【HATAKEYAMA】ハタケヤマのミットが捕手に好まれる理由は??

グローブ

ハタケヤマさんのキャッチャーミットと言えばプロ野球選手を始め多くのキャッチャーが愛用していますね。

それだけ愛されるハタケヤマさんのキャッチャーミットにはどういった秘密があるのでしょうか?

おすすめのミットもたくさん紹介します!

ハタケヤマのミットの良さ

ハタケヤマさんのミットはなぜ多くのキャッチャーに評判が良く、愛されているのでしょうか?

 

まずその一つが品質の良さにあります。

革質もきめ細やかで、いい革を使っているのはすぐにわかります。

ハタケヤマさんのミットは新品のうちはめちゃくちゃ硬いです。

もう思いっ切り握っても閉じられませんw

そのくらい分厚くて頑丈な革を使用しているということですね。

 

革のハリもありますので、めちゃくちゃいい乾いた捕球音が鳴ります。

投げているピッチャーも気持ちがいいでしょうね!

さらにハタケヤマさんはプロの選手の使用しているものと同じ職人さんがほとんどの製品を作られています

これは品質にバラつきがなく、アマチュアと言えどもハイクオリティなものを使用することができるというひとつのこだわりを感じます。

それはミットに刻印された『心』という文字にも表れています。

いいものを使っていただきたいという職人さんの気持ち、こだわりの心が詰まっています。

 

細部に気配りが感じられる

キャッチャーが使用する上で少しでも気になるような点や長く使用できるような耐久性について細かいところまで気配りが感じられます

 

例えば人差し指を入れる指カバーの下に座ブトンスポンジというショックアブソーバーがついています。これは硬球を何球も受けていると人差し指にダメージが蓄積されていき、血行障害等になるリスクを防ぐための気配りですね。

その他にも人差し指に当たるハミダシが気になる人のために当て革を挟むことでストレスを軽減しているのがEX構造です。

さらにハタケヤマさんのミットと言えばこの蛇腹状の形を想像する人が多いでしょうというのが、シェラームーブです。

これは甲殻類の動きをヒントにキャッチャーミットの掴む動作がしやすいようにと工夫されてできた技術です。

耐久面でも、捕球面のミシン目がほつれないようにハミダシで接合したり、手入れ部小指側の破れを防ぐためのピンキーパターンを採用する等耐久性においても群を抜いています。

こういったことからプロ野球選手を始め、多くの捕手がハタケヤマさんのミット好んでいるわけです。

おすすめのミットは??

いくつかおすすめのミットを紹介します。

こちらはシェラームーブではありませんが相川選手モデルのものもあります。

 

 

 

シェラームーブのモデルです。

カラーリングが豊富でかっこいいやつがたくさんあったのでいくつかリンクを貼っておきますね!

 

 

そしてイチオシなのがこちら!

海外製のものです。一応硬式用なんですが気持ち革が薄いような気はします。

軟式で使用する分には何の支障もありません。

何よりも値段が安いです!!

二万円台で買えますので超いいですよ。ちなみにぼくも持っています♪

 

 

ぼくの使っているものです。

少し前のモデルですが非常に捕りやすいですよ。

 

もちろんオーダーもできますよ!

こだわりの一品を作ってみてはどうでしょう。

 

最後に昔紹介したワックスです。

黒土配合のものもあります。

これもかなりおすすめです。

 

 

まとめ

プロ野球選手を始め、多くのキャッチャーがハタケヤマさんのミットを好んで使用しています。

それはミットの品質、耐久性の他使用する捕手への気配りが感じられるからではないでしょうか。

やっぱりハタケヤマさんのミット使ってるキャッチャーいたらカッコいいし、ちょっと盗塁するのやめよかな?とか思っちゃいますもんねw

 

【ビブソープ】ハタケヤマのプロテクターを使うとブロッキングが上手く行く理由
キャッチャーが大変な理由の一つにブロッキングがあります。 ブロッキングとは投手の投げたボールを後ろに逸らさずに下に落とすプレーです。体で止めに行くだけではなく、かなりの技術が必要になります。 そのブロッキングを上手くするためにハタケヤマのプロテクターがおすすめです。



グローブ
makotoをフォローする
まこと兄やんの野球通信

コメント

タイトルとURLをコピーしました