【極寒】雪の中の試合!寒さ対策は?おすすめ防寒着!

昨日は練習試合をしてきました。

-2℃の雪の中の試合w

こんなん初めてですよ!

手がかじかんで肩も痛いし、よくこんな中みんな野球できるな。

でも野球好きなんですね。うん、ワイも。

冬の中スポーツするなら寒さ対策はもちろん、気を使うことはたくさんあります。

-2℃ってやばいですよね。

そりゃ過去最大級の寒波だかなんだかがやってきている中、普通なら外出控えようとか、今日はこたつから出ないとか言ってる中、野球ですものね。頭おかしい 元気で良いですw

さてどうせ外で元気よくスポーツをするなら、怪我しないように楽しみたいです。

寒さの対策について考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

防寒着を着る!おすすめは?

当たり前ですねw

野球でいうと、冬用のアンダーシャツやタイツを着るだけでだいぶ暖かくはなります。

ぼくが着ていたのは

ミズノプロ バイオギア ブレスサーモ アンダーシャツ

SKINS A400 ロングタイツ

どちらも裏起毛で保温機能は抜群です。

しかし、野球というスポーツは攻撃中のベンチや守備の間等動かない時間が多いので、体が冷えます。いちいちウィンドブレーカー等を着て防寒しましょう。

あと特に防寒しないといけないのは『首』がつく部位です。

首、手首、足首。血管が集中しているため、ここを冷やすと冷えた血液が体中を回り、全体が冷えます。ネックウォーマーや手袋等をするのが良いでしょう。

ところで最近のインナーウェアは保温性はもちろん、パフォーマンス向上のアシスト機能がついていたり、なかなかすごいですね。

ただ、お値段しますね…w

別にメーカーも機能もなんでもいい。安くて暖かければそれでいい。

という方はワークマンに行ってください。めっちゃコスパいいですよw

1/3くらいの値段で買えて、普通に暖かい。神ショップですw

スポンサーリンク

アップを入念に。試合中もベンチ前で常に動いた方がいい。

草野球プレーヤーはアップを怠りがちですw

肩を壊したのは年をとったから。ではなく、準備不足が多いでしょう。

昔より運動する頻度が落ちたのに、昔より準備が少ないとそりゃあ怪我します。

寒い時期は余計です。

しっかりアップして体を温めてから試合に臨みましょう。

思いっきりやらない。

じゃあやるなよ!と言われそうですがw

冬の寒い時期は寒さで筋肉が緊張し、硬くなってます。

いつもより柔軟性は無いし、怪我しやすい状態です。

防寒対策をしても、その状態は変わりません。

7割くらいで流すくらいにしてください。

力ではなく、感覚や技術面を磨くことに集中しましょう。

まとめ

冬は野球しない。w

でもやっぱり好きだからどうしてもしたい人は、温かくして無理しない。

怪我しないでね!

スポンサーリンク

野球ランキングへ
スポンサーリンク



シェアする

フォローする

スポンサーリンク