【コントロール】軸を意識して安定した投球!

草野球で一番ダレるのがファーボールと送球エラーです。

抜ける人、引っかかる人、もしくはイップスの人。

軸がずれていませんか?

投球・送球に限らずですが、体の動作がうまいこと連動していないと良い結果になりません。

今回は軸に関するお話です。

スポンサーリンク

投球・送球が安定しない人は連続した動作の中で、連動できていない部分があるからです。

それが握りかもしれないし、ステップかもしれないし、テイクバックかもしれないし。

いろんな要素があります。

その中で軸回転について話していきます。

軸回転とは?

人それぞれ腕や足の長さ、骨の太さや筋肉の付き方等、骨格や体形が違います。

その違いによって得意とする動作や向き、重心に位置なんかが変わってくるわけです。

自分の体格、フォームで軸回転の方向も変わってきます。

これを間違えると送球は安定しません。

プロ野球選手でも、フォームを修正するうちに回転軸が狂うことがあるそうです。

軸回転は縦回転横回転があります。

縦回転

簡単に言うとオーバースローは縦回転

体の軸を感じてください。縦回転は上半身を一枚の板のようなイメージをしてください。

この板を前へパタンと倒すようなイメージを持って下さい。

体を前へ回転させますのでフォロースルーの段階では足の裏が空に向くようになれば正解です。

横から見てみます。

イメージとしては右肩(赤丸)を左腰に重ねるようなイメージです。

フォロースルーで足が空を向きます。

スポンサーリンク

横回転

サイド、アンダースローは横回転の動作となります。

同じように体に一本の軸をイメージしてください。

横回転はこの軸をそのままの形で回転させます。

フォロースルーで足は軸に巻き付くように遅れてやってきます。

オーバースローとは違うフィニッシュの形です。

横から見てみます。

横に回転させるのでイメージとしては、右腰と左腰を入れ替えるような感じです。

オーバースローに比べると上下のブレはありません。

足は遅れて巻き付いてきます。

うまく連動していないと…

たとえばオーバースローで横回転。

サイドスローで縦回転にすると、動作が連動せず正しい投球ができません。

特に多いのがオーバースローで横回転。

クイックでサイドから投げる癖がついていたら横回転に慣れてきます。

横回転でオーバースローをすると、体が大きく開き、リリースの瞬間に手首が正面を向かないという現象になり、これが抜けたり引っかかったりし、ひどい時はイップスの原因になります。

体格的に縦回転が得意、横回転が得意という先天的な要素もあります。

多くの人はオーバースローから野球を始めますが、実は横回転が得意なのにオーバースローしかせず開花しないという人もいます。もったいないですね。

逆は少ないと思いますw

まとめ

投球には軸を回転させる動作があります。

自分の投げ方や体格で得意とする回転方向を知りましょう。

オーバースローは縦回転

…右肩を左腰に重ねるイメージ

サイドスローは横回転

…右腰と左腰を入れ替えるイメージ

これを意識するだけで、送球が安定したりイップスが治ったりすることもありますので、送球で悩んでる人がいれば参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク