【体幹トレーニング】コア筋肉を鍛えて軸ブレ防止!おすすめメニュー!

体感トレーニングって聞いたことあります?

スポーツは全てバランスが大事なんです。

もちろん野球にも。ピッチング、バッティング、守備…

体幹を鍛えればパフォーマンスを飛躍的に向上させることができます。

そんな体幹トレーニングの一部を紹介します!

スポンサーリンク

体幹って何?

文字通り体の幹となる部分です。

下手な絵ですがw

体幹の筋肉は頭や手足を除いた胴体の筋肉全般です。

大胸筋、腹直筋、腹斜筋、背筋等ですね。

木もそうですが幹が太いと枝を大きく広げることができます。

そんな感じで、体幹がどっしりしていると体全体のバランスが非常に良くなります。

どういう効果があるの?

僕は毎日体幹トレーニングを知ってから、毎日必ずトレーニングを行うようにしました。

初めはきつかったんですが、一か月もすれば楽になって、三か月後には明らかに体の動きが変わってきました。

効果があったのは、スイングやスローイングのフォロースルーが安定したということです。

これは非常に重要で、体幹が強化され、バランスが取れることでスイング、スローイングの精度が格段に上がりました。

ピッチングにおいても同様で、一緒に体幹トレーニングをし1ていたピッチャーはかなりコントロールが良くなりました。

個人差もあるかもしれませんが、体幹の重要性をすごく感じることができたので、是非お勧めさせてください!

どうすればいいの?

体幹トレーニングで調べるとめっちゃたくさん種類があって、どれをすればいいかわからないと思います。

そこで僕が初期にしていたおすすめトレーニングを紹介します。

① プランク     腹直筋・腹斜筋

② サイドブリッジ  腹斜筋

③ クランチ     腹直筋

④ バックブリッジ  臀部

全て静止した状態で1分間。サイドブリッジ、バッグブリッジは両側するので、全て合わせて6分、休憩込みで10分以内というところ。

初めのうちはプルプルしてきつかったんですが、毎日やってると本当に楽にできるようになります!

プランク    難易度☆

肘で体を支えて背筋を伸ばします。

頭を下げてしまうと背筋が曲がってしまうので要注意!

一番オーソドックスで簡単なトレーニングです。

サイドブリッジ 難易度☆☆

右(左)肘を着いて肘と足のみで体を支えます。

これまた背筋が曲がらないようにしてください。

腹斜筋に刺激を感じてけっこう効きます♪

慣れてきましたら、上側の足を上げてバランスを取りながら一分耐えてください。

これはなかなか難易度は高いと思います。

難易度☆☆☆☆☆

スポンサーリンク

クランチ    難易度☆☆☆☆

色んな方法はありますけど、僕がしてたのはこのV字型のやつ。

野球部の筋トレでめっちゃ嫌いやったやつですw

腹直筋がかなりプルプルします。

これ一分は最初のうちは本当に長いです。

自分のおへそを見るような形で頭を入れてください。

バックブリッジ 難易度☆☆

寝転んで片足は伸ばして、もう片方の足で支えながらおしりを上げます。

やはり背筋は伸ばしてください。

太ももの裏から臀部付近にきます。

そこまできつかった印象はなく、初心者におすすめです。

まとめ

体幹トレーニングは体の胴体部の筋肉を鍛えるトレーニングで、これをすることにより体全体のバランスが強化されます。

バッティングやピッチングの精度が上がるなどパフォーマンス向上につながり、新陳代謝が良くなる等ダイエットにも効果的です。

また一日10分もかからず、器具もいらないためお手軽に始めることができます。

僕は仕事の合間や昼休みにしてましたw

以上!

難易度☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

スポンサーリンク