バッティングnote

全てを詰め込んだnoteです!

詳細はこちら

【小さいグローブのメリット】少年用グローブを使うのもアリ?大人用との違いは?

この記事は約5分で読めます。
この記事を書いた人
makoto

草野球人まこと兄やんです。 @makoto_bb721
色んな野球人のヒントになるようなことを発信できたらと思います。
子供からおじさんまで野球好きの人はよろしくお願いします!

makotoをフォローする

手の小さな大人は少年用グローブを使うのもアリです。

そもそも大人用と少年用は何が違うのでしょうか?

意外と少年用のグローブを使うメリットってあるんですよね。

少年用のグローブと大人用のグローブの違い

少年用グローブは一般的に小学生に向けて作られたグローブです。

小学生でも高学年や体が大きな選手は大人用のグローブを使う人もいます。

 

では少年用のグローブと大人用のグローブはいったい何が違うのでしょうか?

 

【グローブの選び方】子供のグローブってどう選ぶの?
少年野球を始めた時って新しいグローブを買ってもらうとすごく嬉しいものです。 ぼくも始めて買ってもらったグローブは相当嬉しかったらしく、ずっとはめていました。 子供の内ってグローブなんか何でもいいと思いがちですが、子供のグローブっ...

 

素材が違う

まずは素材です。

大人用のグローブに比べて少年用のグローブはあまりいい素材が使われていないイメージが強いかと思います。

小学生は体が大きくなるのが早く、使用する時期が短いのでできるだけ値段を抑えるというのも一つの理由ですね。

あとは大人に比べて革の良し悪しに拘る選手が少ないです。

 

とは言え少年用でもハイグレードなものは大人用に引けを取らないいい仕上がりのものもあり、一概に少年用=チープというわけでもありません。

 

見極めるポイントとしてはヘリ革を見たらだいたいわかります。

人工皮革のものは長持ちしにくいでしょうね。

 

当然革質にこだわった良いグローブには比較にはなりませんが、それでも十分使えるかと思います。

 

【グローブのカスタマイズ】オーダーする人必見!各名称とおすすめ
グローブをオーダーしようとしている人、あまり詳しくない人はオーダー表なんか見ると何が何だかわからくなりますよね。 そんな人のためにグローブの各名称と、おすすめのカスタマイズを紹介します!

 

大きさが違う

少年野球はボールの大きさが違います。

今はJ球が使用されていますが、大人用のM球に比べるとひと回り小さいです。

よって内野手用も外野手用も、全てのポジションのグローブの大きさがひと回り小さく作られています

ポケットもやや浅めのものが多いですね。

大人用の深いポケットでは握り変えができないので、その辺の配慮もあるんですね。

 

さらに手入れ部のサイズが小さいです。

小学生の手は小さいので当然ですね。

 

価格が安い

少年用グローブは価格が安いです。

大人用のものに比べるとだいぶ違います。

 

材料費等考えるとまぁ当たり前ですね。

下限を見れば際限無く安いものがあります。

まぁそういったグローブは初心者向けのチープなものになってしまいますが。

 

少年用のハイグレードなものでも一般的なものより安く買えたりします。

 

【ミズノ】ダイアモンドアビリティーレビュー・湯もみ型付け
ミズノさんのダイアモンドアビリティーというグローブのレビューをしたいと思います。 仲良くさせてもらっている先輩の息子さんが新しいグローブを買ったということなんで湯もみ型付けと共に依頼されました。 子どもさんに新しいグローブを検討...

 

これまで当サイトで紹介してきた少年用のグローブです。

ミズノさんのダイアモンドアビリティー

ナイキさんのVAPOR

ミズノさんのグローバルエリート

どれも結構良い感じのグローブで、大人が使うとしても十分かと思います。

 

 

少年用グローブを使うメリット

大人が少年用グローブを使うメリットってなんなんでしょうか?

知り合いであえて少年用を使っている選手がおり、その理由について話してみました。

 

手が小さいと小さいグローブが合う

大人でも手が小さい人はグローブによっては中で遊びができてしまい操作しにくいという人がいます。

ベルトをしめてもしっくりこないらしいんですよね。

守備用手袋をつけることで大きさをかさ増ししたりして対応します。

そういう人は意外と少年用でしっくりくるかもしれません。

 

そしてサイズはグラブの大きさもです。

内野手で、小さくて浅いグローブが好きな人いますよね。

まさに少年用は小さくて浅いんです。

こういうグラブが好きな人にはちょうどいい大きさなのかもしれません。

 

練習用として、使う人もいます。

ぼくは昔使ってた少年用グローブを練習用として使用していたこともありますが、何の不自由もなく使えました。

全体的に小さくて浅いので球出しが良く、握り変えの練習をするにはちょうどいいです。

あえて手を浅めに入れて使用していました。

市販の守備練習用グローブを買うのもいいですが、少年用のグローブという選択肢もありですよ。

 

【isono】老舗野球用品メーカーイソノのグローブの評判は?
野球用品のメーカーでイソノというメーカーさんを知っていますか? グローブ、バットだけでなく、スパイク等一通りアイテムの揃った老舗の野球用品メーカーです。 知名度はそこまで高くないかもしれませんが、その品質はどうなんでしょう? ...

 

値段が安い

やはり大人用に比べると安いです。

オーダーでもそこそこで作れます。

これで作った小さめのグローブを練習用雨の日用のセカンドグローブとして使用するのもありですね。

守備練習用グローブに比べるとカラーもデザインも自由度が高いです。

下手にそういったものを買うよりお得じゃないですか?

 

少年用を使用する注意点

少年用グローブを大人が使うに当たって1番注意しないといけないのなやはり大きさですね。

外の大きさではなく内側の大きさです。

手が入らないでは意味がありませんからね。

 

ベルト緩めるのも視野に入れつついったいどのくらいの大きさでちょうどいいのかはある程度測っておくほうがいいかもしれませんね。

ただベルトを緩めるにはある程度幅を効かせれますが、指の大きさは変えれませんので要注意です。

手さえ入るのであればあとはなんとかなるので、好きなやつを使って大丈夫です。

 

【型付け】捕りやすい外野手用グローブの型付け方法とは?
外野手用のグローブって、どう型付けますか? これまで多くの外野手用グローブを見てきましたが、上手な外野手のグローブはだいたい同じ様な型をしています。 外野手に適した型とはどういったものなんでしょうか?

 

まとめ

大人が少年用のグローブを使うメリットについてです。

少年用のグローブは大人用のものに比べると小さく浅く作られています。

手の小さい大人や小さくて浅いグローブが好みの人は少年用グローブを使用するのもありですね。

 

また、安いので雨の日用トレーニング用としてセカンドグローブ的な感じで持っておくのもいいです。

 

注意点は手入れ部の大きさを確認することです。

ベルトはある程度緩めることができますが、指の大きさはなかなか変えることができませんのでその辺のサイズ館は測っておいたほうがいいですね。

 

気になった方は一度探してみてはどうでしょうか?

 

【グローブ比較】どのグローブがおすすめ?各メーカーの特徴まとめ!
様々なメーカーさんのグローブがありますが、それぞれ特徴があってそれぞれいいですね。 どれを買おうか迷っている人はぼくの個人的な意見ではありますが、情報をまとめますので参考にしていただけたらと思います。 というわけでおすすめのグロ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました