バッティングnote

全てを詰め込んだnoteです!

詳細はこちら

【コントロールアップ】トップの位置を固定すればコントロールが良くなる??

この記事は約6分で読めます。
この記事を書いた人

草野球人まこと兄やんです。 @makoto_bb721
色んな野球人のヒントになるようなことを発信できたらと思います。
子供からおじさんまで野球好きの人はよろしくお願いします!

makotoをフォローする

野球ってすごく繊細なコントロールが要求されるスポーツです。

18.44m先の小さなストライクゾーンに投球したり、小さくて速いボールを棒状のバットで打つわけです。

打つのも投げるのもコントロールが必要です。

そのコントロールを安定させるにはトップの位置を固定してあげることが重要になってきます。

野球はコントロールが命!

野球少年

なかなか思った所に投げれなかったり、上手に打てなかったり…

野球って難しいね!

まこと兄やん

確かに、野球は本当に繊細なスポーツだと思うよ!

野球少年

どうすれば思った通りにプレーすることができるの?

 

野球ってコントロールのスポーツです。

針の穴を通すピッチャーのコントロールも、どんな変化球でも捉えられるバッターのバットコントロールもどちらも非常に繊細なコントロールが要求されます。

 

野球が上手くなりたければコントロールを良くするのが近道です。

どれだけ速い球を投げれてもストライクゾーンに入らなければ意味がない。

どれだけ速いスイングができてもボールに当たらなければ意味がないのです。

 

しかし、なかなかコントロールを上げるのは難しいです。

ではコントロールが悪い人はどういった原因があるのでしょうか

 

コントロールが悪い原因はフォームにある

コントロールが悪い原因は色々ありますが、その多くがフォームに関係してます

特に多いのがフォームがバラバラという理由です。

 

投げる度にちょっとずつ違うフォームで投げたり、スイングする度にちょっとずつ違うフォームでスイングをすると、コントロールが悪くなります。

もちろん、重心や体重移動、バランス等言い出せばきりがないですが、対処法としてわりかし簡単にできるのが、トップの位置をしっかり固定して上げる事です。

 

これだけでコントロールが劇的に良くなるケースもあります。

 

野球少年

なるほどね、確かにフォームが毎回違うかもしれない!

 

【パワーポジション】イップスや送球難、肘肩の痛みに悩む人はトップの位置がおかしい??
スローイングにおいてトップの位置をしっかり取るというのは非常に重要な動作です。 しかしこのトップの位置は人それぞれ違います。 自分に合ったパワーポジションでなければ投げた時にしっくり来なかったり、肩や肘を痛めてしまう可能性があり...

 

トップを固定するとコントロールが良くなる

投球動作もバットスイングも軌道があります。

腕の軌道、バットの軌道ですね。

これがバラバラだとコントロールは悪くなるのは当然です。

 

同じ軌道で動くことができれば常に同じ動作ができ、コントロールが安定します

 

しかし人間は機械ではないので簡単に同じ動きをすることはできません。

微妙に体重のかけ方や力の入れ具合が変わります。

 

そこで、それらを無理やり?同じ動きに近づけるにはどうしたらいいのか。

 

それはトップの位置を固定する方法です

 

トップとはパワーを生み出すための助走させる位置のようなものです。

投げるにも打つにもパワーが必要なんで、そのパワーを作るための動作が必要になります。

弓矢を引いたり、ゴムをグッと引っ張るイメージです。

引っ張るって溜まったパワーを開放する。

そんなスタートになるポジションがトップというわけです。

 

この位置が安定していないと、そこからリリースやインパクトまでの距離が変わります。

すると動作におけるタイミングも微妙に変わります。

繊細なコントロールが要求される野球ではこの少しのズレが大きな誤差となります。

ストライクがボールになり、ヒットがファールになる。

 

投げる動作を見てみてもこのトップは必ず通過するポイントです。

例えばこれが投げるたびに毎回違う位置だったとしたら…

腕は全然違う振られ方をしますね。

 

バッティングで言うとこの位置。

これも同じく違う位置でトップを作ると…

やはりバットの軌道は変わります。

 

基本的に必ずどの動作もこのトップを作るので、この位置を固定してあげると軌道が安定しやすくなります

いつも必ず同じトップのポジションを通過することで、同じ動作ができるようになり、コントロールが安定する。

こういう仕組みです。

 

【送球の安定】内野手のスローイングは体幹を固めてコンパクトに!
内野手のスローイングを安定させるには何が重要でしょうか? ぼくが思うに無駄な動きを省くことかと思います。 特に強い送球を意識しすぎて体が色んな方向を向く人は送球が安定しにくいです。 できるだけ体幹を安定させて投げると素早く...

 

トップを固定する練習方法

同じように動いているつもりでも誤差が出てしまうのは人間なんでしかたありません。

特に一連の動作の中で全く同じ動きをするのはとても難しいです。

 

体でトップの位置をしっかり覚えましょう。

そのための練習方法としておすすめなのが、トップを先に作ってしまってから動作に入る練習です。

要は一連の流れの途中からスタートして軌道の確認をする練習です。

 

しっくりするトップの位置を決めてそこから投げる、打つの動作を体で覚えるんですね。

これだけでもトップが固まってきますので、結果コントロールが安定していきます。

 

徐々にトップを作る前の動作も加えて行き、最終的に一連の動作としてインプットしていきます。

 

【割れを作る】パワーを生み出す秘訣。割れを作って強い打球を!
今日は打撃編構え編に引き続き『割れ』編です。 割れってなんぞや?という方も多いかと思います。 違う言い方で『ひねり』とか『トップを作る』とかも言います。 飛距離を出すためには必要不可欠な要素になります。

 

まとめ

野球において投げるにも打つにも細かいコントロールが要求されますが、トップの位置を固定するとコントロールが安定しやすくなります

 

トップとはパワーを爆発するための予備動作のようなもので、体を捻ったりする動作です。

 

このポジションが不安定だとそこからリリース、インパクトまでの距離が変わり、微妙なタイミングの誤差が生じ、結果コントロールのズレになってしまいます

 

トップを固定してあげることでトップ以降の軌道が安定し、コントロールが良くなります

常に同じ動作をするのが理想的ですが、人間は機械ではないので難しいですので、トップ以降の動作だけでも安定させることでコントロールは格段に上がります。

 

おすすめの練習方法はしっくりくるトップを決めてそこから動作をスタートし、徐々に一連の動作に落とし込む練習方法です。

 

よかったら試してみてください!

 

【送球難】送球が逸れる原因は?簡単にできる対策方法
草野球によくあるのが送球エラーですね。 毎日練習している球児でも送球エラーをするので週に1回しか野球しない草野球人がするのはある意味当然のことです。 ではなぜ送球ミスをするのか?対策方法とは?について考察していきたいと思います。...
【エースの条件】ピッチングで最も重要なことは?
甲子園も始まりました。 高校野球が盛り上がっている中、やはり野球における投手の役割は大きなと感じています。 野球はピッチャーという言葉もあります通りピッチャーが良いチームは間違いなく強い。 逆に強いチームの条件は投手陣が良...

YOUTUBE・Twitter登録よろしくお願いします



その他
makotoをフォローする
まこと兄やんの野球通信

コメント

タイトルとURLをコピーしました