【新バット】バットを変えてヒットが打てなくなる原因は??

野球道具

新しいバットを買ってウキウキしながら野球の試合に行っても、全然打てなくなったという経験ありませんか?

これじゃあ前使ってたバットの方がマシだと戻したらまた打てなくなる…

でもこれ普通だと思うんです。

バットを変えて打てなくなるなるのには原因があります

スポンサーリンク

バットを変えると打てなくなる?

新しいバットを買ってもなかなか打てないことは多々あります。

初ヒットが出るまで長く感じますよね。

うちのチームでも最近美津和タイガーさんのバットを購入したのに、なかなかヒットが出なくて悩んでいる人がいます。

いいバットなんですけどね。

ではバットを変えたときに打てなくなるのはなんでなんでしょうか?

 

スイングの誤差が広がる

野球ってとてもシビアなスポーツです。

自分のミートポイント誤差数センチでボールを捉えないといけません。

ピッチャーの投球はコンマ数秒で到達します。

かなりシビアですよね。

 

自分が思い描いたスイングをしない限りはドンピシャでボールを打てません。

しかし人間はその日のコンディションや環境やメンタルなんかでスイングに誤差が生じます。

100回同じスイングはできません。

どんなにいいバッターでも3割しか打てないのも納得です。

 

しかし、そんなシビアな世界でバットが変わればどうなるでしょうか?

バットの長さが1センチ変わるだけで、重さが10グラム変わるだけで、ミドルバランスがトップバランスに変わるだけでスイングの誤差が広がります

この差が出るのは当然のことです。

 

プロ野球選手でもこの差を感じます。

イチロー選手なんかは自分の感覚が狂うのを避けるために他人のバットは絶対に触らないそうですし、プロに入ってからずーっとバットの形を変えていません。

それ程敏感な感覚なんでしょう。

 

体とバット(芯)との距離を覚える

打率を上げるにはミート力を上げなければなりません。

ミート力とはボールを確実に芯で捉える力です。

そのためには自分の体の位置とバットのスイングの軌道、インパクトの位置関係というのをしっかり把握していなければなりません。

このタイミングで振り始めればバットの芯はこの位置に来る。

という風に感覚的に理解していればミート力は上がります。

 

しかしバットを変えれば長さ、重さ、バランス等の違いがその位置関係に誤差が生じます

そんな少しのズレでもヒットが凡打になります。(さすがに空振りまではいきませんが)

美津和タイガーさんのJグリップなんて、これまで普通のグリップしか握ってなければそりゃ誤差は生じますよね。

しかし自分のものにさえすれば必ずプラスに働きます。

スポンサーリンク

アジャストするには?

ではその誤差をどう埋めればいいでしょうか?

プロ野球選手は毎日打ち込むのですぐにアジャストできるでしょう。

しかし草野球人はそうも行きません。

バッティングセンターに行っても、最近のバットはバッティングセンターで打たないで下さいなんて書いてますので打てないんですよ。

しかたなく試合だけその新しいバットを使うと打てない。

当然ですよね。

素振りでは細かいミートポイント等の微調整はできません。

ではどうするか?

 

おすすめはティーバッティングです。

ティーバッティングはミートポイントやスイングの軌道を確認するにはもってこいの練習です。

試合前に数球打つだけでも全然違いますね。

さらにはスマホの動画を撮ってもらうと効果は倍増です。

思ってるより軌道が…

バットが外から出てる…

すぐにわかります。

便利な時代ですよね!

 

まとめ

新しいバットを買うとなかなかヒットが出ないというのはよくある話です。

それはコンマ数秒、コンマ数センチを争うシビアな野球の中で、バットという条件を変えることでスイングに誤差が生じるからです。

 

バッティングセンターでは打てないバットが多いので、ティーバッティング等でミートポイントやスイング軌道を確認することで、新しいバットにもアジャストできるかと思います。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました