【打率を上げるには?】グリップの握りを変えてバットコントロール向上!

バットの握り方って二種類あるって知ってますか?

正直最近まで考えたことすらなかったので、なんのこっちゃという感じですw

でもあなどることなかれ。

バットの握りを変えるだけでバットコントロールがしやすくなります!

スポンサーリンク

パームグリップ

多くの人が掌の真ん中にバットを持ってきて握っているかと思います。
これはパームグリップといって、パワーをボールに伝えやすいですが、バットコントロールはしにくい握り方です。

フィンガーグリップ

プロ選手に多い握り方です。

フィンガーグリップは第二関節の部分にバットを持っていき斜めに握ります。


内側にグッと絞るように握ることで上腕内側の筋肉を動かしやすくなるので、手首の可動域が広がりバットコントロールがしやすいわけです。

ファインガーグリップにしてからスイングが最短距離で出るようになり、インコースが打てるようになった人もいます。

そのかわりパワーはパームグリップに比べて劣ります。

結局芯に当たらなければ強い打球は飛ばないので、打率はフィンガーグリップの方が断然良くなるかと思います。

フィンガーグリップは片腕、右手(右打者)だけにしてください!

両手ともフィンガーグリップにすると本当に力が入らなくなりますので難しいと思います。

親指と人差し指は添えるだけ

人差し指と親指に力を入れると全身に力が入ります。
力みが生じ初動が遅れます。
人差し指と親指では握らず添えるだけ、もしくは開いていてもいいです。

ぼくは開いています。

スポンサーリンク

バットが振りやすくなるギア

指に付けるだけでバットが振りやすくなるというウィップストリップです!
指に付けるだけで吸い付くようにフィンガーグリップができてバットコントロール上昇、スイングスピードも上がるみたいです。

最近は色んなものが出ていますね!
プロ野球選手でも使っているのをよく見ます。
よかったら使ってみてください♪

まとめ

パームグリップ
掌で握る
パワー重視
多くの人がこの握り

フィンガーグリップ
第二関節で握る
バットコントロール重視
プロ選手に多い

こう見るとフィンガーグリップの方がよく聞こえますけど、別にそういうことではありません。

人には向き不向きがありますので、やってみて合う方でいいと思います。
ただ一回やってみる価値はあるかと思います!

スポンサーリンク

野球ランキングへ
スポンサーリンク



シェアする

フォローする

スポンサーリンク