【緊張しない方法】打席で緊張せずに集中するには?

野球って他のスポーツと比べて視線が集中する為緊張する場面が多いかと思います。

特に投手と打者は長時間視線を集め一対一の勝負をすることになりますので緊張することも多いでしょう。

緊張してしまってパフォーマンスが出せない人もいるかと思いますので、ぼくなりの緊張のほぐし方、緊張しない方法を紹介します。

スポンサーリンク

緊張するとどうなるか?

精神的に張り詰めた状態になります。

心拍数が上がり、足や手が震えたりします。

気持ちがいっぱいいっぱいになり、頭が真っ白になるといった状態になります。

この状態では普段のパフォーマンスが発揮できず、いい結果が出ません

しかし緊張しなさすぎるのも逆効果です。

集中力や気持ちが高ぶらずやはりいいパフォーマンスは出ません。

緊張しすぎず、緩めすぎずという状態がもっともいいパフォーマンスができる状態です。

ゾーンもこの状態になります。

できるだけこの程よい緊張感を持続できるようにコントロールできればいいパフォーマンスをし続ける事ができます。

ゾーンについてはこちら

なぜ緊張するのか??

スポーツにおいては緊張はつきものです。

他にも面接や、試験、告白する時など緊張しドキドキしてしまう場面は多くあります。

この時の心理状態はどういったものでしょうか?

多くの場合は一度きりのチャンス、失敗が許されない場面等で緊張すると思います。

そこで失敗は許されない。絶対に成功させないといけない。と思うでしょう。

つまり自分自身に結果を求めすぎて、精神的に追い込んでしまっている状態です。

この精神状態が緊張を生み出してしまいます。

誰でも緊張はするもの

人間誰でも緊張します。

自分だけではありません。

緊張の度合いは慣れや経験によってある程度は抑えることはできます。

場数を踏むことが緊張しなくなるためには一番いい薬かと思います。

しかし、ネクストバッターズサークルでドキドキが抑えられず、落ち着かない気持ちを抑えたいもの。

自分の気持ちを、自分の精神状態を抑えることができればある程度緊張は抑えることができますのでぼくなりの緊張しない方法を紹介します。

結果を求めすぎないこと

緊迫した場面に限らず、試合に出るだけで緊張する人もいます。

きっと

活躍してレギュラーを取るぞ!

とか、

絶対に勝ちたい!

と思ってしまうことで自分を追い込み緊張しているのだと思います。

ぼく自身もレギュラーになれるかなれないかと言う時はすごく緊張してしまい、なかなか結果は出ませんでした。

思考の転換ではないですが、活躍する⇒足を引っ張らないと思うようにしてから緊張しなくなりました。

打席ではヒットを打つではなく、三振しない、強いゴロを打つと思うようになり、

守備ではファインプレーをするではなく、エラーをしないと思うようになりました。

走塁にいたっては、牽制アウトにさえならなければOKと思っていましたw

このように自分の中のハードルを下げてあげることで自分を追い込むことは無くなり精神的に楽になることで緊張をしなくなりました。

慣れてくれば徐々にハードルを上げればいいだけのことです。

『今緊張しています!』と公言する

自分一人で抱え込んでしまうことで緊張状態はより悪化します。

完璧を求めすぎず、弱い自分をさらけ出してみて下さい。

ベンチに向かって恥ずかしがらずに緊張していることを公言しましょう。

チームメイトは笑っていじってくれますし、それで緊張がほぐれることもあります。

『ちょっと緊張しちゃっているから、足震えすぎて三振したらごめん!』

と冗談を交えて言ってみましょう。

スポンサーリンク

ルーティンを行う

精神状態を安定させるためにルーティンは有効です。

気持ちを入り込んでいかせるものがルーティンです。

徐々に集中力を高めていければ緊張していたことも忘れてしまいます

そうなればこっちのものです。

しかし定着するためにはルーティンに慣れるための時間も必要になってきます。

普段からルーティンをしていればいいんですが、していない人は簡単なものでいいので取り入れてみてはどうでしょうか?

ルーティンについてはこちら

まとめ

スポーツにおいて緊張はつきものですが、緊張しすぎても緊張しなさ過ぎてもいいパフォーマンスはできません

適度に緊張することで一番いいパフォーマンスができる状態に持っていけます。

自分に結果を求めすぎたり、精神的に追い込んでしまうことで緊張状態になってしまいますので、自分の中のハードルを下げたり、落ち着く動作を行うことで元の精神状態に戻すことができます。

是非試してみて下さい!

スポンサーリンク