【伝説のビッグM】ミズノ外野手用グローブレビュー

ミズノといえばミズノプロ

ミズノプロと言えばビッグMマーク!

そういう時代の人なんですw

学生の時はミズノ全盛期でした。みんなミズノ。

ミズノプロは憧れ。持っているだけでかっこいい…

そんな高校時代の相棒。外野手用グローブの紹介です♪

スポンサーリンク

だいぶ使い古されていますね。

基本スペック

2002年、僕が高校二年生だった時にオーダーメイドで作ったものです。

当時でも4~5万円はしました。

今ではグローブオーダーしたらもっと高くつくんでしょうね~。

もともとはスプレンティッオレンジで、革紐とハミダシが黒でした。

そしてウェブもショックアブソーバー8?上部がないやつです。

基本モデルはイチローモデル。

もうとにかくイチローが大好きでしたw

そういえばこれ本当はビクトリーステージなんです。

当時ミズノは

ミズノプロ>ビクトリーステージ>ビューリーグ>ワールドウィン

というブランドの格付けがありました。

ミズノプロが最強。ワールドウィンは初心者向けみたいな?

今は

ミズノプロ>グローバルエリート>ビクトリーステージ

という感じかな?ビューリーグあるのかな?

色々マークありましたけど、それを見るだけでも楽しかったです♪

スポンサーリンク

まあ当時の僕はミズノプロが買えなかったので、ラベルだけ交換したということですねw

針と糸で縫い付けました。

まあぱっと見わからないのでよしとしましょうw

とにかくかっこいいですね、ビッグMマーク!

今はランバードマークになりましたが、やはりミズノと言えばこのマーク!

という人は僕らの年代では多いかと思いますw

捕球面、型

捕球面はこういう具合です。

型はボックス型でポケットは深く使いやすいですが、グリスがなくなってきているせいか、捕球面にしわができています。

グリスアップについてもまた紹介したいのでその時になおします♪

小指二本入れ

さて外野手用グローブはよりポケットを深くするために、小指二本入れをします。

普通に小指入れるところに薬指も入れ、後は一本ずつずらして入れるだけなんですけど、

これが外野手にとっては非常に守りやすくなります!

今ではもともとそうなっているモデルもあったりして、当たり前のことかもしれませんんが、当時はまあまあ衝撃でしたw

知らない人は試してみてください。

内野手でもしてる人います。

スポンサーリンク

野球ランキングへ
スポンサーリンク



シェアする

フォローする

スポンサーリンク