【野球王国】南国沖縄の草野球事情は?

沖縄に行ってきました。

12月だというのに気温は20℃を上回り、半袖でも十分なくらいです。

まさしく野球日和ですね!

そんな年中野球シーズンと言っても過言ではない沖縄の草野球事情について調べてみました!

スポンサーリンク

沖縄の野球事情について

沖縄県は野球が盛んな県です。

最近では高校野球でもいいところまでいきますもんね。

強豪が多数ありますが毎年色んな高校が出ており、どこが出てもそこそこの成績を残してます。

しかも驚くべきはほとんどが地元の人で構成されたチームなんですよね。

これは県内の野球レベルの高さがよくわかるんじゃないでしょうか?

沖縄県の野球のレベルが高いことには理由があります。

まずは気候です。

真冬でも余裕で野球ができる気候なんで、内地のようにオフシーズンがありません。

一年中試合できます。

次にプロ野球のキャンプが毎年開催されるということです。

トップレベルの練習や技術が毎年間近に見れるということはかなりの刺激になりますし、内地にいたら簡単にできることではありません。

こういった環境から沖縄県民は野球に対して常に接しやすく、技術向上の機会も多いため野球のレベルが高いと言えるでしょう。

草野球も盛んな県

沖縄の人は就職しても沖縄に残る人が多いです。

地元の野球仲間や職場の仲間と共に野球チームを発足して草野球を楽しんでいるケースが多いですが、その目的は飲み会ですw

お酒が大好きな県民性もあり、何かにつけて飲み会を開きます。

野球もその理由のひとつになるんでしょうかね。

さて、草野球のレベルですが、正直言うとそこまでは高くないかと思います。

もちろんトップの方はかなりのレベルの戦いが繰り広げられているでしょうが、多くの方は趣味のレベルで飲み会やバーベキューメインで楽しんでいます。

そのため内地のチームに比べてお腹が出ている選手が多いように思いました。

しかし中には沖縄県民の特性を活かした小柄で俊敏なスピードタイプの選手もおり、また違った草野球の進化をとげているのかなと感じました。

チーム数も多く、年中シーズンなんで草野球を楽しむにはいい環境でしょうね。

スポンサーリンク

沖縄の野球のメッカ奥武山

沖縄県で1番キレイな球場と言えば那覇市にある奥武山球場でしょう。

現在では読売ジャイアンツがキャンプの本拠地として拠点にしてますが、確かに整備されていてキレイな球場です。

そんな奥武山公園の近くにあるのが奥武山スポーツです。

店内は非常に広く、品揃えも豊富です。

なかなかここまで大きい野球用品店は内地でも少ないんじゃないでしょうか。

珍しい商品もありました。

ミズノさんのビッグ80!

打球部がめっちゃ太いんです。

JSBBマークがないので公式ホームページ戦には使えないですが、ミートが苦手な人はこれなら当たります!w

他にも面白いトレーニンググッズ等も置いてあり、何時間でもいれそうな面白いお店でした。

沖縄県民はここにきてワクワクしながら野球用品を選んでいるんでしょうね。

まとめ

沖縄県は年中温暖な気候で、真冬でも20℃前後のためオフシーズンがなく、年中野球ができます

そのため野球人口は多く、レベルも高いので草野球をしている人も多いです。

しかし、試合よりも飲み会やバーベキューを目的とした和気あいあいとしたレベル層が多く全体的に野球を楽しむのが上手だなと感じました。

沖縄に移住したら野球漬け間違いないですなw

スポンサーリンク

野球ランキングへ
スポンサーリンク



シェアする

フォローする

スポンサーリンク