ピッチング一覧

【対の関係】3Dに裏をかくリードの鉄則とは?

キャッチャーは打者ごとに特徴を考え打ち取れるようにピッチャーをリードします。 その配球の中で基本となる鉄則が対の関係になります。 逆に打者が配球を読むためにも必要になってくる知識です。

記事を読む

【パワーライン】4スタンス別のグローブの型、バットの握り

4スタンス理論はそれぞれの骨格や体形にはそれぞれ得意不得意な動作があり、それを理解することで自身のパフォーマンスを向上させるという理論です。 手の握り方にも特徴があり、力の入りやすい握り方パワーラインというものが存在します。 野球で言うとグローブの型やバットのグリップの握り方に違いがみられると思います。

記事を読む

【ゼロポジション】肩に負担が掛からず最大限に力が発揮できる角度

野球選手は投手も野手も必ずスローイングという動作をすることになります。 投げ方が間違っていると肩が痛くなったり、投球、送球に力が入らなかったりしてしまいます。 それらの原因に肩がゼロポジションに入っていないというのが挙げられ、肩の負担や強いスローイングには必要な要素になってきます。

記事を読む

【間合いの同調】相手のリズムに合わすこともずらす事もできる方法

野球というスポーツは相手のリズムに対して自分のリズムをどう合わせるかで結果は大きく変わります。 淡々とこなしていくだけでは間合いは簡単に合わせられます。 逆にこういった間合いは相手の呼吸を読むことで調整する事ができます。

記事を読む

【アウトロー】困った時の外角低め最強説は本当に正解??

配球、組み立てというのは難しいですね。良いキャッチャーは必ずいいリードをします。 レベルが上がるにつれ勝ち上がるには配球は必須です。 そんな中昔から言われているのが困った時はアウトローに投げるというセオリーです。 果たしてこのアウトローは有効なんでしょうか?

記事を読む

【おすすめ野球YouTuber】YouTubeで野球が上手くなる時代

野球YouTuberという言葉を知っていますか? YouTubeで色んな情報が簡単に手に入る時代になりました。 野球の技術や道具の紹介もYouTubeで簡単に知る事ができます。 ということでおすすめの野球YouTuberを紹介します!

記事を読む

【スーパークイック】クイックモーションの最高峰

盗塁する時に一番警戒するのはピッチャーからの牽制やクイックモーションです。 これが上手いピッチャーだと思い切ってスタートに踏み込めなくなります。 これまで塁に出たらガンガン盗塁をしていたぼくですがどうしてもスタートが切れないピッチャーがいました。そのピッチャーが使っていたスーパークイックモーションについて紹介します。

記事を読む

【チェンジアップ】緩急をつけるための変化球の握り・投げ方

バッティングで一番大事なのはタイミングを合わせることです。 逆に言うとピッチングで一番大事なのは打者のタイミングを外すことなのかもしれません。 そこでタイミングをずらす、緩急をつけるのにおすすめなのがチェンジアップという変化球です。

記事を読む

【ピッチャーグラブ】ルール改正で紐やヘリ革の色が自由に?

ピッチャーのグローブって単色で地味なイメージが強かったんですが、今年からルールが変わりカラーの規制が緩和されたの知っていますか? プロ野球の影響を受けて草野球界のピッチャーもおしゃれなグローブを使っている人が多くなりました。

記事を読む

【審判】クセのある審判の対処法とは?

草野球は審判のレベルが低いことが多く、誤審なんてしょっちゅうですw しかし野球では審判は神様とも言われていますので、逆らってもいいことはありませんしジャッジが覆ることは少ないです。 だからと言っていちいち怒っていては審判を敵に回してしまい不利になります。 どういう対処をするのがいいでしょうか?

記事を読む

1 2 3