【令和スイングが飛ぶ理由】飛距離を生み出す2つの秘密

バッティング

大反響の令和スイングですが、なぜ令和スイングが飛ぶのかを考えてみたいと思います。

色々調べてみると飛距離を生み出すための二つのポイントがあり、その組み合わせがマッチして飛距離が伸びていると思います。

ホームランを簡単に打てる令和スイングの秘密について迫ってみたいと思います。

令和スイングの秘密とは?

令和スイング、令和打法は野球YouTuber金城めくるさんが提唱している打撃論です。

バッティングが苦手な人でもホームランが打てるようになれるスイングとして、ネットで話題になっていますね。

その令和スイングですが、これまでの打撃論を覆すような斬新な考え方で驚くほどの飛距離を生み出すということで一躍話題になりました。

バッティングが苦手な人、ホームランが打ちたい人は食いつきたくなりますね。

【令和スイング】常識が覆る!?簡単にホームランが打てる打ち方とその理由
みなさん令和スイングというものを知っていますか??ぼくも初めて知ったワードだったんですが、なんでも飛距離が信じられないくらい伸びてホームランが簡単に打ててしまうという打ち方だそうです。なぜ令和スイングが飛ぶのか?色々調べてみると飛距離を生み

令和スイングが革新的なのはバットの軌道がこれまでの考え方と全然違うからです。

スイングスタート時に一度ヘッドを下げて

インパクトはかなり引き付けて手首がローテーションする瞬間にヘッドを立てて打ちます。

(下手ですいません…もっと引き付けるイメージです。)

こんな打ち方正直聞いたことありませんでした。

ではなぜこの打ち方でボールは飛ぶのか?について考えていきたいと思います。

ヘッドが立つとパワーロスがなくなる

ヘッドを立てるってよく言いますけど、どういう考え方してますか?

ぼくの考え方ですが、バットのヘッドが実際に上に向いているということが重要なんではなく、ボトムハンド(投手寄りの腕)よりヘッドが上にある状態をヘッドが立っていると認識しています。

この状態はバットに腕の力が伝わりやすいポジションですので、インパクトの瞬間にパワーロスなくボールに力をぶつける事ができます

ヘッドが寝ていると

打ち負けます。もしくは力が吸収されパワーロスします。

ヘッドが立っていると全ての力がボールに伝わります。

一度ヘッドを立てた状態とヘッドを寝かせた状態で誰かにバットを押してもらってみて下さい。

 

違いは一目瞭然かと思います。

正直これだけでもかなりの効果はあると思います。しかしヘッドを立てるって難しいんですよね。

昔からのバットスイングでは最短距離、ヘッドを立ててダウンスイングというのが推奨されてきました。

別に間違っているとは思いませんが、遠くに飛ばすならパワー不足ですよね。

そうならないようにするためにコックを入れるんですね。

投手側にコックすることで、一度ヘッドが下を向き、その反動で手首がローテーションする瞬間にヘッドが立つようになるんです。

もう一度言いますが、これだけでもかなり飛距離伸びます。

しかしコックすることでこういったメリットもあるというのは驚きですね。

【ヒッチとコック】予備動作を使って力強いスイングをする方法
人間は静から動に急に動くことはできません。 無理にしようとすると力みが生じますし、100%のパフォーマンスは発揮できません。 しかしある予備動作を入れることでスイングは格段に速くなります。 それがヒッチという動作です。

ローテーションする時にインパクトを迎える

飛距離を出すためにはどうすればいいか?

スイングスピードを速くすればいいんです。

しかし闇雲にスイングスピードだけを速くしてもダメなんです。

ボールとバットがぶつかる瞬間に出力を最大に持ってこなければ意味がありません。

出だしやボールに当たった後MAXを迎えるようでは飛距離には何の影響もないんです。

打撃が苦手な人はこのタイミングがわからないんです。

令和スイングでは手首が返ってからインパクトを迎えるようにするという極端な意識付けをするためにかなり早い段階でリストターンするように指導しています。

しかしすでに長打や柵越えを打てる人はすでにこの技術は使っているだろうと思いますので意識する必要はありませんが非常に重要なポイントだと思います。

後で捉える分しっかりステイバックしたほうが飛距離は伸びそうかなと思いました。

しかし逆に手首は返さない方がいいという打撃論もありますので、どちらが正しいというのはありません。

インコースを手首返さずにコンパクトに軸回転んで打った方が飛んだりするので、一概にそれが正解というのは難しいところです…

縦振り(V字スイング)を意識する

ここからは番外編です。よく聞いたことありませんか?縦振り、V字スイング。

令和スイングでいう所の下からスイングするという部分から縦振りをしているという風に感じました。

バットは横に振るものだと思ってませんか?

 

ゴルフのように縦に振ることもできるんです。

さてこの縦振りにかんしては申し訳ないんですが、ぼく自身よく理解できてません…

(勉強しておきます。)

ただ、チームメイトにこの令和スイングがYouTubeにあがる前からこの打撃論を実践している人がいて、詳しく聞いてみたんでその情報を参考に考察してみたいと思います。

縦振りと言うのはそもそも打撃における軸の使い方が違うように思えます。

従来のダウンスイングでは自然に最短距離でバットを出すとローフィニッシュでスイングが終わります。

縦振りは軸を寝かせてボールの下からバットが出てきてかなりハイフィニッシュになります。

この方が断然打球の角度が付きます。

この二つのスイングはバットの出方が全然違います。

巨人の坂本選手がインコースを打つ時のイメージですかね。

注意しなければならないのはヘッドが寝てしまうことですね。

アッパースイングのような軌道なのでヘッドが寝やすいです。

ヘッドが寝たら凡打の山ですのでそこは気を付けるべき点ですね。

縦振りのメリットはバットが横から出てこないのでインサイドアウトがしやすく、逆方向にも強い打球が行くという点。

こないだの試合で逆方向に柵越えを打っていたので、これは納得できましたね。

インコースも詰まりにくいそうです。

デメリットはフライが多くなるということと高めが打ちにくいということです。

なるほど、このスイングについてもおもしろそうなのでまた調べてみようかと思います。

結局令和スイング良いの??

色々と考えてきましたが、令和スイングが飛距離を生み出せる打撃論であることは間違いないかと思います。

しかし誰でも手を出して成果があるものでもないでしょう。

あくまで打撃が苦手な人に向けての技術かなと思います。

すでに打撃得意、ロングヒッターである人は無理に取り入れることはないでしょう。

そもそも提唱者の金城めくるさんは名桜大学で全国大会に出場するほどの野球歴をお持ちなので、いくら打撃が苦手とは言ってますけど相当なセンスの持ち主かと思われます。

言っていることは間違いなく正しいと思います。(教え方も上手いですね。)

ただ、そんな金城めくるさんほどの技術を持った人が劇的に打てるようになったというのは多少盛っているのでは?と思ってしまいますねw

まとめ

話題の令和スイングが打てる理由について考察してみました。

飛距離が出る秘密は主に二つあります。

一つはヘッドを立てて打つことでパワーロスを防ぎボールにより多くの力をぶつける事ができるということ。

もう一つはインパクトの瞬間にヘッドスピードを最大にするためにリストターンを早めにする意識を付けてスイングすること。

この二つの条件がそろった時かなりの飛距離が生み出せるようになるというのが理由なんではないでしょうか?

あくまで個人的な意見ですが、ぼくも勉強になりました。



バッティング
makotoをフォローする
まこと兄やんの野球通信

コメント

タイトルとURLをコピーしました