【誤認識?】正面で捕球は正解?上手に捕球するコツ

守備の基本中の基本『正面で捕球』という認識は本当に正しいのか?

小さいころから少年野球なんかでこう教わったと思います。

逆シングルで捕るな!!

って怒られた経験あるでしょ?

でも今の時代は逆シングルで捕るなんて当たり前。

メジャーではそれが常識みたいですね。

では日本の野球との認識の違いについてお話していきます。

スポンサーリンク

正面で捕るは間違いではない!

まずこれだけは言っておきます。

必ず正面で捕球してください。

つまり小さいころにお父さんやコーチに教えられた正面で捕るは正解です。

しかし、誤解しているのが正面という認識の仕方です。

多くの人が正面をこう捉えています。

目の前に二次元の壁のようなものをイメージし、この範囲内で捕球するイメージです。

しかしこれではボールに対して常に正対していなければいけません。

特に早い打球に対してはなかなか反応が遅くなり、少し横に飛んだ打球は捕球しにくいです。

例えば強烈な三塁線の打球。

無理やり正面に入ろうとして捕球できず、出塁を許してしまうケースがあります。

甲子園でもよく見かけるプレーですね。

体で止めるというのが間違いだとは思いませんがアウトにできなければ意味がないのでしっかり捕球できるに越したことはありません。

では速い打球に対してどう捕球すればいいのか?

正面という意識を変えてみましょう。

正面は平面ではなく空間。

こういう感じです。

胴体から顔の前の空間です。

なんで二次元の壁をイメージしてた人は正面だった下半身の前は正面ではありません。

もちろん構えて捕球態勢に入れば正面になります。

つまりこの空間内で捕球することが『正面で捕球する』ということになります。

もちろん無理に打球の進行方向に対して正対する必要もありませんし、

逆シングルでもこの空間の中なら正面で捕球していることになります。

さっきの例で見てみます。

強烈な三塁線への打球。

先ほどは無理やり回り込み、捕球するには無理な態勢でしたが、逆シングルで無理なく捕球することができます。

なぜ空間なのか?

この正面の空間で捕球するのはなぜか?

目がボールの位置とグローブの位置を把握しやすいから。

この空間内では目からボールもグローブも離れすぎていないため、空間の誤認識が起こりにくいです。

少しくらいのイレギュラーにも対応できます。

良く思い出してみてください。

守備下手な人は目とグローブが離れています。

上手い人は必ず顔の付近で捕球しています。

スポンサーリンク

正面に入りすぎるのも良くない!

どっちやねーん!

ってなりました?w

細かい話なんですが、逆に正面過ぎても捕がしにくくなります。

それはのお話です。

人間の目は遠近感(奥行きや遠近の距離の違いが感じられること。)を両目を使って感じ取っています。

右目と左目の見え方の違いから脳が距離感を計算しているのです。

そこから打球の方向()を予測します。

しかし、真正面すぎて右目からの情報と左目からの情報が同じなら脳は混乱して打球方向が分かりにくくなってしまいます。

ゴロで例えるとわかりやすいですね。

正面のゴロ

と少し軌道が逸れているゴロ

見え方が全然違いますよね。

これはゴロの捕球の際の入り方を変えればすぐにわかることなんで今度お話します!

ということで、あまり正面を意識しすぎても捕球しにくいよってことも頭の片隅に入れておいてください!

まとめ

正面で捕球するということは正解ですが、正面というイメージは平面ではなく空間で認識してください。

その空間内で捕球できるように体を持っていくことが大切です!

スポンサーリンク