【グローブの型付け】ポケットの位置や関節で型が変わる!

お疲れ様でーす!

今日はグローブの型についてのお話です。

型の種類やポケットの位置等もからめながら紹介していきます!

仕事上?これまでたくさんの人のグローブの型を見てきました。(400個くらい)

すべて違う型でしたし、正直よくこんな型で捕れるな!みたいなものもありましたw

ですが捕りやすいグローブ、上手い人が使っているグローブには共通点があります。

スポンサーリンク

大きく分けて型は三種類に分けられる。

まず、型を決めるのにはポケットの位置を決めることが大事です。

土手かウェブ下が主流ですね。

それ以外の個所にポケットのあるグローブは正直言って捕球しにくいですw

ポケットの位置が決まれば関節の位置も決まります。

関節は親指下と、薬指あたりの位置です。

この二か所の角度や柔らかさで型が決まります。

ではぼくのグローブで解説していきましょう!

フレックス型

フレックス型は小指下から人差し指まで指の付け根に沿って関節があり、親指部の関節はあまり利かず四本の指で包み込むように捕球します。

持ち替えのスピードが問われるセカンド・ショート用のグローブに多い型です。

閉じると親指が人差し指辺りに重なります。

ボックス型

ボックス型は親指が特に効きます。

薬指の関節も柔らかく親指と小指の辺りで挟み込むように捕球します。

ポケットはやや真ん中高め?

土手部ではなくウェブよりになります。

持ち替えより確実な捕球が求められるサードやファースト、外野手に多い型です。

閉じると親指が薬指辺りと重なります。

スポンサーリンク

スタンダード型

スタンダード型はフレックス型とボックス型の中間です。

親指と薬指の関節が程よく効き、ポケットはウェブの下です。

基本的にはこのタイプの型のグローブが一番多かったですね。

自分もこのタイプが好きです。

番外編

久保田スラッガーのグローブに関しては先の3種類意外に独特の型が存在します。

画像のように、捕球面人差し指下が盛り上がっています。

(久保田スラッガーのグローブではないのでうまくできませんでしたw)

関節は親指のみで、ポケットは極端な土手よりです。

これは当て捕りという高等技術を使うのに適した型です。

握り替えの速さをとにかく重視した捕り方です。

ぼくもキャッチボールする時は基本当て捕りをしていますが、個人的には草野球には必要ない技術だと思います。

プロ選手でも試合中に当て捕りをしているところをあまり見ませんのでね。

まあこの型は久保田スラッガーの極端に柔らかい革や構造のおかげで実現する型です。

他のメーカーのグローブですると型崩れの危険性があるのでおすすめできません。

まとめ

グローブの型はポジションや好みによってポケットの位置を決め、その位置に適した関節を付けることで型付けをすることができます。

立体的にボールを捕球するために、先ほど紹介した型を二種類くらい付けて態勢や状況に応じて使い分ければいいと思います。

ぼくのグローブはフレックス・スタンダード・ボックス全ての型を付けましたので、すごく柔らかく操作性が良いです♪

おすすめはスタンダード~ボックス型です。

草野球では確実に捕球することを第一に考えて問題ないと思います。

スポンサーリンク