【当捕りの型】当捕りが上手い選手のグローブの型付け

野球道具

内野手には不可欠な技術当捕りです。

グローブを閉じずに素早く握り変えをする技術ですが、この当捕りが上手い選手のグローブの型って結構特殊な型をしていることが多いです。

というわけで当捕り名手のグローブを見てみましょう!

当捕りとは?

当捕りは球出し、握り変えを素早くするために行う捕球技術です。

捕球する際にグローブを閉じずに薬指の根元ら辺に当ててショックを吸収させ、跳ね返りを握るというような捕り方です。

内野手、特にセカンド、ショートなんかでは当捕りが上手くこだわっている選手が多いですね。

ぼくが知る限り当捕りが得意な選手は特徴的なグローブの型をしていることが多いです。

では当捕りに適したグローブの型とはどういったものなんでしょうか?

 

【守備極意】当て捕りとは?おすすめグローブは?
内野手の握り替えでコンマ1秒を早くするための技術《当て捕り》。当て捕りのコツや当て捕りに適したグローブの紹介をしていきます!

 

当捕りに適したグローブの型

当捕りをするには球出しを極限まで早くする必要があります。

というかグローブを閉じるという行為そのものをしません。

捕球に当ててすぐにボールを握るために極端にポケットが浅くなっています

型としてはフレックス型に近いですが、人差し指と中指の根本が柔らかく前に出るような形状になってます。

 

横綴じに沿って関節があり、親指はあまり動きません。

しかししっかりグローブを閉じることもできますので、送球やライナーも捕球することができます。

 

多分当捕りしない人にとっては使いやすいグローブではないでしょうが、当捕り好きなぼくにしたらめっちゃいいグローブです。

 

【グローブの型付け】ポケットの位置や関節で型が変わる!
グローブの型付けにはコツがあります。上手な人の多くは捕りやすいグローブを使っています。そういったグローブの型には共通点があります。ポケットの位置や関節の位置を考慮し、自分の最高の型を付けましょう!

 

当捕りにおすすめのグローブは?

当捕り好きな選手がよく使用しているグローブがあります。

それは久保田スラッガーさんのグローブです。

久保田スラッガーさんのグローブは革が柔らかく全体的に柔軟性があるので自由な型付けをすることができ、当捕り好きな選手に好まれています。

当捕りと言えばが久保田スラッガーとも言えます。

 

【久保田スラッガー】内野手用に特化した最高のグローブの特徴
久保田スラッガーさんのグローブは草野球ではもちろん、プロ野球選手も高校野球の選手も幅広く使われている有名ブランドです。特に内野手用のグローブはかなり評判が良く、多くの内野手が使用しています。そんな久保田スラッガーさんの内野手用グローブの扱いやすさの秘密について紹介したいと思います。

 

そしてもう一つ、ZEEMSさん。特にYHシリーズです。

こちらはトレーニンググラブを改良したグローブですが、同じく全体的に柔軟性があり、かなり使いやすく好まれています。

ちなみに辻綴じが好まれます。

当捕りの名人辻選手が考案した辻綴じですが、この綴じ方(赤丸の部分)をすると捕球面が広く確保でき、当捕りしやすい型付けをすることができます。

 

【ZEEMS・Epo rise】当捕りに特化したグローブの進化
内野手が捕球をする時当捕りという捕球方法があります。 素早く握り替えをするには必要不可欠な技術ですが、これに特化したグローブがあります。 というわけでニシオカベースボール企画さんのZEEMSとEpo riseというブランドのグローブをおすすめします!

 

まとめ

内野手には必要な技術、当捕りに適したグローブの型付けです。

当捕りは球出し、握り変えを素早く行うための捕球技術ですが、ポケットが浅く柔軟性のある型の方が当捕りしやすいです。

おすすめのグローブのメーカーは久保田スラッガーさんZEEMSさんのグローブです。

当捕りに興味がある人は一度やってみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました