バッティングnote

全てを詰め込んだnoteです!

詳細はこちら

【初速最速】SSK ハンターマックス

この記事は約4分で読めます。
この記事を書いた人

草野球人まこと兄やんです。 @makoto_bb721
色んな野球人のヒントになるようなことを発信できたらと思います。
子供からおじさんまで野球好きの人はよろしくお願いします!

makotoをフォローする

さて今日のテーマはおすすめコンポジットバットの紹介。

今日ご紹介するのは、SSKさんのハンターマックス

このバットは他のメーカーさんにはない特殊な秘密が隠されています♪

ハンターマックスとは

ハンターマックスはSSKさんが開発したコンポジットバット。

その最大の特徴は芯付近のシートの下に隠されています。

ビヨンドマックスのようにウレタン素材でできているわけではないんです。

シートの下はバンピーコアという構造になっています。

ボコボコです!

これはインパクトの瞬間にボールに接する面を減らすことで、よりボールへ力を伝えるという構想です。

飛距離を伸ばすというより初速を上げることで内野の間を素早く抜けていくヒットを打つように作られています。

全体的に細く、特にグリップはかなり細くできています。

ルイスビルスラッガーのカタリスト プロモデルのように細い分かなり振りぬきやすくなってます。

打感もかなり良いです。

硬式野球経験者に好まれるような打感と扱いやすさです。

 

【ブラックモンスター】ルイスビルスラッガー カタリストプロモデル PRIME C271
ルイスビルスラッガーさんのコンポジットバットと言えばカタリストですが、そのカタリストの中でもPRIME C271は振り抜きやすさ、反発を重視して作られた最強の一本です! 何が最強かと言いますと、他のバットと形状が全く違います。 ...

 

ハンターシリーズ

このハンターマックスはこれまで様々なモデルがあり、改良を経て今の形があります。

結構形が変わってたりするので、紹介させていただきます。

ナイスハンター

おそらく出始めのモデルです。

今の形よりかなり太い形状ですが、バンピーコアは健在ですね。

根元の方まで太いのでミートはしやすいかもしれませんが、振った感じとしては今の細いモデルのような振りぬきやすさはありませんでした。

打感は打ったことないのでわかりません。ごめんなさい!

今度打たせてもらってきます。

 

カーボハンター

次に出たモデルはおそらくこれです。

順番はあいまいですw

写真は割と新しいモデルの物ですが、ナイスハンターよりやや細身になったように思えます。

 

メタルハンター

え、これで打つの?だいぶフォルムが変わった・・・

いやこれじゃないな。

こいつがやばいです!!

他のモデルを凌駕するほどの細身なボディと、先端にかけてぐんぐん太くなっていく形状。

振りぬいた感想としてはまるでハンマーのようw

スーパートップバランスですね。

実は僕がハンターシリーズで一番おすすめするのはこちらなんです。

 

今はなかなか店頭では出会えません。近くの野球専門店で普通に売ってましたがw

グリップはほんまにめちゃめちゃ細いですよ!

こんな細いの他に見たことない。

 

極細。

 

 

メタルハンター2もあります。重量が変わってます。軽量化されてます。

 

まとめ

SSKさんのハンターマックス。

バンピーコアという芯付近に凹凸を付ける構造で打球の初速を速くさせ、内野の間を抜くことを目的としたコンポジットバットです!

僕的には細さとヘッドの重量感から一つ前のモデル、メタルハンターがおすすめです!

 

【バット比較】どのバットがおすすめ??各メーカーのイチオシまとめ!
軟式球がM球に変更になり、色んなバットが発売されてきました。 当サイトでも色んなバットを紹介させてもらいましたが、せっかくなので各メーカーさんのイチオシバットをまとめさせてもらいます。 それぞれ特徴がありますので、どのバットを買...

 

【ライズアーチ193】SSKの2019年の新バットのはトランポリンバット?!
SSKさんのコンポジットバットと言えばハンターマックス等のバンピーコア構造のバットでしたが、今年発売されるライズアーチ193は全く新しい発想で飛距離を出すバットです。 まるでトランポリン?と思わせるようなその秘密について迫ってみたいと...

コメント

タイトルとURLをコピーしました