黒×白等オーダー風なデザインがかっこいいですね!

 

ナイキ

 

ナイキさんのエルボーガードはこれまたシンプルなデザインです。

流行のコンパクトタイプですね。

日本では売ってない海外製品です!

 

アンダーアーマー

アンダーアーマーさんのエルボーガード。

メカメカしいデザインがかっこよく、表面のカーボン調が渋いです。

こちらも日本未発売の海外製品なんで、お早めに!

 

まとめ

軟式野球でもエルボーガードを付ける時代がやってきました。

M球に変わりボールが硬くなりましたので、ケガや恐怖心を予防するためには付けていて間違いはないでしょう。

おすすめのものを紹介してきましたが、ぼく的にはコンパクトタイプのものが脱着しやすくデザインもオシャレなんでおすすめです。

エボシールドが狙い目かと思います。

良かったら是非!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました