【ウェブ】グラブオーダーする人は必見!ポジション別おすすめのグローブのウェブ

グローブ

グローブのウェブとは親指と人差し指の間の網の部分のパーツのことを言います。

何でもいいと思いきや、割とウェブの種類によっては意味があったりしますので慎重に選んだ方がいいかと思います。

と言うわけでポジション別のおすすめウェブの紹介です。

グローブのウェブとは?

野球のグローブには親指と人の間に網のようなパーツがあり、これをウェブと呼びます。

これがないとボールをキャッチできないので非常に重要なパーツです。

 

一口にウェブと言いましても、十字型のものや編み編みのもの、一枚革のもの等様々な形があり、それぞれに意味があります。

ポジション毎におすすめのウェブというものがありますので、紹介していきたいと思います。

 

ちなみにウェブの名称は各メーカー毎に違いますので今回はミズノさんの名称で合わせたいと思います。

 

ピッチャーにおすすめのウェブ

ピッチャー用のグローブは内野手より大きく、外野手より小さくできています。

ピッチャー返し等強烈な打球からバンド処理まで、強弱様々な打球を処理しないといけないのでハンドリングのいいグローブがおすすめです。

 

また、変化球の握り変え等が見えると球種がバレるのでウェブは隙間のないワンピース型のものやツーピース型のものが主流です。

タータンやバスケット等名称は様々ですが、打者から握りが見えなければOKです。

 

昨年からピッチャー用のグローブのルールが変わり、カラーリングの幅が広がりましたのでオシャレなグローブを作ってみてください!

 

【ピッチャーグラブ】ルール改正で紐やヘリ革の色が自由に?
ピッチャーのグローブって単色で地味なイメージが強かったんですが、今年からルールが変わりカラーの規制が緩和されたの知っていますか? プロ野球の影響を受けて草野球界のピッチャーもおしゃれなグローブを使っている人が多くなりました。

 

セカンド・ショートにおすすめのウェブ

セカンド・ショートは持ち替えの早さが要求される難しいポジションです。

しかしそこまで強烈な打球は飛んできませんので、軽量化されたウェブを使う人が多いですね。

H型のウェブやクロスウェブ、タータンショックがおすすめです。

最近ではヤクルトスワローズの山田選手が使用しているドナイヤさんのグローブで、H型のウェブを補強した型のウェブや、西武ライオンズの源田選手が使用しているZETTさんのグローブでタータンチェック型のウェブも流行っています。

基本的にここのポジションのグローブのウェブは自由が高く、何でもいいかと思います。

 

【当て捕り】当て捕りの方法とグローブの型付けについて
内野手の捕球技術として何度か紹介してきた当捕りに関してですが、中には当捕り否定派もいます。 まあ色んな技術があり、全てが万人の体に適しているというわけではないので当然でしょう。 ではそんな当捕りの注意すべき点や当て捕りに適したグローブの型付けについて自分なりの考えです。

 

サードにおすすめのウェブ

サードは他のポジションに比べると痛烈なライナーやゴロが多いので大きくて深めのグローブを使用します。

 

間の広いクロスウェブやH型のウェブ等は挟まりますので、あまりおすすめできません。

使用するなら紐をしっかり締めたほうがいいでしょう。

 

編み編みのショックアブソーバーや、タータンショックが耐久性も良くておすすめです。

外野手におすすめのウェブ

外野手は少しでも広く、球際に強く守りたいポジションですので、大きく深いグローブを使用します。

 

グローブが長い分指先まで力が伝わりやすく、先で引っかかってくれるウェブがいいので、操作性のいいショックアブソーバーか、クロスウェブがおすすめです。

外野手用のグローブは長いので合うウェブが少なく選択肢が少ないので、もっと色々選べたらいいですね。

 

人気のウェブは?

さて色んなウェブを紹介しましたが、人気の高いウェブを紹介します。

 

クロスウェブかショックアブソーバー

クロスウェブは真ん中に補強が入っているタイプですね。

 

この二つならピッチャー以外ならどのポジションでも合いますし、人気の高いウェブです。

迷ったらどちらかを選んでおけば問題ないんじゃないでしょうか。

 

オーダーグローブを作る際はウェブ交換や修理も視野に入れる?

オーダーグローブなんかを作る際は一つ気にした方がいいことがあります

それはウェブ交換も視野に入れて選ぶことです。

 

草野球は色んなポジションを守ることになるので、グローブを複数持ち歩く可能性があります。

できれば一個のグローブですませたいものです。

 

コンバートをしてウェブが合わないことや、単純にウェブに飽きて模様替え?をしたくなった時はウェブ交換をしましょう。

 

ウェブもオーダーできますので、カラー等もわりかし自由に作れたりします。

 

しかし注意しておかないといけないのが、ウェブを通す穴の数と位置です。

この穴の数や位置が合わないとウェブの交換ができない可能性があります

将来的にウェブを交換するならこれかなという第二候補まで考えてウェブを選んであげると後々後悔することもなくなるかもしれませんね。

 

まとめ

野球のグローブではウェブと呼ばれる親指と人差し指の間の網のようなパーツがあります。

様々な種類のウェブがありますが、デザインだけでなく、それぞれに特徴があったりしますので、ポジション毎におすすめのウェブがあったりします。

 

特にオーダーグローブを作る際等は自分が守るポジションを考えて自分に合ったウェブを選択して下さい。



グローブ
makotoをフォローする
まこと兄やんの野球通信

コメント

タイトルとURLをコピーしました