草野球

守備

【4スタンス理論】ゴロをさばく位置は前?後ろ?

ゴロは前でさばけ!と昔から言われてきました。 しかし前でさばくだけが正解なんでしょうか? 後ろでさばいたほうがいい人だっているんです。 これを間違ってしまうとゴロを捕るのが苦手になってしまうかもしれません。 というわけで4スタンス理論とゴロの捕り方についてです。
野球道具

【オススメレギンス】自主トレを彩るオシャレなスポーツタイツ

オフシーズンですが、自主トレしていますか? この時期にある程度身体を動かしておけば3月頃から始まる野球シーズンにいいスタートダッシュを切れます。 さてそんな自主トレですが最近はおしゃれなウェアが多いですよね。 その中でも注文すべきはレギンス(タイツ)です!カラフルでおしゃれなレギンスを紹介します!
野球道具

【ZIP-N-HIT】ジーター推奨!アメリカの野球ギアを使ってみた

ZIP-N-HITというアメリカの野球練習道具を使ってみました。 ワイヤーを使って打撃練習をする道具ですね。 打ってもボールが飛んで行かないところと動く球を打てるというところがおすすめポイントです!
草野球

【肩甲骨はがし】肩の柔軟性を高め、コリをほぐす方法

肩って人間の中でも複雑な部位なんです。 野球をしている人は肩を痛めたりする人が多いのでしっかりケアしなければいけません。 特に肩甲骨周りは筋肉がコリやすくしっかりほぐしてあげた方がいいでしょう。 肩甲骨はがしは肩甲骨の周りの筋肉をほぐし、柔軟性を高める効果があります。
バッティング

【重心の位置】長打を打つために軸足に重心を残すには?

バッティングにおいて重心の位置の位置をどこに置くのかというのは非常に重要な要素です。 特に長距離打者として飛距離を飛ばそうと思うなら軸足に重心を残さなければなかなか長打を打つのは難しいでしょう。 軸足に重心を残す感覚を養える練習方法を紹介します。
守備

【当て捕りの注意点】当て捕りを使用するケースと練習について

内野手の捕球技術として何度か紹介してきた当捕りに関してですが、中には当捕り否定派もいます。 まあ色んな技術があり、全てが万人の体に適しているというわけではないので当然でしょう。 ではそんな当捕りの注意すべき点について自分なりの考えです。
ピッチング

【ブルペンデー】新しいメジャー式の継投オープナーとは?

MLBはNPBに比べて投手の球数や継投に関してすごく気を使っています。 消耗品である肩をいかにケアして選手生命を少しでも長くするというのが目的ですが、そんな中メジャーで新しい継投が試されています。 それがブルペンデー(オープナー)という継投です。
野球道具

【アディダス】アームスリーブの着け心地が抜群に良い件

野球人のおしゃれアイテムのひとつアームスリーブの新しいものを購入しました! ぼくの大好きなアディダスさんのアームスリーブです。 これまで何種類かアームスリーブを付けてきましたが、このアームスリーブは他のものとちょっと違います。
野球道具

【当捕りの型】当捕りが上手い選手のグローブの型付け

内野手には不可欠な技術当捕りです。 グローブを閉じずに素早く握り変えをする技術ですが、この当捕りが上手い選手のグローブの型って結構特殊な型をしていることが多いです。 というわけで当捕り名手のグローブを見てみましょう!
草野球

【RICE処置】完治までの期間を短縮する正しい応急処置

野球してるとケガは付き物ですね。 骨折や脱臼ならすぐに医者に診てもらわないといけないんですが、突き指や打撲、捻挫等はとにかく応急処置が大事です。 正しい応急処置、RICE処置ができれば完治までの時間を短くして早く復帰する事ができます。