【野球肩】肩の痛みを改善する2つの方法とは?

ピッチング

野球していると肩の痛みに悩まされることがあります。

特に草野球プレイヤーや高校球児なんかは野球肩(投球肩)で野球を辞めてしまう人だっています。

しかしこの野球肩は治ります。諦めるのはまだ早いですよ。

野球肩の原因と治療方法について紹介します。

スポンサーリンク

野球肩とは?

野球肩(投球肩)は野球のスローイング動作で肩の筋肉や関節唇、腱板等に炎症や断裂が起こる症状のことをいいます。

野球肩になると投球する度に肩が痛みボールが投げられなくなり、しまいには野球が楽しくなくなったりやめてしまう原因になります。

しかし野球肩は治ります。(全てではありませんが)

原因と対策をすればほとんどの人が回復します。

 

ぼくも以前は野球肩(ルーズショルダー)の重度なもので、少し力を入れると亜脱臼のように肩が外れて激痛が走り、セカンドからファーストまで山なりで投げるのがやっとでした。

しかし治療の末今では思いっ切り投げれるようになったどころか、肩を痛める前より強い球を投げれるようになりました。

肩が痛くて悩んでいる人に、諦めずにまた思いっ切りボールを投げれる楽しさを感じて欲しいと思います。

 

野球肩の原因

野球肩になる原因は主に2つあります。

1つ目はインナーマッスルの損傷です。

このインナーマッスルとは肩の深部にある小さな筋肉で、肩の動作のバランスを取ったり細かい動きの調整をしている部位です。

若い内は大丈夫でも、草野球をする年齢になると毎日運動するわけでもありませんし筋肉は弱くなっていきます。

しかし若い頃のような感覚で思いっ切り投げたり、球数を気にせず投げたりするとこのインナーマッスルが損傷してしまいます。

インナーマッスルが痛みだすとまともに投げることはできなくなります。

場合によっては部分断裂や完全断裂になってしまうこともあり、完全断裂の場合は手術するしか投げることはできません。

そうなる前に対策をしましょう。

 

そしてもう1つは外的要因です。

例えば転倒をしただとか、変な風に捻った、交通事故にあった等肩へ衝撃を受けることで骨折をしたり、筋肉や腱板を損傷するケースです。

この場合はすぐに医者に観てもらい、精密検査をしてください

素人が治せるものではありません。

スポンサーリンク

野球肩の治し方

肩が痛いと整形外科等に行っても、よっぽどのことでない限り同じことを言われるかと思います。

治療法は2つしかありません。

インナーマッスルの強化フォーム改善の2つ。

確かに普通に考えればこの2つか手術以外には治せる方法がないんです。

完全断裂していた場合は手術しかありませんが、軽い部分断裂や損傷ですとインナーマッスルの強化を勧められます。

 

それでは一つずつ見ていきましょう。

 

インナーマッスルの強化

野球肩も色々ありますけど、結局のところは肩の筋肉が付いて行けず、傷んでいることが原因です。

肩周りの筋肉を強化すれば痛みは無くなっていきます

インナーマッスルの強化は普通の筋トレではできません。

キーになってくるのは負荷の重さです。

負荷をかけ過ぎるとアウターマッスルに刺激が行きますので、インナーマッスルは強化されません。

非常に弱い負荷をかけることでインナーマッスルに刺激が伝わります。

肩を固定し、ゴムチューブやペットボトル、うちわ等で前腕を旋回することでインナーマッスルを強化することができます。

たったこれだけです。

これをできるだけ毎日、ゆっくーりしてください。

ぼくはそれだけしかしてませんが、野球肩治りました。

 

【肩の痛み】インナーマッスルを鍛えて痛み解消!
肩痛めたら野球楽しくなくなりますよね。肩を痛めた場合インナーマッスルを鍛えたら回復してまた投げれるようになるかもしれません。僕の体験談とともに紹介していきます。

 

投球フォームの改善

どれだけインナーマッスルを強化しても投球フォームに問題があればまたすぐに痛くなります

投げ過ぎが原因ではないのであれば投球フォームの改善は必須かと思います。

まず気にして欲しいのがゼロポジションです。

ゼロポジションとは最も肩に負担がかからず、かつ一番力の入る角度のことです。

このゼロポジションを投球動作の中で通過していないのであれば肩を痛めるのは当然のことです。

鏡で自分の投球フォームを見てください。リリース付近でこのゼロポジションを通過してますか?

 

リリースの瞬間腕がゼロポジションより下がっている人はその前のトップを作る段階で肘を上げるようにして下さい。

それだけでリリースポイントは上がります。

 

【ゼロポジション】肩に負担が掛からず最大限に力が発揮できる角度
野球選手は投手も野手も必ずスローイングという動作をすることになります。 投げ方が間違っていると肩が痛くなったり、投球、送球に力が入らなかったりしてしまいます。 それらの原因に肩がゼロポジションに入っていないというのが挙げられ、肩の負担や強いスローイングには必要な要素になってきます。

 

そしてもう1つはアーム式の投げ方になっていないか?ということを見てください。

アーム式の投げ方というのはバッティングセンターのマシンのように、肩を中心に大きな円を描くような軌道でスローイングをするフォームのことです。

この投げ方は肩に大きな負担がかかります。

スローイングの基本は前腕の内旋、外旋を利用しトップからアームスイングまではコンパクトに行うことです。

そうすることで肩への負担はなくなりますし、球速も速く力強いボールが投げれるようになります。

 

【球速アップ】前腕の内旋・外旋を利用してパワーを生む方法
勢いのある球を投げるにはコツがいります。ただ闇雲に力を入れて投げるのではなく腕の使い方、メカニック的なものを変えれば球質を大きく変えることができます。球速アップだけでなく、肩や肘の痛みも和らげることができます。

 

色々言いましたが、一番簡単なのは自分の投球フォームを動画で録り、プロ野球選手等キレイなフォームの動画と見比べて近付けてみるといいでしょう。

 

まとめ

野球肩は野球の投球動作によって肩が痛くなる症状です。

原因は肩の筋肉や腱板等の組織が傷んでいることです。

軽い炎症や損傷ならいいですが部分断裂や完全断裂だと手術が必要になります。

早期に対策をしましょう。

 

対策はインナーマッスルの強化フォームの改善です。

この2つを行えばだいたいの野球肩は改善できます。

 

しかし、すぐに治るものではありません。

毎日インナーマッスルを鍛えても、期間は3ヶ月〜半年は少なく見積もっても考えて下さい。

 

でもこれだけすればまた思いっ切り投げれる、野球が楽しめると思うと簡単ですよね!

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました