【個性を活かせ!】草野球のユニホーム ソックスは見せる?

草野球の醍醐味の一つ。

おしゃれです♪w

パンツの履き方、リストバンド、グローブ、バット…

各メーカーが色々な形、カラーのものを出しています。

草野球は基本的に自由なんで、好きなスタイルにユニホームを着こなして楽しみましょう!

スポンサーリンク

今回はその中でもユニホームのパンツのスタイルについて話します。

さてまず、パンツの種類について紹介します。

クラシックスタイル

高校野球や大学、社会人野球はこのスタイルです。

ユニホームの裾を上げてソックスを見せます。

オールドスタイルとも言いますね。

イチロー選手が2006WBCからクラシックスタイルにして、めっちゃかっこいいと思いました。

昔はダボダボのパンツでしたが、ここ最近は小さめのサイズを履いてフィットさせるスタイルが流行です。

体が小さくて足が速い俊敏な選手がこのスタイルをしていることが多いイメージですね。

チームにクラシックスタイルが多すぎたら高校野球みたいで逆に弱そうに見えますw

レギュラー、細めのショート、さらに細めのショートフィットがあります。

ストレート

このスタイルが一番多いです。

普通のパンツのようにかかとまで真っすぐ履けます。

ソックスは見せませんので、野球用を履く必要もないですw

独立リーグ、プロ野球、メジャーでは多いです。

体が大きくてスラッガータイプの選手が似合うイメージです。

足かけストレート、ちょっと太めのバギータイプがこちらです。

ここ最近はストレートタイプもぴっちり履くのが流行です。

スポンサーリンク

その他

これ以外の分が、昔流行って今は廃れてしまったスタイルです。

全体的にスリムで足首の少し上まであるロング、全体的に緩めで足首でゴムで止めるアメリカンロング等があります。

どちらも1990年代~2000年代前半で流行ったもので、裾は長いんですがソックスは見えるので扱いにくいですw

でもストレートやバギーは苦手だけどクラシックは違う!みたいな人が履いてます。

あとリーグによってはストレートタイプが禁止されていることもあるので、その場合はこちらを使うこともあります。

まとめ

大体今市場に出ているものは以上のような種類があります。

全体的にダボっと履くよりぴっちり目に履く方が流行です。

ユニホームのパンツのスタイル、サイズ感で結構イメージが変わります。

クラシックスタイルの一番バッターなんかが来ると足早そうやなって思うし、ゴツ目のバッターがバギーとか履いてたらちょっと後ろ目に守ったりします。

そういうユニホームの履き方を楽しむのも草野球の楽しみの一つです♪

あ、サイズですが結構メーカーによって大きい小さいはあります。

試着できるなら試着する方がいいと思いますよ!

スポンサーリンク

野球ランキングへ
スポンサーリンク



シェアする

フォローする

スポンサーリンク