バッティングnote

全てを詰め込んだnoteです!

詳細はこちら

【グローブレビュー2】アンダーアーマー内野手用 オリジナルウェブ!

グローブの手入れ部
この記事は約4分で読めます。
この記事を書いた人
makoto

草野球人まこと兄やんです。 @makoto_bb721
色んな野球人のヒントになるようなことを発信できたらと思います。
子供からおじさんまで野球好きの人はよろしくお願いします!

makotoをフォローする

一ヶ月ぶりの投稿となります。

3月は仕事にプライベートに忙しく、さらにパソコンの調子が悪かったのでなかなか更新することができませんでした。

コメントもいただいて、楽しみにしてくれている人もいるのだと分かり、泣きそうなぐらい嬉しく思います…

少しずつ落ち着いてきてますので、またぼちぼちアップしていきます♪

 

というわけで久々の記事は、前回好評でしたアンダーアーマーのグローブのレビュー第二弾です!

さて暖かくなってきました。

甲子園も始まり、各地で草野球も開幕し、世の中の野球好きのおっちゃん達はウズウズしてきていることでしょう!

今年はM球がスタートの年なんですが、みなさんどないですか?

僕は少しずつ掴めてきてます。

バッティングについて一つ気付きがありましたので、またの機会に語らせてもらいます!

 

M球対策の一つにグローブが挙げられますが、新しいグローブ買いましたか?

僕は前回新しく買う必要は無いと言ってましたが、買うタイミングの人がいられたらこちらのレビュー参考にしてみてください!

 

さて、それではグローブのレビューに入りましょう!

【アンダーアーマー】オススメグローブ レビュー
アンダーアーマーのグローブのレビューをします! アンダーアーマーはアンダーシャツ等のアパレルで有名なブランドで、数年前からグローブやバット等の野球ギアを発売し始めました。 プロ野球選手も多くの人が愛用しており、柳田選手や今宮選手...

アンダーアーマーの内野手用グローブ

全体の印象

色はブラックでステッチがレッド。

良い組み合わせです♪

ブラックも若干普通の黒より落ち着いた?印象があります。

全体的にやや小ぶりです。

ショート、セカンド用と言ったところでしょうか。

軽さがとにかく軽いので、操作性は抜群に良いかと思います。

オリジナルウェブが渋い!

 

ウェブが激かっこいい

良くある内野手用のI型のウェブの上部を編み込んであります!

めっちゃかっこいいですね!

I型のウェブは耐久性が弱く結構紐が切れたり、ボールがウェブに挟まったりしているのを見たことがありますが、編み込んでいることで、耐久面もしっかりしているかと思います!

すごく良いです!

 

 

グローブカスタム

 

それではカスタムしていきます!

 

使用する道具

まずはぼくがグローブをカスタムする時に使う道具です!

左から

・ラジオペンチ…ひもを通す際、硬い時に使用。

・ニッパー…通し終わった後、ちょうどいい長さにカット。

・千枚通し…革紐に紐通しを入れるための穴をあけます。

・紐通し…紐を通します。グラブニードルを使う時もあります。(写真忘れた)

 

では分解していきます!

ちょちょいのちょーーーーい!!

 

 

 

ほどき終えました。

ちなみに中はこうなってます!

 

 

 

手前が土手部に入っているフェルトの芯です。

 

奥側に見えるのはグリスです。

 

表革と裏革をくっつける接着剤のようなものです。

使用するにつれてグリスは減っていきます。

グリスがなくなってくると捕球面に浮きやシワができてしまいます。

へたってきたらスポーツショップ等でグリスの補充もできますのでメンテナンスしてみてください。※自分で補充するのも難しくはありません。

 

では紐を編んでいきます。

今回は赤い縫い糸に合わせて赤紐です!

 

良い感じのカラーリングですね。

 

湯もみ&ワックス磨き

湯もみしていきます!

 

湯もみのやり方についてはこちらです♪

【湯もみ職人】湯もみ型付けって何?どうするの?
湯もみ型付けって知ってますか? 今となっては湯もみやスチーム加工なんかは有名なんで誰でも知っているかとは思います。 買ったばかりのカチカチグローブを一瞬で柔らかくさせる魔法です。 昔は手が真っ赤になるくらい揉んだり、座布団...

ダイブ!

 

もみもみと乾燥については省略しますw

 

 

 

十分柔らかくなりました。

横に寝かせても指がくっつくくらい柔らかくなってます。

次にワックス磨きです!

前回紹介しましたHATAKEYAMAグラブワックスを使っていきます。

 

 

こんな感じで仕上がりました!

ピカピカに磨き上げて渋い外観です。

そして非常に使いやすい型です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました