【Cフラップ】MLB、NPBで流行のCフラップというフェイスガードについて調べてみた!

野球道具

この頃強打者の間で流行りだしているのがCフラップというフェイスガードです。

ヘルメットの端からニュッと伸びているあれですね。

MLBや日本のプロ野球の選手でも装着してる人がたくさんいます。

あれがついているだけで、なんかかっこいいし打ちそうな雰囲気出ますよね♪

Cフラップとは?

Cフラップはヘルメットのミッキーマウス(耳当て)に付けるフェイスガードです。

顔面へのデッドボールを防ぐためのプロテクターです。

顔面にデッドボール喰らったら本当に大惨事になります。

そういった大けがを防ぐための防具です。

よく怪我をした選手が復帰する時にフェイスガードを装着している時がありますけど、ここ数年前からはそういうの関係なく流行でフェイスガードを付けている選手もいます

東京ヤクルトスワローズのバレンティン選手や広島カープの鈴木誠也選手、オリックスバファローズの吉田選手丸選手ソフトバンクホークスの柳田選手、中村選手、今宮選手、川島選手等もCフラップ付きのヘルメットを装着しているみたいですね。

インコースの厳しいところを責められるのは強打者の証でもありますし、しっかりケアしとくのはいいことですね!

まあ正直安全面もそうですが、付けているだけで非常にかっこいいですよね!!

軟式野球には必要??

硬球が140キロなんかで顔に当たったら大惨事になりますが、軟式だったら大丈夫だろうと思っている方、そんなことないですよ!

今年からM球に変わりボールの硬度も増しています

デッドボールが当たると普通にアザできますもんね。

そもそも顔の部位は特にそんなに頑丈にできていません。

目、鼻、歯等は軟式でもデッドボールで簡単に骨折したりします

よけ方が上手い人はそこまで心配することありませんが、怪我の予防はするにこしたことありませんからね!(ぼくはエルボーガードもしています。)

決して意味のないものではありませんね。

【エルボーガード】軟式でも必要!?おすすめ肘当て
軟球がM球に変わり約一年が過ぎました。 打ち方守り方等色んな考察がある中で、単純にボールが硬くなりケガの心配も出てくるでしょう。 M球のデッドボール結構痛いです。 当たり所悪ければ普通にケガしますので、ケガ予防のエルボーガードをしている方がいいかと思います。
【激痛!!】M球初デットボール! デットボールのよけ方は?
M球での初試合。豪快にデッドボールを食らい、紫のアザをこしらえてやりました。M球で軟式野球が変わりそうですね。今日の試合からM球での印象を書いていきます。

どうやって購入する?つけ方は??

現状では基本的に海外製のものが中心みたいですね。

輸入物になりますので少し割高になりますが、安全のためにはしかたないところです。

装着の方法はヘルメットのミッキーマウス(耳当て)に穴を開けて、ビスで固定する方法です。

しっかりと固定していないと意味がないですもんね。

作業自体は難しいものではなく、15~20分くらいあればすぐできるかと思います。

購入する際は右打者用、左打者用と色を間違いないように選んでくださいね!

まとめ

ヘルメットのミッキーマウス(耳当て)に装着するフェイスガードのCフラップの紹介です。

顔面へのデッドボールは目、鼻、口等に大きなダメージを与えますので怪我の予防としてフェイスガードをしていれば安心でしょう。

軟式球と言えどもM球は結構硬いので普通に大けがになります

海外製品なんで少し高いですが、ビスでしっかり固定できますので、安全面はバッチリです!

なによりアメフトみたいでかっこいいですよねw

気になる方は是非つけてみて下さい♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました