【当て捕りの注意点】当て捕りを使用するケースと練習について

守備

内野手の捕球技術として何度か紹介してきた当捕りに関してですが、中には当捕り否定派もいます。

まあ色んな技術があり、全てが万人の体に適しているというわけではないので当然でしょう。

ではそんな当捕りの注意すべき点について自分なりの考えです。

スポンサーリンク

当て捕りとは?

当て捕りは捕球から握り替えまでの動作を極限まで早めようという技術です。

グローブは閉じずに開いたままボールを薬指の付け根辺りに当てて跳ね返りを直接握ります。

捕球⇒球出し⇒握り替え

捕球⇒握り替え

とすることでコンマ数秒を早めるということですね。

 

内野手、特にセカンドショートはこういった技術を持っている人が多いです。

当て捕りに適したグローブはポケットが浅く、横に潰れたような型が多いですね。

 

【守備極意】当て捕りとは?おすすめグローブは?
内野手の握り替えでコンマ1秒を早くするための技術《当て捕り》。当て捕りのコツや当て捕りに適したグローブの紹介をしていきます!

 

当て捕りを使用するケースは??

基本的に当て捕りができるのは体の真正面で打球や送球が極端に速くないケースだけです。

当て捕りは正面以外ではできません

というのも捕球した場所で握り替えないといけないので、体から離れた場所で捕球をするとそこに手を持って行って握り替えをするとバランス的にもかなり無理な態勢になり、送球できなくなります。

そもそも当て捕りは次の送球へのステップをスムーズにするための技術なのに当て捕りをしたことで態勢を崩してしまえば本末転倒です。

 

というわけで身体の正面の近いところで捕球できるゴロや送球だけ当て捕りすればいいと思います。

 

しかし当て捕りをしたからと言って一秒も二秒も早くなるわけではありません。

なので実際の試合で当捕りしていなければセーフだったというようなケースはほとんどありません。

実際の試合ではしっかり捕球してちゃんとステップを踏んで正確な送球をすることが大事です。

草野球では特にです。

むやみやたらに何でもかんでも当て捕りばっかりするのも良くないのかもしれませんね。

スポンサーリンク

当て捕りの練習

とはいえ握り替えは早い方がいいに決まっています。

実際に試合で当捕りをしなくても普段から当捕りを練習している人は握り替えが早いです。

グローブの中でボールがどういう動きをしてどこに手を持って行けば握り替えができるという感覚が研ぎ澄まされています。

そういう意味でも普段から当捕りの練習はしている方がいいかと思います。

特にキャッチボールでは正面に良い球が来たときは当て捕りをしましょう

あくまで次の送球に向けての流れを意識して行って下さい。

 

よく動画とかで見る当て捕り名人みたいなやつは、正直ぼくはちょっと反対意見がでるのも納得できます。

当て捕りした後手をクロスにしたり、グラブの背面で当捕りしたりといった動画です。

凄いとは思いますが、ああいったことは試合では絶対しませんし、送球への流れは完全に無視ですのでジャンルで言うとジャグリングみたいなイメージです。

 

当て捕りを練習するならしっかり送球までの流れを意識して行う方がいいでしょう。

変な癖がついてしまいますからね。

 

まとめ

捕球から握り替えを早くするための捕球技術当て捕りについてです。

当て捕りは捕球したその場所で握り替えをする必要があるので、当て捕りができるケースは限られてきます。

ゴロでも送球でも基本的に体の正面の近いところで捕球できるケース以外では使わない方がいいでしょう。

 

また普段からキャッチボールやノックで当捕りをする練習をしておくと球出しが早くなりますのでおすすめします。

ジャグリングのような当て捕りは変な癖がつく可能性があるのであまりしない方がいいでしょう。

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました