【極限集中】ゾーンとは?入り方は?

バッターボックスに入るときどういうメンタルで入れるか。

野球はメンタルが非常に重要で、結果に直で結びついてきます。

良いメンタルで打席に入るためにはどうしたらいいでしょうか?

今日はそういったお話をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

野球ほどメンタルが表に現れるスポーツもなかなかないんじゃないかなと思います。

僕はしっかり集中出来ている時は、バッターボックスに入る前に自分がヒットを打てる気がしてます。いざピッチャーと対峙してみて、勝ったな!って思います。

逆に全然集中出来てないと時はバッターボックス内で注意散漫だし、全く打てる気がしません。

それではどうすれば集中力を保った状態でバッターボックスに立つことができるのでしょうか?

ネクストバッターズサークルでいかにリラックスできるか!

バッターボックスに入る前、ネクストで待機します。

この中でどう過ごしてますか?

高校の時はめっちゃ素振りしてました!

全力素振り10連続は必ずしてからボックスに入ってました。

しかしそれは若いからできること。今したら息が切れますw

今は…

狙い球、コース打球方向等をイメージする。

遅い球を投げるピッチャーの打ち方でも書きましたが、しっかりと自分の狙い球、コース等をイメージすること。良い結果に対するプロセスを頭に描くことが大切だと思います。

これがおろそかだと、バッターボックスで迷いが生じます。

すなわち集中できてない状態になります。

自分はこの球を狙う!ってしっかり決めてください!

自分と対峙するのではなく、ピッチャーと対峙する。

ヘッド下がらないようにしなきゃ…

脇があかないようにしなきゃ…

最後までボール見なきゃ…

みたいなこと思いながらバッターボックスに入ってません?

そんなことは試合中考えたらダメです!

課題は練習で、または試合前に片付けときましょう。

無意識でできるまで練習したらバッターボックスでそんなこと考えなくていいんです。

試合中はピッチャーに、ボールに集中してください。

極端な話、ピッチャーの目をずっと睨みつけて、絶対俺が勝つんや!とだけ思っておきましょう。

そのくらいの集中力があればきっといい結果がでます。

スポンサーリンク

目を閉じて深呼吸。

とにかくリラックスしてください。

適度に緊張はしても良いけど、ガチガチになってしまうと力を出し切れませんので。

気持ちを楽にするため深呼吸はしっかりして楽な気持ちでバッターボックスに立って下さい。

ルーティンを決める。

プロの選手でも多いですがルーティンを決めてしまって、それをこなしているうちに気持ちが入っていく、集中力が高まっていくようにする方法です。

イチロー選手なんかもそうですよね。

前田健太選手なんか50個近いルーティンを家からこなして球場に入ってるとか…

でもいつも自分がしていることを順番通りすることで、気持ちが落ち着いていくというのはわかる気がしますよね。

そういうルーティンを無理やり決めてしまえばいいんです。

まあ家からする必要はないですけどねw

極限集中状態ゾーンとは?

人が極限まで集中している状態を【ゾーン】0と言います。

この状態になると、いわゆるボールが止まって見えたり、ピッチャーの些細な癖から球種が解ったりするみたいです。

ネクストでいかにリラックスをするかというのはバッターボックスで余計なことを考えないようにする。邪念を取り払うようなイメージです。

そしてただただ集中することだけに集中する。

僕はホームランを打てる時はこの状態に近いと思います。

ゾーンかどうかはわかりませんが、集中力が高まりすぎて

あ、この打席ホームランやな…

と思う時があり、そういう時はほぼホームランを打てます。

まとめ

バッターボックスで無駄なことを考えないように、ネクストバッターズサークルでしかり集中しときましょう。

深呼吸やルーティンをこなして心を静めましょう。

極限まで集中力が高まった【ゾーン】状態になると、間違いなくいい結果が出ると思います。

ちなみに【ゾーン】状態は簡単には入れません。本当に難しいと思います。

何度も訓練すれば入ることができるのかもしれません。

まあ【ゾーン】じゃなくても、しっかり集中できていれば、良い結果は必ず出ると思います。

スポンサーリンク