【湯もみ職人】湯もみ型付けって何?どうするの?

湯もみ型付けって知ってますか?

今となっては湯もみやスチーム加工なんかは有名なんで誰でも知っているかとは思います。

買ったばかりのカチカチグローブを一瞬で柔らかくさせる魔法です。

昔は手が真っ赤になるくらい揉んだり、座布団みたいに上に座って見たりして何週間もしてやっと実践…が、今では買った次の日からキャッチボールもできる時代です。

グローブ大好きまこと兄やんは自分で湯もみもしますw

ということで今日は湯もみ型付けのお話です♪

スポンサーリンク

知り合いの息子さんが新しいグローブを買ったってことでカスタム&型付けをしてくれと依頼がありました。

ミズノ グローバルエリート 紐変え&型付け

ミズノのグローバルエリートですね!

最近の小学生はいいもん使ってますなー。

ぼくが中学生の時はザナックスのグローブを始めて買ったんですが、

あの頃は湯もみなどなく、柔らかくするのにとにかくドロースを塗りたくってました。

とにかく塗って塗って…

柔らかくなるころには2㎏くらいで、カブトムシの背中くらいツヤツヤでしたw

話がそれました。

それでは始めて行きましょう!早速分解♪

紐を全部抜いて土手部分を開くと、出てきたのがフェルトでできた芯です。

この上部、捕球面付近にはグリスが塗ってあります。

さて、今回の依頼は紐の色を変えたいということでしたので、変えてみました。

 

完成♪

良い感じですね!

土手紐は順巻と逆巻があります。

順巻は昔からあった巻き方で、それに対し逆巻というのは逆方向に紐を通していきます。

逆巻の方がグローブが開き内野手用として扱いやすい仕上がりになります。

 

Beforeが順巻、Afterが逆巻です。

こちらの型付けは湯もみ無しで少し柔らかくするだけです。

SSK 紐替え&湯もみ型付け

こちら紐を変える前の写真を撮り忘れましたw

茶色のものを黒に変えてます。

SSKの復刻モデルです。捕球面にはディンプル加工があり、なかなか渋い一品です。

さてこちらのグローブの型なんですが、

このようにフレックス型に型付けられています。

ポケットが浅く握り替えにがしやすい内野手用向けの型ですが、子供が使うことになったため、ポケットの深いボックス型に型付けし直してほしいとのことです。

そこでやっと登場湯もみです。YUMOMI!

湯もみとは?

グローブをお湯につけて革のについた型や癖をリセットし、自分好みの型を付ける方法です。

新品のグローブでは硬い革を濡れた状態にすると伸ばしやすくなるので、すぐに柔らかくすることができるということです。

ただこの湯もみ、革の寿命を縮めるとも言われています。

そして人によって湯もみの方法も異なります。

紐を外す派。お湯は一瞬派、長風呂派…

色々ありますが、僕の方法を紹介していきます。

今まで特に革が傷んだとか、そんなトラブルはありませんし、全然普通に使えてます。

※やるときは自己責任でw

スポンサーリンク

お湯を準備!

36~40℃くらいのお湯を準備しましょう。

熱すぎず、冷たすぎずにしてください。

ダイブ!

まんべんなく浸しましょう。

あまり長く浸けすぎるとフニャフニャになります。

1~2分くらいですかね。全体にある程度お湯が行き届いたらOKです。

どつきましょう!

グローブの関節になる部分を木槌で叩いてください。

特に土手部分。

そしてウェブの先端も

イメージとしてはポケットに対して

このような形で関節を作っていきます。

あと捕球面にしわや癖がある場合は叩いて伸ばしておきましょう。

乾かす!

日陰で陰干ししてください。

直射日光で乾かすと革が縮んだり傷んだりするそうです。

乾いたらパッサパサなんで保湿のためオイルを塗りましょう!

完成!

この通り関節の位置が変わってボックス型になりました。

簡単でしたが、こんな感じで意外と簡単にできます。

自分のグローブの型を良くして守備力アップにつなげれたらいいですね!

スポンサーリンク