【カタリストⅡ】使えば使う程飛距離が伸びるカーボンバットの王様とは?

スポンサーリンク
バット

かつて軟式野球界のコンポジットバットは最初ビヨンド派とカタリスト派の2強でした。

今回は使えば使うほど飛距離が伸びていくというルイスビルスラッガーさんのカタリストを紹介したいと思います。

いったいどうやって無機物のバットが成長していくのでしょうか?

スポンサーリンク

カタリストとは?

ルイスビルスラッガーさんのカタリストはミズノさんのビヨンドマックスと共に軟式野球コンポジットバット創成期を盛り上げ、今もなお人気を集めるバットです。

黄色のボディーで一斉を風靡したイエローモンスターは今も愛用している人もいるほどです。

そしてブラックモンスターという木製バットのようなフォルムと長尺が人気のこれまた渋いバットもあるんです。

 

ビヨンドマックスは打球部のウレタンでボールの変形を少なくすることで飛距離を出しますが、カタリストはカーボンのしなりを利用して飛距離を出します

 

打感が全然違いますので、ビヨンド派とカタリスト派に分かれていました。

その後各メーカーさんが様々なコンポジットバットを発売していく中、今でも根強く人気を集めているのがこのカタリストというわけです。

ではカタリストの特徴を見ていきましょう。

 

【イエローモンスター】一世風靡したルイスビルスラッガーのバット
ルイスビルスラッガーの人気バットカタリスト。その中でも根強い人気を集めているのが初期モデルのイエローモンスター。これがどう凄いのかを解説していきます。

 

【ブラックモンスター】ルイスビルスラッガー カタリストプロモデル PRIME C271
ルイスビルスラッガーのカタリスト。その中でも異色ともいえる形状のプロモデルのご紹介! 通称ブラックモンスター、M球を強く速く弾き返すコンポジットバットです。

 

しなりを利用して飛ばすトランポリン効果

カタリストはグリップ付近の根本は硬く、グリップより上はやや柔らかくなっています

この硬度の差が大きなしなりを生み出します

 

しなりが生まれるとバットにボールを乗せるようにして反発してくれますので、飛距離が出ます。

ビヨンドマックスが飛距離を生む構造とはまるで違いますよね。

しかしこう言ったバッティングがうまい人はとんでもなく飛ばせるのがこのカタリストです。

特に硬式野球をバリバリしていた人なんかが好んで使用することが多いです。

 

飛距離の面で言いますとビヨンドにはやや劣りますが、初速が速く柵越えより外野の間を抜いていくような打球が多くなるかと思います。

 

とは言っても柵越えするには十分なくらい飛距離は出ます。

 

打感が良い

うちのチームにも一本あるんです。

数年前のモデルですが、このデザインもかっこいいですよね!

性能はこの頃のモデルより上がっているでしょうが、これも十分すぎるくらいいいバットです。

 

実際に打ってみた感想はやはり飛距離もさることながら打感が良いというこのが印象深いです。

 

打感に拘るバッターも多いですね。

ビヨンドマックスに満足できない人は独特の打感が気に入らないという人が多いです。

 

カタリストはカーボン製で打球音も打感もすごく良いです

金属製、カーボン製、ウレタン製、木製と様々な材質のバットがありますが、打感はカーボン製が1番好きですね。

特に芯で捉えた時の快感は他にはないように思えます。

 

個人的にはカタリストはカーボンバットの中でも特に良い打感かと思います

 

打てば打つほど成長するバット

カタリストは高純度のカーボンの繊維が編み込まれていますので、使用していくにつれてこの編込みの間に隙間ができてきます

ほんの小さな目に見えないような隙間ですが、この隙間があることでカーボンはトランポリンのような効果を発揮してくれます

使用を重ねる程、打てば打つほどバットも成長してくれるというわけですね。

 

普通のバットは使えば使うほど劣化していき飛距離が落ちていくのですが、逆に伸びていくという特殊なバットです。

しかし自分もバットと共に成長していくなんて相棒みたいでなんか素敵ですよね。

 

コンポジットバットはトランポリン効果で飛距離を出すタイプのバットが多いですが、トランポリン効果の出し方もメーカーさんによって違いますのでおもしろいですね。

デザインがかっこいい

カタリストの長所と言えばそのかっこいいデザインです。

最近のモデルは白を基調としているものが多く、カーボン調の部分や目立つ配色等が目を引きます。

近未来的なデザインと言いますか、この辺りは日本のメーカーさんにないかっこよさですね。

 

昔のカタリストからちょっと奇抜な毒々しいデザインではありましたが、最近のものは非常にスタイリッシュでオシャレですので小洒落たカフェやオフィスに置いてあっても違和感がありませんw

 

スペックはトップバランスとミドルバランスがありますが、それぞれ

トップバランス

84㎝ 700g

84㎝ 740g

85㎝ 720g

 

ミドルバランス

82㎝ 640g

83㎝ 650g

84㎝ 660g

となっております。

 

水色がトップバランス、オレンジ色がミドルバランスです。

 

 

 

まとめ

ビヨンドマックスと人気を二分したルイスビルスラッガーさんのカタリストについて紹介です。

 

カタリストはカーボン製のコンポジットバットで、根本が打球部より硬くなっていることで大きなしなりを生み出すことができます。

 

また、カーボンの網目が使用を重ねるごとに極小の隙間を作り出すことでトランポリンのような反発を生み出すことから使えば使うほど飛ぶバットと言われております。

 

打感も良く、柵越えするにも十分な飛距離が出せる上、非常にオシャレなデザインも人気の要因の一つです

 

と言うわけでカタリストⅡが気になる人は是非チェックしてください!

 

【バット比較】どのバットがおすすめ??各メーカーのイチオシまとめ!
軟式球がM球に変更になり、色んなバットが発売されてきました。 当サイトでも色んなバットを紹介させてもらいましたが、せっかくなので各メーカーさんのイチオシバットをまとめさせてもらいます。 それぞれ特徴がありますので、どのバットを買おうか迷っている人は是非参考にしてみてください。



バット
makotoをフォローする
まこと兄やんの野球通信

コメント

タイトルとURLをコピーしました