バッティング

バッティング

【野球センス】センスを磨くトレーニングとは!?

よく野球センスがある、センスが無い等の言葉を聞きますが野球センスって何でしょうか? パワプロでもセンス〇なる能力があり、これがあると能力の高い選手が作りやすくなります。 しかしセンスっていったいなんなんでしょうか?考えたことありませんでしたので考察してみます。
バッティング

【ドアスイング改善】インサイドアウトを覚えてシャープなスイングを!

一般的にドアスイングはダメなスイングとして知られています。そもそもドアスイングとは何でしょうか?そしてドアスイングだと何がいけないんでしょうか?特に初心者はバットをどう出せばいいかわからずドアスイングになりがちです。 改善するためのキーワード【インサイドアウト】についても解説していきます!
バッティング

【体重移動】突っ込まずにヘッドを走らせる方法とは?

バッティングにおける体重移動は非常に重要なポイントです。 前に突っ込んでしまうとどうしてもヘッドが走らずパワーが出ません。 体重を後ろに残してインパクトを迎えると一番ヘッドが走った状態で打球を捉える事ができますので、そういった体重の移動方法について紹介します。
バッティング

【スクラッチ】柳田選手も実践!パワー爆発する割れの作り方とは?

バッティングで飛距離を伸ばす、パワーを上げるためにはバッティングフォームの中で割れをしっかり作ることが重要になります。 しかし、それでもパワーが足りない人はスクラッチモーションを実践してみてはどうでしょう? 柳田選手も実践しているスクラッチを取り入れると確実にパワーは飛躍的に上昇します。
バッティング

【長距離打者の打ち方】ホームランバッターのバットの軌道とは?

最近になってダウンスイングや最短距離等、これまで当たり前だと言われていた概念が見直されています。 打撃論というのは本当に多種多様です。 間違っていたとされる打ち方で結果を残す人がいればそれが正解になります。 その中でもバットの軌道で最短距離が本当に正しいのかということについて考察していきます。
バッティング

【動体視力】バッティング向上!日常で出来るお手軽トレーニング

打席に入って速い球を打てるかどうかは投球されたボールの速さ、コース、球種等を素早く分析し反射的にスイングをする必要があります。そういった情報を瞬時に正しく分析するためには動体視力が必要になってきます。動体視力はどうやって鍛えればいいんでしょうか?
野球道具

【エクストリームインパクト】ハイゴールドのコンポジットバット

ハイゴールドさんのコンポジットバットの紹介です。 各メーカーM球対応の飛ぶバットの開発が盛んですね。 ハイゴールドさんと言えばあまりバットのイメージは少ないかもしれませんが、いったいどういうバットなんでしょうか?
バッティング

【フライ革命】軟式野球でもフラレボは通用するの?

数年前からアメリカで流行っているフライ革命(フライレボリューション=フラレボ)。 ゴロではなく積極的にフライを打ってホームランを量産しようというものですが、メジャーやプロでは硬式野球なのでいいですが、軟式野球でも効果はあるのでしょうか? ボールの違い、スイングの違いも含めて考察していきます。
バッティング

【ツイスト打法】開きを抑えてパワーを爆発させる打法

バッティングにおいて体の開きというのは大きなテーマの1つです。 体が開いてしまうとパワーが分散してしまい、力の無い打球になってしまいます。 特に左打者は1塁方向に体が流れてしまいがちになる為、開いてしまう人が多いです。 そこで体がを開かずに打つための打法『ツイスト打法』について紹介します。
バッティング

【リストターン】手首の返しは必要??こねる理由は?

バッティングにおいて手首の使い方って重要なポイントですよね。 みなさんはどうしていますか? 上手く手首を使えていない人は手首をこねてしまい、スイングが波打つ等デメリットが大きくなります。 そこで、手首の上手な使い方について紹介していきたいと思います。