YouTube

チャンネル登録お願いします!

視聴する

【カウンタースイング】正しい振り方が身に付く理論とは?コツや評判も

TRAINING
この記事は約9分で読めます。
この記事を書いた人
makoto

草野球人まこと兄やんです。 @makoto_bb721
色んな野球人のヒントになるようなことを発信できたらと思います。
子供からおじさんまで野球好きの人はよろしくお願いします!

makotoをフォローする

カウンタースイング流行りましたね。

まだ使っていない人は是非触ってみると面白いですよ。

これまでのスイングの価値観が変わる何かに出会えるかもしれません。

カウンタースイングの秘密について迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

カウンタースイングとは?

やっとカウンタースイングについての記事を書きます。

まこと兄やん
まこと兄やん

かなり前にカウンタースイングの記事を書いてほしいというリクエストがあったにもかかわらずなかなか書けなくてすいませんでした。

さてカウンタースイング(通称カチカチバット)とは何ぞや?という話なんですが、簡単に言うと野球ギアです。

正しいスイングができるようになるという素振り用の強制トレーニングバットのようなイメージです。

 

2017年の甲子園でホームランを打ちまくった元広島広陵高校の中村奨成選手(現広島カープ)がこのカウンタースイングを愛用していたことで話題になりました。

プロ野球選手でも丸選手鈴木誠也選手が使用しているというお話もあります。

 

これがYouTubeでも話題になり、クーニンさんがクーニンTVで紹介してから一気に火が付いたという感じでしょうか。

一時は注文殺到し、在庫がないような状態も続きました。

中学生がスイング激変でHR量産!史上最高の野球ギア・カウンタースイングの全て

さてカウンタースイングはこのように中心部が細く、可動式の二つのパーツが移動するような構造です。

二本ありますがどちらもカウンタースイングです。

カウンタースイングの効果

カウンタースイングを正しく振ると二個の可動体がカチと一回鳴ります

正しく振らないとカチカチと二回鳴ります

 

これはスイングをする時の割れの段階でしっかりトップが残っているかで結果が変わります。

 

トップが残らず体の回転と同じようにバットがついていくドアスイングだと、可動体は遠心力により別々のタイミングで外に引っ張られますのでカチカチと二回音が鳴ります。

逆にしっかりトップが残り、下半身の捻転差(捻り)を上手く連動できていると可動体は同時に外側に一気に移動しますのでカチと一回だけ鳴ります。

これによりしっかりトップが残せて下半身の力を使えるパワーロスの少ないスイングを身に付けることができます。

タメがしっかりあって、下半身始動で体に巻き付くスイングは好打者のスイングとも言えます。

 

カウンタースイングはトップを残し下半身の捻転差を利用したスイングを習得できる!

 

カウンタースイングの振り方のコツ

カウンタースイングを上手く鳴らすためにはまずゆっくり振ることです。

スロースイングで動作を意識しながらスイングします。

 

スイングの後ろを大きく取り上半身を残してスイングをしていきます。

この辺りでカチとなるかと思います。

 

この時最短距離のダウンスイングをするとどうしてもバットと体は同じようについて行ってしまうのでこの辺りで二回カチカチと音が鳴ってしまいます。

上手くバットからグリップを引き抜くような感覚をつかめれば上手にスイングすることができるかと思います。

『圧倒的な飛距離を手に入れろ!』カウンタースイング公認のミノルマンが教える、ネジリが生まれる練習法〜カウンタースイングの秘訣!ミノルマン流バッティング

フライボール革命に取り組んでいる人なんかは上手に鳴らせる人が多いかもしれませんね。

 

【最短距離に潜む罠?】飛距離を出すにはバットを背中から出す?

【トップハンドトルク】MLBでは常識?日本人に少ないスイングでホームラン量産?

【簡単にインサイドアウトができる裏技?】ドアスイングの原因はトップの位置にあった??

 

カウンタースイングのデメリット?禁止のチームも

カウンタースイングは昔ながらのダウンスイングでは上手く音を鳴らせません。

チームによっては監督の指導方針で最短距離のダウンスイングを推しているチームもまだ多いかと思います。

そういったチームではアッパースイング=悪、後ろ小さく前大きくというような考え方が常識となっており、カウンタースイングでのスイングはダメ!と言われてしまう可能性があります。

 

実際カウンタースイングが禁止となっているチームもあるそうです。

 

バッティングに正解はないのでどっちが正しいわけではないんですが、そういった環境だとせっかくのカウンタースイングは活かしづらいかもしれませんね。

 

中村紀洋さんもカウンタースイングは自身の理論とはかけ離れているので合わないようなことは言っておられます。

 

カウンタースイングのためのスイングはNG

いくら正しいスイングが身に付くとは言え、それだけを目的にスイングすると実戦では打てないスイングになってしまいます。

大切なのは練習で意識付けをし、無意識で再現できること

そして自分のスイングに落とし込むことです。

カウンタースイングで重要なのはトップの作り方、そして振り出しにかけてのフェーズです。

ここの意識はしっかり持ち練習することは大切ですが、カウンタースイングを鳴らすためのスイングにしないことです。

これだと多分打てません。

 

カウンタースイングを鳴らすだけのスイングにはしないように!

 

アシックスのカウンタースイング 違いは?

アシックスさんからもカウンタースイング出ています

ぱっと見木目調のオリジナルのカウンタースイングと比べると黒や白といった色が入っており、違う用途のトレーニングバットに見えますが、根本的な使い方等は同じです。

 

長さや重さ、スライド幅が違いますので振りやすい振りにくいとかはあるかもしれません。

オリジナルの方が難易度は高いと聞きましたが、振った感じそこまで明らかな違いは感じませんでしたし効果は同じなのかなという印象です。

限定カラーはこちら

ジュニア用(少年野球用)はこちら

 

カウンタースイングの口コミ・評判

それではカウンタースイングの口コミや評判について見ていきましょう。

賛否両論ですね。

合う人、正しく使えている人にとってはすごくいいものですが、監督の理解が得られなかったり鳴らすためのスイングになってしまっている人は少なからずいますね。

 

情報の取捨選択、合うもの合わないものの選択、判断は自分次第です。

 

とは言え一度試してみるといいと思いますよ!

ぼくは正直に良いものだと思ったので紹介させてもらいました。

 

まとめ

中村奨成選手が使用していたということで話題になったトレーニングバット、カウンタースイングについてです。

カウンタースイングは二つの可動体を上手に鳴らすことで正しいスイングができているかチェックできるギアです。

トップを作り、上手に捻転差を利用したスイングができればカチと一回だけ鳴り、ドアスイングだとカチカチと二回鳴ります。

 

確かに非常に面白いトレーニングバットですが、これを鳴らすのが目的になってしまうと本末転倒です。

しっかり自分のスイングに落とし込めるよう練習することが大事になってきます。

 

しかし個人的にはすごくいいトレーニングバットだと思います。

根強い人気があるカウンタースイングで打撃革命を起こしてみるのも面白いんじゃないですか?

 

【Sudden Explosion】数分で正しいスイングが身に付く補正バット サドンエクスプロージョン

YOUTUBE・Twitter登録よろしくお願いします



TRAINING
makotoをフォローする
まこと兄やんの野球通信

コメント

タイトルとURLをコピーしました