【草野球レベル】レベル別の戦術を考察!

寒い日が続きますね~。

こんな寒い日はこたつに入って日本酒をくいっとやるのが好き♪

そう、兄やんは野球も好きだけどお酒も大好き!

毎日飲んでます。もちろん今もほろ酔いw

さてさて、今日は草野球を三つのレベルに分類してその試合展開や戦術について話していこうと思います。(あくまで個人的な意見です)

スポンサーリンク

僕はこれまで何チームか所属してきたけど、草野球のレベルは大きく分けて三つ。

①上級者

②中級者

③初心者

…………

フツーーーーーー(;^ω^)w

まあそやね、普通に考えてこの三つのレベルに分けられます!

次はそれぞれのレベルを詳しく書いていきましょう!

上級(A級)

レベル:社会人野球経験者、大学野球経験者(名門出身)、高校野球経験者(名門出身、甲子園出場等)

展開:1点差を争う

作戦:基本的にピッチャーが良い。控え投手も何枚かおり、コントロールが良く四死球は期待できない。失策もほぼ無く、キャッチャーの肩も良いため盗塁も難しい。エンドランのサインんが頻繁に出る。出塁したランナーを丁寧に進めて確実に返す。

このレベルの試合は息が詰まる。ワンミスが致命的な傷になりやすい。

ピッチャーのコントロールが良く、まとまっているので、意外とヒットは打てるけど、良いピッチャーはピンチの時やここぞという時はギアを上げてくるし、切り札を持っているので、失点にはなかなか繋がらない。

とにかくみんな上手い。

スポンサーリンク

中級(B級)

レベル:大学野球経験者、高校野球経験者

展開:2~3点を争う

作戦:良いピッチャーが一人いるが、控えが薄い。コントロールはまあまあで四死球での出塁もある。キャッチャーはそこそこ肩が良いが盗塁は狙える範囲。エンドラン、バント、盗塁等のサインは出るが頻繁ではない。上位打線に強打者が集まっている等得点のパターンがある程度決まっている。

この辺りが自分は一番楽しいかなと思います。

それなりに活躍できるし、緊迫した場面もあるが、基本的に終始楽しくやれます。

たまにエラーしてめっちゃ怒る人とかいて空気が気まずくなる。

幅広い年齢層がおり、おっちゃんや若い子なんんかもミックスされている。飲み会が多い。

初級(C級)

レベル:高校野球経験者、中学野球経験者、初心者

展開:8‐11等、野球?みたいなスコア

作戦:ピッチャー経験者がいないので四死球の山。リズムが悪く守備もエラーを量産。ただ、相手もそうなので意外とシーソーゲームみたいになる。キャッチャー経験者がいないorいても肩か腰を痛めているのでセカスロは山なり。

野球経験者はとりあえずショートに置く。

基本的にゴロ打てばまあまあ出塁できて、二盗、三盗、ワイルドピッチで一点獲得できる。

サイン?なにそれ、うまいの?

良く練習しがちだけど、バッテイング練習⇒球拾いでダレる。

以上!

僕は中級くらいが一番楽しかったかな。

A級の試合楽しめる程うまくないし、C級じゃものたりない。

草野球始める人は参考にしてくださいね♪

スポンサーリンク

野球ランキングへ
スポンサーリンク



シェアする

フォローする

スポンサーリンク