【究極の一本】ルイスビルスラッガー カタリストプロモデル

最強の一本です!

何が最強かと言いますと、他のバットと形状が全く違います。

その辺りも含めて紹介したいコンポジットバットです!

スポンサーリンク

カタリストとは?

ソフトボールで一世を風靡したルイスビルスラッガーのバット、カタリスト。

軟球でも発売してイエローモンスターと言われる黄色いカタリストで人気に火が付きました。

もちろんM球も対応しています。

ビヨンドのようなウレタン素材でボールの変形を防ぐタイプではなく、硬さで反発力を出すタイプのコンポジットバットです。

チタンの芯にカーボンを巻き付け、強度最高のカチカチバットにすることで、しなりを最大限に抑えスイングのパワーを全てボールにぶつけます。

カタリストプロ

そんなカタリストの中でも異色の一本があります。

カタリストプロ!通称ブラックモンスター!

100%カーボン製の高反発バット。

プロモデルというだけあって木製バットのような形状です。
細いですね~!
根元に向かってかなり細くなっていってます。
他のバットと比べてもこの違い!
やばいです。
細いと何が良いか?
バットの空気抵抗が少なく、鋭いスイングができます。
もうめちゃくちゃ振りぬきやすい!
素振りした時の音が違います。風を切っているような音です。
ミスショットがファールになってくれる。
打ち損じのボテボテがファールになってくれるので打ち直すことができます。
空振りするほどではないですw
スペックは
・84cm680g
・86cm710g
の2本です。
86㎝という長いモデルがあります。
アディダスのロケットボールズは87㎝の長尺バットがありましたが、85㎝を越えるものは基本あまりありません。
ただ打撃部が細いため扱いはやや難しく、上級者向きのバットだと言えます。

打感は?扱いやすさは?

打感は最高の一言。

細い分スイングが速くなり、インパクトの感触がよく伝わってきます。

意外と柔らかい打感でボールにパワーが全て伝わっている感覚がありました。

打球速度はもう信じられないくらい速いです。

おそらくどのコンポジットバットより速いと感じました。

スポンサーリンク

グリップも細く握りやすく、重心もヘッドに近い位置にあるため、かなりのトップバランス、パワーヒッター向けのバットです。

細いのは良かれ悪かれです。好みということです。

好きな人は好きでしょうね。

鋭く振れる人には本当に最高の一本です。

僕は好きです!

マッドなブラックのボディも好みです。

ただあまりにも人気で品薄状態の為、ショップで新品にエンカウントできる確率は低いです。

スポンサーリンク

コメント

  1. ハマのジョニー より:

    いつも興味深い記事の更新、楽しく読まさせていただいております。

    M球対応バット、まだ購入できておらず迷っているところです。
    まこと兄やんのA社の販売員のように絶賛をしている記事を読んでからはロケットボールズ(白)が欲しくなっていましたが、まだ決めかねてます。
    兄やんが使用する機会がありましたら、ミズノのギガキングやSSKのハンターマックスのレビュー記事も上げて頂けたら嬉しいです。

    それにしてもバットの値段、高くなりましたねー。
    手軽に購入できる金額ではなくなってるので、余計決められなくなってます(> <;)

    • makoto より:

      いつもありがとうございます。
      A社の販売員ではありませんが、A社の野球ギアの好きさは販売員にも負けておりませんw
      ロケットボールズLSは間違いなくオススメですよ!これに変えてから打率かなり上がりました♪

      確かにバットの値段はどんどんと高くなっており、なかなか決めれませんよね!
      もちろんギガキングもハンターシリーズも使用したことあります!
      是非ともレビューさせていただきます!
      しばしお待ちを♪